2017年11月17日

『大国チートなら異世界征服も楽勝ですよ? 3 豊富な嫁の力があれば神の試練も余裕です。』

櫂末高彰 先生が贈る異世界召喚ファンタジー。第3巻は“常信”と慈愛の女神との婚姻を
阻止する最高神とのやり取りから始まる「結婚」をテーマとしたドタバタぶりを描きます。
(イラスト:三上ミカ 先生)

http://www.mediafactory.co.jp/bunkoj/book_detail/1595


「七勇神姫」の面々も加わり、ますます騒がしい“常信”周辺の女性陣。そこへ女の敵と
彼を追及する女神“クオーレ”が降臨し、世の女性たちが苦しむくらいならいっそ自分と
結婚しなさいと迫る不条理な言動に女性陣がざわめく、安定した流れから話は始まります。

“常信”を試すべく女神の親であり最高神の“ゼーバ”による数々の試練を難なくクリア
していく彼が結婚に王手を掛けるのを何とかしたいと提示された案が「皇帝正室総選挙」。
そこで 三上 先生に候補者全員分のポスターを描いてもらう贅沢ぶりにまず圧倒されます。

お遊び感ハンパないイベントがやがて内乱の種にまで陥る破目になり、ついに“常信”も
キレました。納得のキレ具合。とは言え正室を決めなければいけないこの事態をどう収拾
つけるのか。落とし所も本作らしさが出ていて面白く、どこまで彼が強がれるか注目です。

posted by 秋野ソラ at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2017年11月16日

『佐伯さんと、ひとつ屋根の下 I'll have Sherbet! 3』

九曜 先生が贈る同棲&学園ラブコメディ。第3巻は夏らしい青春の日々を共に過ごしながら
二学期の学園祭を境に“弓月”と“佐伯”さんの関係も新たな局面を迎えることになります。
(イラスト:フライ 先生)

http://ebten.jp/p/9784047348578/
https://kakuyomu.jp/works/1177354054880240118
http://www.comic-clear.jp/comic.aspx?c=75


ずっと避けていた帰省を夏になって促される“弓月”。家族に対する複雑な感情を垣間見る
興味深い描写があったかと思えば、“佐伯”さんの家に呼ばれて彼女すら聞いたことのない
エピソードを引き出したりと独特の空気感を披露してきます。もちろん男の子らしい一面も。

水着姿を披露したり、自転車に乗る練習に付き合わせたりと同居人との関係を深くしようと
図る“佐伯”さんが学園祭を一緒に回ろうと約束したことを反故にする事態が発生。陰には
ある男子との繋がりが見えたり、更には実家へ戻ったりと彼女らしくない意外さがちらほら。

らしくない様子を見せた2人がこのまま離れるワケがない、ということでどう切り返すのか
「らしさ」を感じさせるヨリの戻し方をご堪能あれ。番外編も面白くて素敵だと思います。
古川五勢 先生によるコミック連載もスタートして益々盛り上がる本作の続きが楽しみです。

posted by 秋野ソラ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2017年11月15日

『放課後、君はさくらのなかで』

竹岡葉月 先生が「集英社オレンジ文庫」より贈る新作は、事故死した女性、彼女の高校時代
の同級生、彼が受け持つ女子生徒、3人が思わぬ形で遭遇する顛末を描く青春ミステリです。
(イラスト:ヤマウチシズ 先生)

http://orangebunko.shueisha.co.jp/book/4086801485


怪我で頭を打ち一部の記憶を失った“咲良”から相談を受ける社会科教師の“鹿山”に対し
「自分は今やOLとなった“桜”だ」と告げる。交通事故で亡くなったはずの“桜”から体を
“咲良”に返したい、とお願いされた彼は動揺する暇もなくその対応に乗り出すのだが──。

“咲良”としての日常生活を壊す訳にもいかないので彼女のことをまず知ろうとする“桜”が
気付いた“咲良”の境遇。いつしか“桜”として振る舞ってしまう様子を“鹿山”が正面で
受け止める所作から、高校時代とは違うこと、けれど本質は変わらないことが窺い知れます。

やがて思わぬ所から“咲良”の気持ち、怪我の原因、そして“桜”が“咲良”のなかに居る
この不思議な現象の謎に迫ったとき、彼女の忘れていた淡い恋心が本格的に動き出していく。
そんな物語の締めくくりがこそばゆくて、将来に幸あらんことを願う他にありませんでした。

posted by 秋野ソラ at 00:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2017年11月14日

『GENESISシリーズ 境界線上のホライゾンX〈上〉』

川上稔 先生が贈る戦国学園ファンタジー。10話上巻は本能寺の変を経て創世計画の阻止へ
本格的に動き出した武蔵を真っ向から否定する羽柴が直接対決を挑んでくる顛末に触れます。
(イラスト/さとやす 先生(TENKY))

http://dengekibunko.jp/newreleases/978-4-04-893403-9/


旦那ラブ全開の“クリスティーナ”と剃髪の話で盛り上がる掴みを入れつつ、羽柴と明智の
戦いを再現する「山崎の合戦」を行いたい羽柴勢から逃げる艦隊チェイスを繰り広げてくる
武蔵勢。共にアクロバティックで“鈴”さんの細やかなフォローが今回も冴えを見せます。

続いて「伊賀越え」を狙う武蔵勢にいちゃもんをつける羽柴勢との舌戦に突入する武蔵勢。
本気なんだか不真面目なんだか、というやりとりに面白さを感じつつ“羽柴”不在の今、
どうしてそこまで武蔵につっかかってくるのだろう、という羽柴勢への疑念が積もります。

そして開き直ったかのように艦上戦闘へ突入してくる羽柴勢。これまでも、そして今巻でも
度々印象的な話の展開を担ってきた“メアリ”たちとの戦闘を皮切りにこれまた衝撃発言が
投下されました。武蔵との戦いの意味を垣間見た所で次巻は中巻!? 続きが気になります。

posted by 秋野ソラ at 00:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2017年11月13日

『甦る殺人者 ─天久鷹央の事件カルテ─』

知念実希人 先生が贈る新感覚メディカル・ミステリー。長編シリーズ3冊目は4年前に
死んだはずの殺人鬼による連続殺人の謎に挑む“鷹央”がどんな診断を下すかを描きます。
(イラスト/いとうのいぢ 先生)

http://shinchobunko-nex.jp/books/180109.html


4年前の「首都圏連続女性絞殺事件」。その犯人「真夜中の絞殺魔」こと“春日広大”を
死亡宣告した“鷹央”のもとに、彼と同じDNAを持つ人物による同様の絞殺事件が起きたと
知らされる所から始まる本作。死者の復活、という単語が常に頭をよぎる興味を惹きます。

犯人の母親がすがった新興宗教が死んだ人間を生き返らせると謳っていた話から遺体焼失
の事件を解決する“鷹央”。しかしそれでも犯行は続き仕舞いには犯行声明まで出る始末。
双子の兄弟がいたかもしれない可能性すら潰され彼女の悩める姿が重くのしかかります。

島田荘司 先生が帯に寄せた「医師ゆえの着眼点」というコメントがまさしくその通り、と
言わざるを得ない謎の解決に今回も驚かされると共に、犯人から“鷹央”に「怪物」だと
指摘された場面が印象深く。“小鳥遊”の発言が有言実行され続けていくと信じています。

posted by 秋野ソラ at 00:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2017年11月10日

『落ちてきた龍王と滅びゆく魔女の国 XII』

舞阪洸 先生が贈る戦乱無双ファンタジー。第12巻は“カサンドラ四世”の掲げた打倒魔女
の思惑に巻き込まれ窮地に陥る“ナーガ”たちがとる起死回生の一手とその後を描きます。
(イラスト:よう太 先生)

http://www.mediafactory.co.jp/bunkoj/book_detail/1586


叛意をあらわにする“カサンドラ”。しかし“ナーガ”にはあっさりと挟撃の策を躱され
協力者も思うように集められず求心力を損なう想定通りの事態を招きます。その間に立つ
“リガヤ”の苦悩が今巻のポイントの一つ。それを織り込み済みの“ナーガ”が流石です。

“ヴィータ”たちの不安を払拭した“ナーガ”が、ピンチをチャンスにと言わんばかりに
共通の敵を前に魔女たちの結束を更に強め半島を平定していく様子は彼女たちの地位向上
を裏打ちするに足るもの。いつか魔女が人と共に暮らせる未来も遠くないと感じさせます。

そんな中、“ナーガ”の記憶が戻りつつある描写が挟まれていき、そして彼がかの地を
訪れることでその意図は決定的なものとなります。全ては表紙のイラストが物語ります。
惜しみつつも彼らしい、また「彼女」らしい話の結び具合を心から祝いたいと思います。

posted by 秋野ソラ at 00:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2017年11月09日

『ようこそ実力至上主義の教室へ 7』

衣笠彰梧 先生が贈る新たな学園黙示録。第7巻はDクラスで暗躍する人物を探すために
力を注ぐ“龍園”の動きにいよいよ反応を示す“清隆”が学園の秘部へ足を踏み入れます。
(イラスト:トモセシュンサク 先生)

http://www.mediafactory.co.jp/bunkoj/book_detail/1587


恐怖を克服した者こそ実力者だとする“龍園”の独白から始まる今巻。あからさまな監視
をDクラスに仕掛ける彼の真意を汲み取った“清隆”が、「彼女」に最後の電話を掛ける
場面や“茶柱”先生すら手玉に取るあたりは驚かされると共に、空恐ろしさを感じます。

その印象を更に色濃くさせるのが“龍園”との直接対決を選ぶ“清隆”の言動そのもの。
口絵でも彼自身も想定していた「彼女」の末路は変えないと思っていただけにビックリ。
“龍園”を潰すため「恐怖」を刻みつける“清隆”の本気は挿絵でも印象づけられました。

一線を退くと思われる“龍園”に安堵する間もなく、“清隆”の家庭事情や“堀北”兄が
語る現生徒会の危うさ、学校の育成方針に込められた想いなど、騒動の火種はくすぶって
おります。表舞台を降りることができるとは思えない“清隆”の今後に注目したい所です。

posted by 秋野ソラ at 01:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2017年11月08日

『なぜ僕の世界を誰も覚えていないのか?2 堕天の翼』

細音啓 先生が贈るファンタジー超大作。第2巻は蛮神族の英雄“主天アルフレイヤ”の
豹変を知った“カイ”たちが、その英雄こそ世界輪廻の元凶ではないかと疑い、動きます。
(イラスト:neco 先生)

http://www.mediafactory.co.jp/bunkoj/book_detail/1591


蛮神族に敗れたイオ連邦。その都市は今や森に覆われて久しく、イオ人類反旗軍を率いる
“ダンテ”は自ら皇帝と名乗るも“ジャンヌ”からすれば只の小者。イオの人々を早々に
掌握する彼女たちの士気が上がる中、ある人物に唆された彼が消息を絶つ異常事態が発生。

対する蛮神族はエルフの大長老を始めとした天使以外の種族を前に劣等種と蔑み、不要と
宣告する“主天アルフレイヤ”への対抗策として“ジャンヌ”たちを利用する苦肉の策を
思いつくエルフたち。“レーレーン”が示す苦々しい言動の数々が印象深く目に映ります。

蛮神族の英雄がいる天使宮殿に辿り着いた“カイ”たちを待ち構えていた予想外の事態に、
そして再び相対する「切除器官」に困惑する中、“主天アルフレイヤ”が語る“シド”の
手がかりは少なく謎は深まるばかり。残る英雄が知るはずの何かに注目せざるを得ません。

posted by 秋野ソラ at 00:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2017年11月07日

『エイルン・ラストコード 〜架空世界より戦場へ〜 7』

東龍乃助 先生が綴る新世代ロボットライトノベル。第7巻はマリス群生地への総攻撃を
仕掛ける反抗作戦に駆り出され、傷つき涙する“セレン”を救うあの人物が登場します。
(イラスト:みことあけみ 先生、汐山このむ 先生、貞松龍壱 先生)

http://www.mediafactory.co.jp/bunkoj/book_detail/1589


最強にして最悪のマリス“キング”に挑む各国秘蔵のネイバーすら当て馬のような扱いを
されて後がない人類。“デストブルム”と共にその過酷な戦場に臨み“エイルン”の後を
追う覚悟を決めた“セレン”を目にした“茜”の怒りと悲痛な叫びが強く胸を打ちます。

“茜”の叫びを受け止めた“雷鳥”の再来が人類滅亡を食い止める一手となる所から話は
少しずつ希望と期待を予感させる、まさに胸を熱くさせる展開を見せ始めます。オビにも
書かれた「ヒーローはいつだって遅れて、だけど“必ず”やってくる」その瞬間に向けて。

時折差し込まれるアニメーションの描写、再び集まっていくかつての「氷室義塾」の面々。
そして“セレン”を、世界を救うため架空世界より戦場へと舞い戻った2人を見た瞬間、
思わず目頭が熱くしました。世界中の涙を止めることが出来るか、彼らの活躍に注目です。

posted by 秋野ソラ at 00:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2017年11月06日

『図書迷宮』

十字静 先生の「第10回MF文庫Jライトノベル新人賞」3次選考通過作にして、500ページを
超える規格外な作品。記憶を失くした少年が人として生きるため足掻く生き様を描きます。
(イラスト:しらび 先生)

http://www.mediafactory.co.jp/bunkoj/book_detail/1584


無限図書の迷路「図書迷宮」。その奥底で吸血鬼の真祖“アルテリア”と共に殺人鬼から
追われる“綜嗣”。記憶と魔法を失った彼は「記憶を取り戻す本」を探すため彼の記憶を
綴る魔導書を手に再び迷宮へ挑む。1,000ページしかない記憶残量に焦りを覚えながら──。

世にも珍しい二人称小説ということで拝読。TRPGリプレイでGMからNPCの語りを入れられる
感覚に似ている印象をまず受けました。「記憶」という要素が時に“綜嗣”の進む道を遮り、
あるいは切り開き、やがて話の謎を明らかにする鍵となっていく構成の妙で魅せてくれます。

設定も興味深い吸血鬼“アルテリア”がそもそも“綜嗣”に好意を寄せる理由。彼が祈った
「誰かを救いたい」という想いに繋がるその真相をぜひ見届けてほしいボーイミーツガール
な作品です。しらび 先生の美麗なイラストも数多く使われていて贅沢な一冊だと思います。

posted by 秋野ソラ at 00:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2017年11月03日

『信長の妹が俺の嫁 4 戦国時代で新たな歴史を紡ぐために』

井の中の井守 先生が贈る歴史ファンタジー。第4巻は“治姫”を迎え入れた“長政”が
織田領に出没した「鷹」を狩るため“信長”に同行する様子をあの“家康”が見据えます。
(イラスト:山田の性活が第一 先生)

http://nox-novels.jp/bibliography/20170825-2/
https://novel18.syosetu.com/n4165cv/


魔物の登場によりパラレルワールドとしての色合いが増した本作。“長政”が「鷹」に対し
向けた害意、そして感じた心情。濡場とはまた違う彼が見せる一面に不安要素を感じずには
いられません。母のように彼を見守る“帝釈月毛”が何を思うのか、合わせて気になる所。

身重の“市姫”に代わり、という意味も含めて“治姫”を側室に迎えた“長政”。彼の愛に
触れて、その想いにほだされていく“治姫”のいじらしさがもうね。彼女には幸せになって
ほしいと思うと共に“市姫”の嫉妬深さにまた違う可愛らしさも感じます。若干、怖いけど。

“妙”が率いる甲賀の一家を招き入れる“長政”が知る「座敷童」の存在と境遇。自身の
置かれている立場と重ねて革新的な施策が受け入れられるのか、見どころと言えるでしょう。
彼のロリコン疑惑も浮上させた“久”。彼女の教育が問題なく進むことを願うばかりです。

posted by 秋野ソラ at 00:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2017年11月02日

『魔王討伐したあと、目立ちたくないのでギルドマスターになった2』

朱月十話 先生が贈るファンタジー作品。第2巻は前のギルドマスターから持ち込まれた依頼
から王都にある各ギルドの現状と暗躍する人物に気付き、葛藤する“ディック”を描きます。
(イラスト:鳴瀬ひろふみ 先生)

http://www.fujimishobo.co.jp/bk_detail.php?pcd=321702000731
https://ncode.syosetu.com/n9565dj/


賭事が好きなのに運がない「銀の水瓶亭」前代ギルドマスター“セレーネ”から寄せられる
“ディック”への好感度も見逃せない中、彼女が話す王都に特有の動物商にまつわる不穏な
話が騒動の契機に。というか、鳴瀬 先生のイラストが今巻もまた眼福感ハンパないですね。

王都最大のギルド「白の山羊亭」の異変に他ギルドも巻き込まれていること、更にその陰で
かつての恩師が糸を引いていると知った“ディック”が、ギルド不干渉の矜持を捨ててまで
12に分かれたギルドの体制を正常化する強硬策に打って出るか悩むところが今巻の肝の一つ。

そして黒幕との対峙で“ディック”の胸をよぎる思いがけない気持ちにもご注目。彼に数々
助言を与える“ヴェルレーヌ”の存在が大きく感じられます。意外にあっさりと事態を収拾
してしまう彼がどんな話に関わっていくことになるか、朱月 先生の腕の見せ所でしょうか。

posted by 秋野ソラ at 01:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2017年11月01日

『蜘蛛ですが、なにか? 7』

馬場翁 先生が「小説家になろう」で公開していた迷宮サバイバル・ストーリーの書籍版。
第7巻は教皇、エルフ族長、古の神獣、管理者と敵同士が総出で未曽有の危機に臨みます。
(イラスト:輝竜司 先生)

https://kadokawabooks.jp/product/s12/321706000621.html
http://comic-walker.com/contents/detail/KDCW_KS11000007010000_68/
http://ncode.syosetu.com/n7975cr/


モンスターのイラストに定評がある 輝竜 先生にメカメカしい挿絵を描かせる 馬場 先生。
文明崩壊前の遺跡を発見してから出てくる銃器、ロボット、戦車、戦闘機、そしてUFO。
ファンタジーな世界観を圧倒してくる遺物の数々に“姫色”も流石に焦るのは無理もない。

流石に想定外の“ポティマス”も共闘に応じるものの“姫色”に託した秘密兵器に仕掛けた
罠が何とも意地悪い。彼女も“アリエル”も黙っちゃいない、にしてもささやかな抵抗しか
出来ないのがもどかしい。思わずクスッとする仕返しで少しは胸がすく気がするのが救い。

共闘の末に“アリエル”を敵だと思えなくなってきた“姫色”へ降りかかる“D”の思惑。
更にその上をゆく突飛な行動で思いも寄らない結果を導きだしてしまう彼女は新たな真名
を得てどこへ向かうのか。“ポティマス”の悪意も収まらぬ中、生き残れるのか注目です。

posted by 秋野ソラ at 00:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル