2017年06月19日

『本好きの下剋上〜司書になるためには手段を選んでいられません〜第三部「領主の養女W」』

香月美夜 先生が贈る大人気ビブリア・ファンタジー。第三部・4巻は新しい印刷機や紙の
開発に力を尽くす“ローゼマイン”、そんな彼女のことを思わしくない人物が来訪します。
(イラスト/椎名優 先生)

http://www.tobooks.jp/books/book_494.html
http://ncode.syosetu.com/n4830bu/
http://seiga.nicovideo.jp/comic/18228


そんな訳で組版印刷。“フェルディナンド”の絵も広める道を諦めない“ローゼマイン”の
姿勢が実を結ぶか興味津々。やらかすネタもないかと思えばまだまだ、楽しませてくれます。
“ブリギッテ”の服装が実を結んだことに加えて“ダームエル”も・・・と期待しておきます。

“ローゼマイン”の活躍がまさか“ダルア”と“ダプラ”の違いに苦悩する事態を招くとは。
“フェルディナンド”も進退を決める形となり、物事が動きつつあることを予感させます。
二人の色恋沙汰について言及する場面は今後どういった展開を招くのか大いに気になる所。

口絵でハリセンを持っていた“ローゼマイン”。何で? と思えばあの一発。あれはスカッ
としました。自分がヤツを張り倒したかったくらいで。身内の権力争いに巻き込まれていく
彼女は本作りに専念できるのか。そもそも自分の身は守れるのか。次巻が待ち遠しいです。

posted by 秋野ソラ at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル