2017年06月02日

『妹さえいればいい。7』

満を持して2017年秋のアニメ化が報じられた、平坂読 先生が贈る青春ラブコメ。第7巻は
“那由多”との交際を始めた“伊月”の新生活や周囲の反応を描くところから始まります。
(イラスト:カントク 先生)

http://www.shogakukan.co.jp/books/detail/_isbn_9784094516777


口絵や挿絵にもありますが“那由多”がああなるのは必然。“伊月”もご愁傷様なことで。
そんな二人の様子を素直に喜んで見ることができない“千尋”がまたいじらしいというか。
物語の鍵を握る仕掛けは未だ発動せず平穏ですが“千尋”は秘密を最後まで隠し通せるか。

“京”への失恋を明らかにした“春斗”が新たに向き合うこととなった、同業者の“初”。
二人のやり取りには目を見張るものが。作家が抱く「恐怖」を吐露する心情やそれをどう
受け止めるか葛藤する様子は印象深く、読み手としても自戒の念を新たにさせられました。

“真騎那”と“アシュリー”から語られる、共通の友人“幽”のエピソード。風変わりな
彼女が吐露した弱音が胸に突き刺さるかのようで、切なくなりました。作品の向こうには
それを世に送り出した作者がいる、ということを念頭に置ける読者でありたいと思います。

posted by 秋野ソラ at 00:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル