2017年02月28日

『たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語』

サトウとシオ 先生の「第8回GA文庫大賞・優秀賞」受賞作。とある村で一番弱いとされる
少年が軍人を目指し暮らす都で、その「村」の特異性を図らずも発揮する顛末を描きます。
(イラスト:和狸ナオ 先生)

http://www.sbcr.jp/products/4797390292.html


最果ての村「コンロン」で荒事よりも炊事洗濯が得意な“ロイド”は村一番のか弱い男。
しかしその村は英雄の子孫が暮らす場所で、都に住む人たちとは潜在能力がまるで違う。
そんな勘違いを承知の上で村長“アルカ”はある目的のために彼を都へと送り出す──。

「ロリババアの溺愛ここに極まれり」な“アルカ”の所業に振り回される魔女“マリー”
を筆頭に“ロイド”の勘違いが起こすあれこれに驚かされる面々とのやりとりが面白い。
彼に思わぬ形で助けられた“セレン”の言動の変わり具合、突き抜け方が特に好きです。

師匠である“アルカ”から「人間同士の争いにコンロン村を関わらせない」という誓約を
受けている“マリー”だからこそ、自身のある事情に“ロイド”を巻き込ませまいとする
気苦労が取り越し苦労になる顛末や彼が軍人となる試験の行方にご注目。オススメです。

posted by 秋野ソラ at 00:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル