2016年11月09日

『小説 ガーリッシュ ナンバー 2』

放映中のTVアニメ、その原作者 渡航 先生が筆を執る本作。第2巻は“千歳”が現状打破
のため臨んだ、競争相手がひしめくアニメのオーディションで思わぬ結果を引き寄せます。
(キャラクター原案・カラーイラスト:QP:flapper モノクロイラスト:やむ茶 先生、堂本裕貴)

http://store.kadokawa.co.jp/shop/g/g321608000107/
http://comic-walker.com/contents/detail/KDCW_AM09000032010000_68/
http://www.tbs.co.jp/anime/gn/


「どういう声優になりたい?」問いかける“悟浄”に対し“八重”と“千歳”の回答は
片や可愛らしく、片や可愛げなく。夢おぼろげな2人が臨むオーディションで“千歳”が
役者オーラ漂う“柴崎”とアイドル全開の“苑生”に挟まれ焦る様子は中々面白かった。

結果として“悟浄”の戦略勝ちとなった“千歳”と袂を分かつ結果となった“八重”との
すれ違う気持ちや、彼に不安を吐露する“片倉”の崖っぷちな心情を描いていくことで
思春期真っ盛りの女の子が抱える微妙な機微、業界の厳しさがひしひしと伝わってきます。

クズなりに成長し、思い描く声優に一歩近づいた“千歳”。アフレコの下準備や対応など
至らないなりにも上手くいったが故にダメな面が浮き彫りになる彼女の面倒な部分も垣間
見つつ“悟浄”が小躍りしたくなるチャンスをどう活かすのか。彼女の真価が問われます。

posted by 秋野ソラ at 00:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル