2016年03月30日

『エロマンガ先生(6) 山田エルフちゃんと結婚すべき十の理由』

順当にアニメ化決定となる、伏見つかさ 先生が贈る新たなる兄妹ラブコメディ。第6巻は
妹一筋の“マサムネ”に、“エルフ”や“ムラマサ”が自分なりのアプローチを仕掛けます。
(イラスト/かんざきひろ 先生)

http://dengekibunko.jp/newreleases/978-4-04-865808-9/


担当編集がもぎとったステージイベント企画で“エロマンガ先生”の顔出しの危機。回避策
として白羽の矢が立ったあの方の気苦労をねぎらいたい。“シドー”のスランプ立ち直りを
図る合コンではあのラクガキさえあれば“狭霧”も安心と言うほかないでしょう。良策です。

デートの穴埋めとして“エルフ”の家で遊ぶことを要求される“マサムネ”。何と言うか、
ここまで想ってくれる女の子が居てもなお、潔く“狭霧”を選ぶ彼の本気度を改めて見せ
つけてくれます。彼女が「勝負」を決めるまでの期限、それが後々大きな意味を持ちます。

そして急遽“ムラマサ”の家を訪れることになった“マサムネ”が直面する、彼女の素の
言動と強い想い。前者はひたすらに衝撃的で、後者はひたむきに情熱的で印象深いものを
感じました。そんな彼に届いたある情報が物語を揺るがすと思うと続きが楽しみすぎます。

posted by 秋野ソラ at 01:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル