2016年03月03日

『蜘蛛ですが、なにか?』

馬場翁 先生が「小説家になろう」にて発表していた大人気迷宮サバイバル・ストーリーが
満を持しての書籍化。蜘蛛に転生した女子高生が生き残りを賭けて迷宮を突き進みます。
(イラスト:輝竜司 先生)

http://kadokawabooks.jp/product/12/
https://web-ace.jp/youngaceup/contents/1000013/
http://ncode.syosetu.com/n7975cr/


異なる世界で繰り広げられる勇者と魔王の戦い。放たれた時空の大魔法。その余波はある
高校の教室で炸裂し、生徒たちを容赦なく死に至らしめる。彼ら彼女らは異世界へ転生し
ある者は人として、ある者は亜人として、ある者はモンスターとして生きることに──。

スクールカーストとしては低い所に位置する女子高生の“私”が蜘蛛になり必死に生きて
いく様子と、その対極にある“俊輔”改め“シュレイン”は王子として不自由ない生活を
送る話、軸を2つに分けて進んでいく物語を読み進めるうちにのめりこまれていきます。

RPGのように天の声から告げられるスキル、ステータス。何の説明もないそれらが「鑑定」
のレベル上昇と共に少しずつ判明していき、出来ることが増え、けれどそれでも敵わない
相手とどう対応していくか、手に汗握る緊張感が見所。彼女がどう成長するのか注目です。

posted by 秋野ソラ at 00:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル