2016年03月01日

『ゴブリンスレイヤー』

「やる夫スレまとめ」から始まった、蝸牛くも 先生の大人気Web小説がまさかの書籍化。
世界を救うわけでもなく何度も、何度でもゴブリンを退治し続ける男の生き様を描きます。
(イラスト:神奈月昇 先生)

http://www.sbcr.jp/products/4797386158.html


冒険者ギルドに貼り出されるゴブリン退治の依頼。実入りが少ないと熟練者には断られ、
初心者が挑めば力弱い小鬼たちの狡猾な策に嵌まり落命する場合もある。そんな厄介者を
倒し続ける“ゴブリンスレイヤー”に新人の“女神官”が出会う所から物語は始まります。

ほとんど1行で文章が区切られる特徴的な書き方から浮かび上がる“ゴブリンスレイヤー”
という男の“ゴブリン”に対する油断の無さ、容赦の無さに圧倒されます。冒険者たち
からも忌避される彼を“牛飼娘”を始めとして理解する者が増えていく顛末が実に面白い。

イラストレーターに 神奈月 先生を充てて、さらに今春からコミック連載をスタートさせる
ほどの「GA文庫」編集部の力の入れようも、読み終えてみると納得。一読の価値ありかと。
他の敵に目もくれずゴブリンを倒し続ける“ゴブリンスレイヤー”の行く末が楽しみです。

posted by 秋野ソラ at 00:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル