2015年04月17日

『響け! ユーフォニアム 3 北宇治高校吹奏楽部、最大の危機』

4月よりTVアニメの放映を迎えた、武田綾乃 先生の部活&青春エンターテインメント小説。
第3巻は全国大会を前に副部長の“あすか”が退部を迫られ、部員にも動揺が走ります。
(イラスト:アサダニッキ 先生)

http://tkj.jp/book/?cd=72398201
http://anime-eupho.com/


「親の心子知らず」と言うよりは「子の心親知らず」と言ったほうが適切と思える場面。
将来に向けて漠然とした希望や不安を抱える多感な時期にあるからこそ衝突してしまう
親と子について“久美子”が直接的に、そして間接的に関わっていくことになります。

そして更には全国大会まで北宇治高校吹奏楽部を導いてきた“滝”の過去にも“久美子”
は誰よりも踏み込んでいきます。それこそ“麗奈”以上に。副部長、そして部長に牽引
されてきた「吹部」を期せずして支える形となった彼女の頑張りと功績は大きいです。

“滝”や“小笠原”“あすか”からの激励は胸に響くものがありますし、本番の演奏を
描写するテキストは濃密で印象的でした。何よりも“あすか”の努力が報われたこと、
そして「ユーフォ好き?」と聞かれて即答する“久美子”の言動を喜ばしく思います。

posted by 秋野ソラ at 00:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル