2014年09月14日

『恋をしたら死ぬとか、つらたんです!』

みかみてれん 先生のWeb小説が書籍化。恋をしたら即死亡、という未来の乙女ゲームへと
送り込まれた人類史上最高の惚れっぽい少女(クレイジーサイコビッチ)の運命や如何に。
(イラスト:(主人公イラスト)依存 先生、(美少年イラスト)松本テマリ 先生)

http://ebten.jp/eb-store/p/9784047297548/?aid=crp
http://ncode.syosetu.com/n6529bs/


未来の体感型乙女ゲーム『乙女は辛いデス』のテストプレイヤーとして選ばれた“ヒナ”。
未来人“シュルツ”の説明によると、恋愛力が常人で10程度なのに53万もあるという少女。
「恋をすると死ぬ」「クリアするまで出られない」そんな仕様が想定外の展開を生み──。

ということで巻き込まれた“シュルツ”がとんでもなくかわいそうに見えて仕方がない。
少し進んだかと思えば唐突に死んでいく、何回やっても死んでいく“ヒナ”の思考と嗜好
にある種の戦慄を覚えながらも慣れてしまうあたりはまさに他人事だからか(苦笑)。

現実世界で過去にやらかした「やんちゃ」ぶりを示すエピソードの数々も衝撃的。まさか
それがゲーム攻略に活かされることになるとは思いもせず。女子高生になり恋する気持ち
を抑えてきた彼女がどこまでぶっ飛んでいってしまうのか、実に興味が沸く物語です。

posted by 秋野ソラ at 00:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル