2014年06月08日

『僕らは魔法少女の中 -in a magic girl’s garden-』

既存作品が続く中で 御影瑛路 先生が世に送り出す新作は魔法少女たちの物語。或いは
人間を喰らうことで生き長らえる不老不死の存在に立ち向かう少年たちの物語です。
(イラスト/えいひ 先生)

http://dengekibunko.dengeki.com/newreleases/978-4-04-866530-8/


「魔法少女」をテーマにする作品が色々と被るタイミングであったかな、と思うと同時に
現代魔法少女の殺伐とした感じ、もしくは悪者のように扱われる境遇には今の世における
何らかの風潮が盛り込まれているのではないかと思わずにはいられない今日この頃。

本作も人間を喰って不老不死で在り続けるというカーストの頂点のような者として描かれる
魔法少女。その一人“ホワイトノワゼット”が作る「空殻ファーム」に閉じ込められた
少年少女たちの一人“岳哉”が贄として選ばれた最愛の人を救うべく立ち上がります。

“岳哉”がとった行動の「勘違い」が招く悲劇、「間違い」が招く惨劇がどうしようも
ない絶望感を味わわせてくれることと思います。それでもなお絶対存在としての彼女ら
に立ち向かう彼らの未来と、“リリィ”の前向きな言動に注目しておきたいところです。

posted by 秋野ソラ at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル