2014年06月06日

『異世界魔法は遅れてる!(1)』

「小説家になろう」にて 樋辻臥命 先生が掲載していたWeb作品の書籍化。現代魔術師が
召喚された異世界で未知の魔法と向き合いながら元の世界に戻る道を模索する物語です。
(イラスト:himesuz 先生)

http://over-lap.co.jp/%E7%95%B0%E4%B8%96%E7%95%8C%E9%AD%94%E6%B3%95%E3%81%AF%E9%81%85%E3%82%8C%E3%81%A6%E3%82%8B%EF%BC%81%E2%91%A0/product/0/9784906866755/?cat=BNK&swrd=


圧倒的な読みやすさ、かつ展開の読みやすさで魅せてくれるなぁ、とまず感じました。
タイトルにもありますとおり、現代の魔術師である“水明”が異世界の宮廷魔術師である
“フェルメニア”をこれでもか! と圧倒するところは見せ場の一つかと思います。

そんな力を持ち威風堂々たる言動を見せる“水明”ですが、普段は異世界に来てもなお
リア充ぶりを発揮する“黎二”を僻むくらい卑屈なところを見せます。その差異が面白さ
に繋がっているのかも知れません。彼も満更じゃないことになってるハズなのですが。

異世界に来て力を得て、勇者として魔王討伐の旅に赴くこととなった友人の“黎二”。
その彼に対する思慕もあって同行を決意するも元の世界への帰還を切望する“瑞樹”。
二人の状況、心境を汲み取って“水明”は目的を達成できるのか、注目したい所です。

posted by 秋野ソラ at 00:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル