2014年06月10日

『邪神攻略者の戦技教導 部隊結成篇』

『扉の魔術師の召喚契約<アドヴェント・ゲート>』シリーズを上梓する 空埜一樹 先生が
贈る新シリーズは次世代育成型バトルエンタテインメント!! ということで拝読しました。
(イラスト/村上ゆいち 先生)

http://hobbyjapan.co.jp/hjbunko/lineup/detail/545.html


大型回転式拳銃の聖装で起爆性の弾を精密射撃するもその威力が覚束ない“ユリアス”。
相手の動きを阻害し、壁にもなる檻を作る聖装がトラウマで満足に使えない“フィナ”。
戦闘センスを活かして威力のあるナイフの聖装を扱うも協調性がない一匹狼な“ニア”。

異次元からの侵略者「邪神」とその配下である「劫禍族(デゼス)」を討つ「天世騎士」
でありながらも能力面、精神面、性格面で問題のある待機隊員を引き取り、部隊を結成し、
その隊長として彼らを育成することで自身の能力とはまた違う力を得ようとする“司”。

彼が背負うものを知らない“楓”との衝突や、副隊長として事情を知る“リュミエル”
との思わぬ異性交遊(苦笑)、そして何と言っても隊員たちの成長具合が読んでいて実に
心地よい。“ザナフ”や“紅牙”の思惑が目下気になる展開で続きも楽しめそうです。


#よろしければ、こちらもどうぞ。

#◆【ツイッター・インタビュー】
# 『邪神攻略者の戦技教導 部隊結成篇』(HJ文庫)著者・空埜一樹先生
#【 http://togetter.com/li/673515


posted by 秋野ソラ at 00:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2014年06月09日

『僕は友達が少ない 10』

平坂読 先生が贈る大人気残念系ラブコメシリーズ、11冊目となる第10巻は「変わること」
を決意した“小鷹”や「隣人部」の面々、そして“夜空”真の復活の様子を描きます。
(イラスト:ブリキ 先生)

http://www.mediafactory.co.jp/bunkoj/book_detail/1191


初っ端から「人狼」、イイですね。キャラクター同士の関係を活かした言動の読み合いが
絶妙です。そこから“日向”の超残念ぶりを露呈し、その改善に付き合わざるを得ない
“夜空”の葛藤と奮闘に繋がっていくワケですが・・・満更でもない様子が実にいじらしい。

“理科”に相談した結果を受けて“小鷹”が、そして“星奈”がイメチェンを図る顛末、
そしてその結果。例え外見を変えようとも己の本質まではそう易々と変えられないという
末路のようなものを垣間見た気がしました。・・・それにしても“理科”は不憫すぎる。

友情を優先するあまり恋愛感情そっちのけで進んできた“小鷹”にいよいよツケが回って
くる展開となりました。いろいろと思い知らされた彼に迫る交際宣言は何をもたらすのか。
次巻は一冊丸ごとエピローグ、とのことでどう突っ走りきるのか見届けさせて頂きます。

posted by 秋野ソラ at 00:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2014年06月08日

『僕らは魔法少女の中 -in a magic girl’s garden-』

既存作品が続く中で 御影瑛路 先生が世に送り出す新作は魔法少女たちの物語。或いは
人間を喰らうことで生き長らえる不老不死の存在に立ち向かう少年たちの物語です。
(イラスト/えいひ 先生)

http://dengekibunko.dengeki.com/newreleases/978-4-04-866530-8/


「魔法少女」をテーマにする作品が色々と被るタイミングであったかな、と思うと同時に
現代魔法少女の殺伐とした感じ、もしくは悪者のように扱われる境遇には今の世における
何らかの風潮が盛り込まれているのではないかと思わずにはいられない今日この頃。

本作も人間を喰って不老不死で在り続けるというカーストの頂点のような者として描かれる
魔法少女。その一人“ホワイトノワゼット”が作る「空殻ファーム」に閉じ込められた
少年少女たちの一人“岳哉”が贄として選ばれた最愛の人を救うべく立ち上がります。

“岳哉”がとった行動の「勘違い」が招く悲劇、「間違い」が招く惨劇がどうしようも
ない絶望感を味わわせてくれることと思います。それでもなお絶対存在としての彼女ら
に立ち向かう彼らの未来と、“リリィ”の前向きな言動に注目しておきたいところです。

posted by 秋野ソラ at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2014年06月07日

『かくて夜明けの神殺者(デイブレイカー)』

中維 先生が贈る新作は、「霊異」と呼ばれる神や悪魔、精霊が闊歩する世界でそれらが
訪れる「ゲート」を監視する対霊異資格者(バウンサー)の少年にまつわる物語です。
(イラスト/しらび 先生)

http://dengekibunko.dengeki.com/newreleases/978-4-04-866569-8/


全ての霊異が恋焦がれる特別な血を持つ少年“幸太”。“怖血神”による呪いを解呪する
ための手掛かりを求め、血の契約を結ぶ悪魔“メリアン”と共に霊異と人類の共存共栄を
図る教育機関へと潜り込みます。そこで得た事実が彼の心を葛藤させることになります。

・・・ということで、あとがきにもありますとおり「中二病」要素てんこ盛りでノリノリな
展開の連続です。同情すべき“幸太”にも過去いろいろあったのですが、“メリアン”にも
事情があったことが分かると・・・というあの流れはやはり無くてはならないものがあります。

“幸太”や“メリアン”、その他諸々に関わってくる“右近”の人となりが鍵を握ること
となりますのでそのあたりにも注目してお読みいただければと思います。兎角、思いの
報われない“メリアン”のいじらしさも推しておきたい所。楽しませてもらった一冊です。

posted by 秋野ソラ at 00:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2014年06月06日

『異世界魔法は遅れてる!(1)』

「小説家になろう」にて 樋辻臥命 先生が掲載していたWeb作品の書籍化。現代魔術師が
召喚された異世界で未知の魔法と向き合いながら元の世界に戻る道を模索する物語です。
(イラスト:himesuz 先生)

http://over-lap.co.jp/%E7%95%B0%E4%B8%96%E7%95%8C%E9%AD%94%E6%B3%95%E3%81%AF%E9%81%85%E3%82%8C%E3%81%A6%E3%82%8B%EF%BC%81%E2%91%A0/product/0/9784906866755/?cat=BNK&swrd=


圧倒的な読みやすさ、かつ展開の読みやすさで魅せてくれるなぁ、とまず感じました。
タイトルにもありますとおり、現代の魔術師である“水明”が異世界の宮廷魔術師である
“フェルメニア”をこれでもか! と圧倒するところは見せ場の一つかと思います。

そんな力を持ち威風堂々たる言動を見せる“水明”ですが、普段は異世界に来てもなお
リア充ぶりを発揮する“黎二”を僻むくらい卑屈なところを見せます。その差異が面白さ
に繋がっているのかも知れません。彼も満更じゃないことになってるハズなのですが。

異世界に来て力を得て、勇者として魔王討伐の旅に赴くこととなった友人の“黎二”。
その彼に対する思慕もあって同行を決意するも元の世界への帰還を切望する“瑞樹”。
二人の状況、心境を汲み取って“水明”は目的を達成できるのか、注目したい所です。

posted by 秋野ソラ at 00:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2014年06月05日

『不戦無敵の影殺師(ヴァージン・ナイフ)』

森田季節 先生が贈る真の最強異能力者決定アクション。異能力制限法によりその力を制限
された異能力者たちの居る世界で暗殺異能に特化した者の悲喜交々を描く物語を拝読です。
(イラスト/にぃと 先生)

http://gagaga-lululu.jp/gagaga/lineup/201403.html#07


発売後、森田 先生がしきりに薦めておられているのを見て遅ればせながら読んだワケ
ですけれども、確かにこれはこれまで読んできた 森田 先生の作品の中でも1、2を
争う読みやすさ、というか自分に馴染むテキスト、テイストだとまず感じました。

暗殺者の家系に生まれた末裔にして煌霊遣い、死した者に命を吹き込み使役する術を持つ
“朱雀”がその力の使い道を失った今の世を恨みながら極貧生活を送る姿は涙無しには
語れません。本来の暗殺家業もこなせない、という点も残念さに拍車を掛けてきます。

一度は捨てると決めた異能力者としての道にしがみつき、“朱雀”が“朱雀”であること
をやめないと決意してからの展開が熱いです。彼を何だかんだ言いながらも支えてくれる
“小手毬”のいじらしさがまたイイ。次巻もすぐ出そうですので楽しみにしておきます。

posted by 秋野ソラ at 00:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2014年06月04日

『吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる(1)』

『ヒカルが地球にいたころ……』完結の興奮も覚めやらぬ中、野村美月 先生が贈る新作は
ある日突然、人ならざる者となった少年を主人公とするドラマティック青春ノベルです。
(イラスト:竹岡美穂 先生)

http://www.enterbrain.co.jp/fb/pc/08shinkan/08shinkan.html#_01


まず言わせていただきたいのは、野村 先生どんだけ書き溜めているんですかね!? という
ことですが、それはさておき。今回は「演劇」の題材をモチーフにした物語で安定した
滑り出しを見せていると感じました。語彙が足りませんが上手いとしか言えませんな。

バスケ好きで将来有望な少年“詩也”を襲う凶刃と凶事。それを経て、何の因果か美少女
揃いの少数精鋭な演劇部に誘われて、しかも演じるのがドラキュラという苦悩と困惑の
連続に満ちた日々を過ごす彼とヒロイン役である“綾音”の機微と歩み寄りが見せ所。

演劇とバスケを意外な形で結びつけることで“詩也”の精神的な成長を描き、最後まで
演じきったその先が実に青春真っ只中な雰囲気で羨ましい限り。その彼を見つめる“雫”
や“理歌”の思惑や次のテーマがどんな物語を呼び込むか楽しみなところであります。

posted by 秋野ソラ at 00:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2014年06月03日

『蒼井葉留の正しい日本語』

竹岡葉月 先生の新作は最強タッグで贈るディクショナル・ラブコメディ。ラノベ作家を
志望する少年と辞書や辞典を愛読する少女が織り成す物語を読ませていただきました。
(イラスト:タケオカミホ 先生)

http://www.fujimishobo.co.jp/bk_detail.php?pcd=301402000406


読んでみるとまず“葉留”から提示される日本語の薀蓄に驚かされます。知っている様で
知らないこと、というのは多分にしてあることを再認識させられます。“縁”の原稿に
赤を入れたくなるのも分かるというもの。というか“縁”は語彙が足りないですな。

二人が高校入学と同時に入寮した「鳩居寮」の面々がこれまた一癖も二癖もあって“縁”
も苦労が絶えないご様子。“菊江ナエ”の幽霊の話で洗礼を受けるも日本語好きスキル
を活かしてそれをはねのけるあたり“葉留”も相当厄介なことと思います。

同じ寮生である“円鹿”が抱くハードルの高めな恋心を後押しする“縁”たちの行動が
思わぬ繋がりを呼び起こす話運びは絶妙で、それを支える タケオカミホ 先生の挿絵も
また素晴らしいと言うほかになく。期待の持てるシリーズとして応援したい所存です。


#ご参考までに。

#◆蒼井葉留の正しい日本語 誤植について
#【 http://nezicanote-c.seesaa.net/article/398295670.html


posted by 秋野ソラ at 01:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2014年06月02日

『デート・ア・ライブ アンコール2』

橘公司 先生が贈る、TVアニメ第2期も放映中となる大人気シリーズの短編集。第2巻は
「月刊ニュータイプ」「ドラゴンマガジン」掲載の短編5編と書き下ろし1編を収録です。
(イラスト:つなこ 先生)

http://www.fujimishobo.co.jp/bk_detail.php?pcd=301401000395
http://date-a-live-anime.com/


本編はだいぶ切迫した状況ではありますが、こうやって短編集でガラッと雰囲気を変えて
日常系の話を描くのも「ファンタジア文庫」のお家芸という感じがして安心できるところ。
口絵にある「デート・ア・イフ」も中々味があります。“狂三”の狼狽ぶりがイイです。

「士道ハンターズ」は精霊たちのキャラクターを活かしたドタバタ劇という感じで導入に
うってつけです。「未確認」シリーズと「精霊キングゲーム」で見せる“折紙”の何でも
OKな言動は“狂三”とはまた違ったトリックスターとしての素養を感じさせます。

「天央祭コンテスト」は回避の上手い落とし所で「エレン・メイザースの最強な一日。」
は“エレン”さん厄日ですかと言わんばかりの休日を描いてきました。「ガールズサイド」
については短編集第3巻が出せそうならぜひ書いてほしいテーマかも知れません。

posted by 秋野ソラ at 00:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2014年06月01日

更新情報


◆ 「二次元テレカ・ミュージアム(にじみゅ〜)」更新 →[展示数 : 6,349 点]


◆ 「しぐなちゃ〜」更新 →【 http://njmy.2-d.jp/img/signature/


◆ 「懸賞の検証」更新 →【 http://njmy.2-d.jp/img/verify_of_prize/

 ⇒ 講談社 『彼女がフラグをおられたら』フラグ成立キャンペーン第6弾 :
   『特製スティックポスター』

 ⇒ 中央公論新社 「アーク・ブラッド抽選プレゼント」 :
   「『アーク・ブラッド』ポストカードセット」


posted by 秋野ソラ at 09:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

『D9―聖櫃の悪魔操者―II』

上野遊 先生が贈るデーモニックアクション。第2巻は仇となる兄を探す悪魔憑き“ソーマ”
と少女悪魔“メルヴィーユ”の前に「天使憑き」の騎士が現れ、大苦戦を強いられます。
(イラスト/ここのか 先生)

http://dengekibunko.dengeki.com/newreleases/978-4-04-866553-7/


悪魔を憎み掃討する騎士“ロウ”、その彼に随行しサポートする天使“アルディエル”。
目をつけられた“ソーマ”たちがその執拗さに困惑する中、彼ら諸共、突如現れた巨躯の
魔王“蚩尤”が蹂躙し、圧倒的な力の差を前に苦境に告ぐ苦境へと立たされていきます。

死にゆく瞬間を前に走馬灯のように目に浮かんだ“メルヴィーユ”の必死の姿。それが幻
ではないと気づいたときに思い出した彼女との契約を踏まえ不甲斐なさに怒りを覚えた
“ソーマ”が手にした「賢者の石」が運命を捻じ曲げ、切り開く様が実に印象的です。

“ロウ”と“アルディエル”にも秘した物語がありますので注目してほしいところです。
それが兄“トーマ”との手掛かりに繋がる、ということで静かに熱を帯びる“ソーマ”を
止める“ファム”が衝撃的な告白を見せ、次巻で大きな山場を迎えることになりそうです。

posted by 秋野ソラ at 00:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル