2014年04月10日

『銃皇無尽のファフニールIV スピリット・ハウリング』

ツカサ 先生が贈るアンリミテッド学園バトルアクション、第4巻はエルリア公国に現れた
“キーリ”がミッドガルへの保護を求めたことで動揺が走る“悠”たちの動向を描きます。
(イラスト:梱枝りこ 先生)

http://kc.kodansha.co.jp/magazine/index.php/90008?id=9818/30733#30783
http://cont.lanove.kodansha.co.jp/9906/21524.html


“悠”が「“緑”のユグドラシル」と取引していること、そしてその代償について知った
“イリス”の対応がいじらしい。“深月”の記憶だけ取り返しのつかない程に失っていく
ことに自暴自棄になりかける“悠”を繋ぎ止めるあたりの前向きさは眩しいくらい。

しこりの残る“キーリ”に振り回される中、彼女の前に飛来した“黄”のフレスベルグ。
しかしながら彼の魔鳥がもたらした結果は“キーリ”の自虐と“フィリル”への無慈悲な
仕打ち。“悠”が“フィリル”の「王子様」になれたことがせめてもの救いか。

“悠”と死闘を繰り広げた“フレイズマル”とは何だったのか。“ロキ”が言及していた
「邪魔なモノ」とは何なのか。“キーリ”が選んだ呉越同舟の相手には何があるのか。
そして“イリス”の決意は実を結べるのか。様々な思いを胸に次巻へと続いていきます。

posted by 秋野ソラ at 00:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2014年04月09日

『僕と彼女とカノジョとかのじょ2』

田尾典丈 先生が贈る三位一体ラブコメ、第2巻は“蓮”が「都市伝説」調査の土産として
栃木の「三猿」キーホルダーを“黒恵”たちに渡した所から新たな騒動が巻き起こります。
(イラスト:ピロ水 先生)

http://over-lap.co.jp/%E5%83%95%E3%81%A8%E5%BD%BC%E5%A5%B3%E3%81%A8%E3%82%AB%E3%83%8E%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%81%A8%E3%81%8B%E3%81%AE%E3%81%98%E3%82%87%EF%BC%92/product/0/9784906866687/?cat=BNK&swrd=


絆も深まってどれだけイチャイチャするんだろう、と思いきやキーホルダーの呪いで
想いが筒抜けになったり、思い通りの姿が見えるようになったりとコミュニケーション
をまともに取ることが出来ず、やむなく距離を置かなければならないという展開に。

直接会えなくてさみしい様子を、「LINE」っぽいやりとりを取り入れることで今どきの
女子学生らしさも演出しながら描写してくるあたりが良い感じ。呪いの解消にも“黒恵”、
“金恵”、そして“銀花”らしさが出ていてますますニヨニヨしてしまいます。

それにしても相変わらずはた迷惑な「女神の泉」ですが、今回の騒動でちらほらと姿を
現しては思わせぶりな言動を見せていた“イホノ”がこれまた挑発的な行動に。“社”に
対して投げかけた言葉の意味が、そして物語の続きが気になるところであります。

posted by 秋野ソラ at 00:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2014年04月08日

『グラウスタンディア皇国物語2』

内堀優一 先生が贈るファンタジー戦記、第2巻は「リジア」開戦に向けての“クロム”
の活躍ぶりのほか、それぞれの国の内情に触れる戦国の世の生々しさを描きます。
(イラスト/鵜飼沙樹 先生)

http://hobbyjapan.co.jp/hjbunko/lineup/detail/533.html


「リジア」から蜥蜴の尻尾切りが如く見捨てられた“ダグラス”たち。彼らを救いたい
と思う“フィフニス”の気持ちもまた皇国の文官に抑圧され、希望を見失いかけたとき
忘れかけていた「信頼」という想いが最後の閊えを掃う展開は熱いものがありました。

断章として「ラトルグ」のキナ臭い事情を挟み、どこも内憂外患といった状況を演出
しつつ、「リジア」の“ベルゲン”もまた切れ物であると共にやや難ありな人物という
ことでかの国も一枚岩ではない様子。だからこそ“クロム”も付入る隙がある訳ですが。

“クロム”の活躍に目をつけた“ダカット”を快く思わない“ユースティナ”。いずれ
その確執は新たな火種になるのでしょうが、今は皇国の皇都シオニアに迫る「リジア」
の兵30万を共にどう退けるのか。負けない戦のための一手に注目したいところです。

posted by 秋野ソラ at 00:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2014年04月07日

『灰と幻想のグリムガル level.3 思い通りに行かないのが世の中だと割り切るしかなくても』

十文字青 先生が綴る見知らぬ世界の冒険譚。第3巻は死の斑を倒し実力と箔をつけ始める
“ハルヒロ”たちが初の大規模戦闘(レイド)、オーク砦に挑む顛末を描いていきます。
(イラスト:白井鋭利 先生)

http://over-lap.co.jp/%E7%81%B0%E3%81%A8%E5%B9%BB%E6%83%B3%E3%81%AE%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%A0%E3%82%AC%E3%83%AB%E3%80%80level.3++%E6%80%9D%E3%81%84%E9%80%9A%E3%82%8A%E3%81%AB%E8%A1%8C%E3%81%8B%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%AE%E3%81%8C%E4%B8%96%E3%81%AE%E4%B8%AD%E3%81%A0%E3%81%A8%E5%89%B2%E3%82%8A%E5%88%87%E3%82%8B%E3%81%97%E3%81%8B%E3%81%AA%E3%81%8F%E3%81%A6%E3%82%82/product/0/9784906866694/?cat=BNK&swrd=


大規模戦闘に係るメリット、デメリットを前にリーダーとして大いに悩む“ハルヒロ”。
相変わらず張り倒したいほどに小憎たらしい“ランタ”の妄言をあしらいつつ、何とか
前に進む決意を示すまでの流れがまた彼ららしい。

口絵のカラーイラストが示す「現実」、そして“チョコ”。元居た世界とそこで過ごして
いた記憶は確かに残っている、ということが示されて改めて本作が異世界召喚モノか
という定義論が浮上してくるワケですが、不憫でならない結果でございました。色々と。

“レンジ”たちのチームを含めても今回の戦いが如何に厳しいものだったかについては
本編を見ていただくとして、間違いなくMVP級の大活躍を魅せてくれた“モグゾー”に
関わるあのラスト。今巻の副題が重くのしかかる結果がどう続くのか気になります。

posted by 秋野ソラ at 00:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2014年04月06日

『桃音しおんのラノベ日記3 16歳の編集活動』

あさのハジメ 先生が贈るラノベ業界の裏側に迫る(?)青春ラブコメ、第3巻は“歩”が
“しおん”の家出に付き合い、新作の執筆に取り組む過程で彼女の心に触れていきます。
(イラスト:たにはらなつき 先生)

http://kc.kodansha.co.jp/magazine/index.php/90008?id=9818/30733#30784
http://cont.lanove.kodansha.co.jp/9906/25728.html


「未成年者の飲酒はダメっ」と軽くジャブを入れつつラッキースケベな目に遭う“歩”な
ワケですが、“桃香”の指摘が本当だとすると“汐音”のことが少し空恐ろしくも見える
ワケで。「信頼」を超えて「心酔」の域に達しているとも言えなくない雰囲気。

“汐音”が書きたいという新作に「担当編集」という立場で関わることになった“歩”も
この経験を自作に活かそうとするあたりは作家としての性(サガ)か。家出の原因を探る
うちにラノベの主人公よろしく朴念仁なままではいられなくなる心境の変化もポイント。

別荘で2人きり、という異常事態を覆す“ナツメ”の登場に波乱必至な状況を何とか回避
したかと思いきやとんでもないド修羅場な展開に。“ナツメ”の行動は流れとして性急な
印象も受けましたが、これを受けて“汐音”はどうなってしまうのか。先が心配です。

posted by 秋野ソラ at 00:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル