2014年01月31日

『千の魔剣と盾の乙女12』

川口士 先生が贈る魔剣ファンタジー、第12巻は“バルトゥータス”と“ロック”の師弟
対決、そして魔王“バロール”との最後の戦いに挑む大詰めの展開が描かれていきます。
(絵:アシオ 先生)

http://data.ichijinsha.co.jp/book/booksearch/booksearch_detail.php?i=75804519


これまで“リャナンシー”が見せてきた言動の裏にあるもの、迂遠かつ壮大な計画、移り
ゆく性質と変わらない本性との葛藤。それらが全て明らかになったことで彼女に対する
好感度が一気に上がった感があります。だからこそあの結果は切なくも感じるワケで。

魔王“バロール”の圧倒的な力を前に勇猛果敢なチームプレイを見せる“バルトゥータス”
たちもジリ貧になっていく中で鍵を握るのは“サーシャ”と光の剣(クラウソラス)。
“ロック”と“ホルプ”もなかなかの大健闘でしたが、やはり決め技はコレでした。

勇者として称えられることとなった“バルトゥータス”らが「魔王の跡を継ぐ魔物」への
警戒を各地へ促し、当事者となる“ロック”には焦りの色が隠せない状況。“ニーウ”と
“サーシャ”の関係も油断ならない、ということで物語は第三部へと舞台を移します。

posted by 秋野ソラ at 01:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル