2013年10月23日

『魔法科高校の劣等生(12) ダブルセブン編』

佐島勤 先生の大人気Web小説が遂にアニメ化決定。第12巻から2年生に進級した“達也”
と“深雪”が新しい環境と状況、そして新入生に平穏ならぬ日々を送る新展開を見せます。
(イラスト/石田可奈 先生)

http://dengekibunko.dengeki.com/newreleases/978-4-04-866003-7/
http://mahouka.jp/


“深雪”のガーディアン候補として静かに乗り込んできた“水波”にはひとまず動きなし。
“達也”のために新設されたとも言える魔法工学科に移動した彼のことを「ウィード」と
蔑んではばからない“七宝”と“七草”の新入生、とりわけ前者の“琢磨”に難あり。

明らかに負け犬としか言いようの無い彼の的外れな威勢ぶりに垣間見える反魔法主義者の
影。その先方たる“神田”議員のパフォーマンスを逆手に非武力で返り討ちにしてみせた
“達也”の手腕は相変わらずの凄さ。“琢磨”のフラストレーションも高まるばかりで。

マスメディアによる反魔法師報道が顕著になる中、その意図に気付く者もあれば裏に触れる
者もあり、中でも“達也”は過去の因縁に巻き込まれる始末。その災禍が降りかからない
ことを願う彼の気持ちは決して報われることが無いであろう次巻の展開が気になります。

posted by 秋野ソラ at 01:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル