2013年10月11日

『ココロコネクト プレシャスタイム』

庵田定夏 先生が贈る『ココロコネクト』シリーズ最後を飾る短編集第3巻。店舗特典用
小冊子の小編に書き下ろし3編を加えた五角形コメディの締めくくりを見届けました。
(イラスト:白身魚 先生)

http://www.enterbrain.co.jp/fb/pc/08shinkan/08shinkan.html#_02


「カップルバトルロイヤル」のはっちゃけた雰囲気が一番好き。“唯”の劇的な一戦とか、
“太一”と“姫子”のバカップルぶりとか、イベントを心から楽しんでいる“伊織”とか。
何かと周囲を焚きつけてきた“藤島”についに春が来たところもポイント高めでした。

“太一”の妹“莉奈”による文研部メンバーのチェック、確かに“姫子”の言うとおり
口を出しすぎてはいますがそれも大好きな想い故に、ということが分かる微笑ましい挿話
でした。新入生から見て得体の知れない「文研部」も思いは繋がっていきそうで何より。

「未来へ」は、颯爽と進路を決めた“伊織”がいつの間にか抱えていた心の靄について
その元を辿ると変えられない過去と先の読めない未来にかけがえの無い仲間が居る幸せ
に気付くという実にしんみりとした良いお話でした。最後まで魅せてくれました。

posted by 秋野ソラ at 00:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル