2013年10月02日

『よろず屋退魔士の返済計画2 魂縛りの少女』

SOW 先生が贈る借金返済コメディ。第2巻は“ユズカ”と“葛”を迎えて一段と騒がしい
“狗郎”の家を出た先で出会う少女、縛られている「追儺一族」の因縁に的を絞ります。
(イラスト:蔓木鋼音 先生)

http://over-lap.co.jp/%e3%82%88%e3%82%8d%e3%81%9a%e5%b1%8b%e9%80%80%e9%ad%94%e5%a3%ab%e3%81%ae%e8%bf%94%e6%b8%88%e8%a8%88%e7%94%bb%ef%bc%92%e3%80%80%e9%ad%82%e7%b8%9b%e3%82%8a%e3%81%ae%e5%b0%91%e5%a5%b3/product/0/9784906866342/?cat=BNK&swrd=


神堂の家で育った“葛”が“狗郎”の前で出来なかった「当たり前」のこと。一つは彼女
のポンコツさを示し、もう一つは彼の救いであったことを示す。“みぎり”も何だかんだ
言って世話好きというか、素直じゃないけど実に「いい人」ぶりが出ております。

今回は水着回でもあり、蔓木 先生の美麗なイラストが華を添えるワケですが、向かった
海水浴場でも霊的な騒動に巻き込まれるのだから花を伸ばすのもままならない。しかも
一族でも外道と呼ばれた父“獅郎”が関係しているのだから“狗郎”もたまらない。

“獅郎”への復讐のために使役された“流鴎”もまた「追儺」の因縁に巻き込まれた悲運
の少女。“みぎり”も盾にするほどの非道な相手に引導を渡したのは“狗郎”ではない
意外な人物。人間関係はまだ奥深いものがありそうで色々と気になる次巻が楽しみです。

posted by 秋野ソラ at 01:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル