2013年05月04日

『六畳間の侵略者!? 13』

健速 先生が贈る人気シリーズ、通算15冊目。母にして帝国皇帝である“エルファリア”の
病の知らせに母国への帰国を決めた“ティア”たちが壮大な戦乱に巻き込まれていきます。
(イラスト/ポコ 先生)

http://hobbyjapan.co.jp/hjbunko/lineup/detail/467.html


口絵の1シーンから想像される展開が気になり、購入して早々読み進めましたがこれがまた
期待を裏切らない内容で大満足。“ルース”さんの回に味わった高揚感をまた噛みしめる
ことになるとは思いもよらず、つい何度か読み返してしまいました。

また、その展開に至るまでの“エゥレクシス”との激戦も見どころで、「そんな秘密、暴露
されては困るんですが」とつぶやく“孝太郎”の思いとは裏腹に、彼が抱え込んでいた秘密
と能力がこれでもか、というほどに明示され無双の限りを尽くしていくのが圧巻です。

さらに、戦闘のどさくさに紛れてこれまでにひけらかしてきた“静香”の強さ、その正体が
明らかとなりました・・・って、もうとんでもないな「ころな荘」の面々は。“エゥレクシス”
もまだまだ諦めが悪いようで、どうなることやら。次巻の展開も楽しみにしております。

posted by 秋野ソラ at 00:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル