2013年04月10日

『お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ 9』

鈴木大輔 先生が贈る大人気ブラコン妹ラブコメ。第9巻は前巻に引き続いて「しらはま」
舞台に繰り広げられる“秋人”争奪戦を夏祭りという特別なシチュエーションで行います。
(イラスト:閏月戈 先生)

http://www.mediafactory.co.jp/bunkoj/book_detail/987


“銀兵衛”解禁! といったところでしょうか。というか何故“秋人”はあのタイミングで
スイッチを入れちゃったのか、という違和感はありましたが、なあなあで過ごすよりは今後
新しい関係を築いてくれたほうがお話としても緩急がついたので、まぁ良しということで。

タガが外れて“秋人”とべったりすることにも何ら躊躇が無くなった“銀兵衛”、そして
夏祭りの制限時間つきデートで“秋人”を狙うしたたかさを見せつけてきた“ありさ”を
見るに、少しずつ蚊帳の外になってきている気がしなくもない“秋子”の展望が心配です。

そして「しらはま」ではあまり見せ場の無かった“アナスタシア”が夏祭りのデートにて
有限実行となるイベントへと突撃。「本当に行くのか」という不安と、彼女に振り回される
“秋人”も大変だなと思いつつ、次巻で明らかになるであろう結果を待ちたいと思います。

posted by 秋野ソラ at 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2013年04月09日

『バカとテストと召喚獣11』

いよいよAクラス対Fクラスの戦いかと思いきや、2年生対3年生の試召戦争へと突入する
“明久”たち。井上堅二 先生が贈る大人気シリーズもクライマックス直前の第11巻です。
(イラスト:葉賀ユイ 先生)

http://www.enterbrain.co.jp/fb/pc/08shinkan/08shinkan.html#_03


「みているこっちがあてられそうじゃ」──そうつぶやく“秀吉”の言葉が示すとおりの
男女関係に注目の展開でございました。・・・いや、同姓同士ってもあったかな(苦笑)。
それだけ信頼関係が築けている、という裏返しでもあるとは思います。

今回の試召戦争で歯痒い思いをする“雄二”、いずれAクラスとFクラスとの決着がつく
ことで彼との関係も区切りがついてしまうことを恐れ、孤軍奮闘する“翔子”。すれ違う
2人の心が繋がった時、もはや負ける気など消し飛ぶ雰囲気にあてられました。

“瑞希”へ執拗に迫る“城”のしつこさに隠れて、彼女自身にも何か事情を抱えている
ふしがあるのも気になるところですが、目を覚ました“雄二”がどんな大逆転を魅せて
くれるのか、そして“和久”の恋の行方は? 最終巻となる予定の次巻に注目です。

posted by 秋野ソラ at 00:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2013年04月08日

『ココロコネクト アスランダム 下』

居る人に等しく「現象」が発生する「孤立空間」へ飛び込んだ“太一”たちは〈三番目〉の
企みを止められるか。庵田定夏 先生が贈る愛と青春の五角形コメディ、ついに完結です。
(イラスト:白身魚 先生)

http://www.enterbrain.co.jp/fb/pc/08shinkan/08shinkan.html#_04


「文研部」の面々にことごとく突っかかってくる“香取”が殴りたいほどに憎たらしくなる
ワケですが、事情を知らない側からすれば彼が提示する安易な決着方法とか「文研部」への
不信な思いに耳を傾けたくなるのも分からざるを得ない話でもあるワケで。

“栗原”の口から語られる最悪の事態を回避できたのは、「文研部」と「みんな」という
枠ではなく、“唯”と“栗原”という人と人との繋がり、信じる心があったからこそ。
思いも寄らぬ流れからみんなの心が繋がっていく流れは胸を熱くさせるに足るものでした。

最後に〈ふうせんかずら〉が仕掛けた「現象」も、僅かな綻びに気付いた“太一”の機転で
乗り越え、「文研部」の底力を最後まで魅せつけてくれました。高校生最後の一年くらいは
振り回されることなくより素直に喜怒哀楽の溢れる時を過ごせるものと願ってやみません。


#“藤島”さんも復活してくれて良かったです。

posted by 秋野ソラ at 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2013年04月07日

『アルシャードセイヴァーRPG リプレイ3 スタンド・バイ・ミー』

祖国より遠く離れたブルースフィアの地で姫の姿を垣間見た“アリオ”の心が揺れ動く。
田中天 先生/F.E.A.R. が贈る「アルシャードセイヴァーRPG」リプレイが終幕を迎えます。
(イラスト:ぽぽるちゃ 先生)

http://www.enterbrain.co.jp/fb/pc/08shinkan/08shinkan.html#_11


  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  GM : 「奇跡の力があれば、まだ食い止められたであろう。だが、もうその力は
      使ってしまった。みずからの偽善のために、この世界を救う願いを使ったのだ、
      なんとも優しく、なんとも愚かではないか」
  アリオ : しのぶを侮辱するな!
  しのぶ : ううん、アリオ。私は大丈夫。
  アリオ : しのぶ・・・・・・。
  しのぶ : だって、目の前で助けられる人を助けないなんて、私にはできないよ。
 _____________________________________


前のシーンで使わせた奇跡の力。確かに「使っていなければ・・・」という絶望感を与える
奈落らしい場面でしたが、そこは我らが「首刈り天使しのぶちゃん」、むしろ奈落に絶望を
与えるくらいの気骨で逆境をはねのけてくれています。ニチアサの熱い魂の見せ所です。

とある事情から亡き姫“アンジェリカ”との再会を果たした“アリオ”の浮かれっぷりと
これは何かある、と探りを入れる“しのぶ”たちの深刻さを対比させた展開も上手いです。
その対比が積み重なり、やがて迎える破綻で効果的なシーンとなって跳ね返ってきます。

サクセサーになるタイミングもまた絶妙であったかと思います。最後も「らしさ」の出る
締めくくりで 鈴吹マユリ さんの好演が光る内容でした。また機会があれば他の作品でも
PLとしてご登場いただければと申し上げておきます。無事完結、おめでとうございます。

posted by 秋野ソラ at 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2013年04月06日

『ドレスな僕がやんごとなき方々の家庭教師様な件3』

野村美月 先生が贈るファンタジー家庭教師コメディ、第3巻は“アニス”に本気の好意を
寄せられ、“聖羅”の期限を損ねる“シャール”へ姉が訪れる噂が飛び込んできます。
(イラスト:karory 先生)

http://www.enterbrain.co.jp/fb/pc/08shinkan/08shinkan.html#_05


“アニス”にやきもちを焼く自分が「子供だからいけないんだ」と薬で大人になってしまう
くだりとか karory 先生のイラストも相まって愛くるしいことこの上ない。まさに至高の
存在と言えるでしょう。何度でも読み返したくなるシーンの1つです。

失踪した“グリンダ”が弟に対して何か含みがありそうなことは“ヘルムート”の昔話
からも窺えるところですけど、どうも好意的ではない印象なのが気になります。世間から
弟のことをひた隠しにする理由は彼自身にありそうですが・・・はてさて。

“真”王子は相変わらずのマイペースというか自己世界に閉じてしまっているので今後
本筋に絡んでくるのか不安になったりもしつつ、次回予告としては“竜樹”の本意では
ないところに未来が定まりそう、ということでどんな物語が生まれるのか楽しみです。

posted by 秋野ソラ at 00:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2013年04月05日

『氷結鏡界のエデン11 最終双剣‐ユミエル・ノイズ‐』

細音啓 先生が贈る重層世界ファンタジー、第11巻は天結宮内に突如現れた幽幻種そして
異篇卿“イグニド”。異篇卿が告げる世界の真実と選ぶべき未来への選択肢とは如何に。
(イラスト:カスカベアキラ 先生)

http://www.kadokawa.co.jp/lnovel/bk_detail.php?pcd=201211000456


いろいろな人々がそれぞれのやり方で千年という時の流れを超えてきた、ということが
登場人物の間にも広く知られる形となりました。更には“イリス”と「イリス」の物語が
本作と完全に繋がり、再び世界を救う鍵となりそうな展開が興味深い。

また、今回“イグニド”が天結宮へ乗り込んできてやりたい放題なことからも分かるように
“ユミィ”と同じでありながら異なる存在であることだけは明示されました。あとはなぜ
そんなことになってしまったのか、ということですが・・・。

今後の刊行スケジュールからすると、まず「イリス」の物語にケリをつけるのが先との
ことで何とも長い間おあずけを食らうことになりますが、「イリス」の物語自体も面白い
流れを見せていますので、まずはお手並み拝見と洒落込もうかと思います。

posted by 秋野ソラ at 00:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2013年04月04日

『東京レイヴンズ9 to The DarkSky』

あざの耕平 先生が贈る陰×陽ファンタジー、第一部完結を告げるシリーズ第9巻は“夏目”
が命を落としたことを契機に“春虎”たち、更には呪術界の未来が揺らぎ始めます。
(イラスト:すみ兵 先生)

http://www.kadokawa.co.jp/lnovel/bk_detail.php?pcd=201207000028


熱量を失っていく“夏目”を前に、かつて見たあの儀式へ一縷の望みを繋げようとする
“春虎”。彼が「鴉羽」から受ける知識・力の行使するようになり、“コン”の思いがけ
ない変化が訪れたことも相まって彼が“夜光”である存在であることが明るみに。

「陰陽塾」で過ごした日々が嘘のように道を分かつことになった“春虎”、そして“夏目”。
なぜ彼は彼女の傍を離れるのか。いずれ別々の未来を辿ることになると告げた“冬児”自身
彼に説教をくれてやる時がやってくるのか。その時“夏目”はどうしているか。

何よりも夢見心地の“夏目”だけが一時の幸福感を味わいつつ、現実を改めて見つめる
段階となったときに世界で初めて「彼がそばにいない」という絶望に触れ、失意の底へ
落とされることになるのだと思うと今から不憫でなりません。次巻に注目です。

posted by 秋野ソラ at 01:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2013年04月03日

『冴えない彼女の育てかた 3』

丸戸史明 先生が贈るメインヒロイン育成コメディ第3巻。“恵”の髪型チェンジに始まり
“英梨々”の引き抜き話が出たりとサークル面々が騒然としたまま、コミケを迎えます。
(イラスト:深崎暮人 先生)

http://www.kadokawa.co.jp/lnovel/bk_detail.php?pcd=201211000416


今度は若くして「業界ゴロ」といって差し支えない経歴をもつ“伊織”が登場し、世界の
暗部をさらけ出してきます。その妹“出海”も“倫也”の前に現れ、彼に感化される形で
同人活動に勤しむ日々を過ごしていることを告げてきます。兄とは何の接点も無い中で。

彼女が作る同人誌の内容、さらにはモチーフとなる作品に心穏やかでない“英梨々”が
“倫也”との過去を蒸し返し、サークル活動どころの状態ではなくなる始末。7年間で
互いに溜め込んだ想いがぶつかるその様はオタクなら誰でも抱える事情を露呈します。

例え仲直りできなくても“英梨々”の心に火をつけられたという点を見れば間違いなく
プロデューサーとして有能であることを示した“倫也”。“恵”との約束を果たした
彼らがついにサークルとしてデビューするその先に何が待ち受けるのか、楽しみです。


#ルビの振り方とその内容が開けっ広げで分かりやすく、まさに絶妙と言えましょう。

posted by 秋野ソラ at 00:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2013年04月02日

『新生徒会の一存 碧陽学園新生徒会議事録 下』

葵せきな 先生が贈る大人気シリーズの後日談。下巻はついに“火神”の本性があらわに。
新生徒会になってもハーレム王を目指す“杉崎”はハーレムルートに辿り着けるのか。
(イラスト:狗神煌 先生)

http://www.kadokawa.co.jp/lnovel/bk_detail.php?pcd=201208000054


恵まれすぎる容姿ゆえに他人とのいざこざを生んでしまう“日守”。彼女の悩みの本質を
見抜いて見た目も中身もひっくるめて大好きだと告げた“杉崎”の気持ちが届いてからの
彼女はとても可愛らしいです。・・・思考回路はちょっと残念なのが玉に瑕ですけど。

そして一番の問題児である“火神”が抱える闇。その元となる対象の悪辣さに“杉崎”も
心が挫けそうになりますが、彼が目指すハーレム王とは何たるかを思い出せば敵ではない
ということで彼女からもカッコイイ男と認められるまでに至りました。病んでますけど。

いずれにしても真摯な態度を忘れない“杉崎”の粘り勝ち。新生徒会も何とか立ち上がり
新しいダラダラとした日常を得ることができた彼らの未来に幸あれ・・・と思ったら次に出る
短編集でお目にかかれるとのことで、その先の話も含めて楽しみにしておくことにします。

posted by 秋野ソラ at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2013年04月01日

更新情報


◆ 「二次元テレカ・ミュージアム(にじみゅ〜)」更新 →[展示数 : 5,496 点]


◆ 「懸賞の検証」更新 →【 http://njmy.2-d.jp/img/verify_of_prize/

 ⇒ 富士見書房 40周年記念プレゼント
   特製嫁枕カバー Aコース嫁A「ハイスクールD×D/リアス・グレモリー枕カバー」

 ⇒ アスキー・メディアワークス 「電撃文庫ぶっちぎり! 限界突破!! フェア」 
   AMW20周年賞 『電撃文庫特製しおり10枚セット』

 ⇒ 講談社 「講談社ラノベ文庫創刊1周年フェア」 
   Wチャンス 応募者全員プレゼント「スクールカレンダー」

 ⇒ 小学館 「ガガガ文庫ガタログ2013」 応募者全員プレゼント
   「2013年版目録ガタログ」


posted by 秋野ソラ at 02:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

『デート・ア・ライブ7 美九トゥルース』

いよいよ4月5日よりTVアニメの放映が開始となる 橘公司 先生の大人気シリーズ第9巻。
仲間は皆操られ、“十香”も捕らえられた“士道”に起死回生の術はあるのか注目です。
(イラスト:つなこ 先生)

http://www.kadokawa.co.jp/lnovel/bk_detail.php?pcd=201204000281


孤立無援の“士道”に共同戦線の手を差し伸べた“狂三”の存在が実に頼もしい。多少の
茶目っ気もポイントが高いです。危険を冒してまで調べに行ったDEMインダストリーの施設
には当たりが無かったようですが、重要人物を追っているみたいですので今後も要注視で。

“美九”の過去を目の当たりにしてもなお、本当にデレされることは可能なのかと冷や汗
モノでしたが、約束を守る“士道”の誠実な言動が彼女の根底にある男性不信という疑念を
信頼に昇華することができたようで一安心です。反動で思いっきりデレまくってますけど。

「あとがき」で 橘 先生が触れられていた悪堕ちの件には激しく同意しておきます、という
ことで副題は“美九”なのに表紙を飾った“十香”さんに異常発生。精霊を巡る黒い思惑も
顕在化してきて油断がならない中、次巻へと続いていくのであります。

posted by 秋野ソラ at 02:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル