2012年09月16日

『吼える魔竜の捕喰作法3』

内堀優一 先生が贈るバトルファンタジー第3巻。“クーミエ” の祖父による “タクト” と
“クーミエ” をくっつける手伝いを頼まれた “シェッセ” に感情の変化が見え始めます。
(イラスト/真琉樹 先生)

http://hobbyjapan.co.jp/hjbunko/lineup1209.php#novel120902


“カティナ” に相談するのはいいとしても “タクト” にまで直接打ち明けるとは(苦笑)。
昨今、鈍い男主人公が溢れる中、ここまで気づかない女主人公は久しぶりに見たような
気がします。“シェッセ” の悩みに答えるのは簡単ですが2人と同じく「言わぬが花」ですね。

そんなもどかしい、というかこそばゆい “シェッセ” の振る舞いに対して思う所あるのは
“クーミエ” も同じだったようで。“タクト” への巧みな誘導尋問を仕掛け、その回答を
聞かせることによって安心した “シェッセ” の心のたがの外れ具合がまたイイ。

恋の限界突破を果たした “シェッセ” の秘めたる能力もますます力を増しているようで
“タクト” との謎の絡みも興味が増すというもの。“カティナ” たちも頑張りに期待したい
ところです。ということで引き続き応援したいシリーズの一つであります。

posted by 秋野ソラ at 00:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2012年09月15日

『クロス×レガリア 滅びのヒメ』

三田誠 先生が紡ぐ吸血鬼の少女と千円ボディーガードの少年の物語も第3巻。新たな
吸血鬼の登場、“ナタ” の意識を蝕む異変、中華街で起こる奇妙な事件と波乱尽くしです。
(イラスト:ゆーげん 先生)

http://www.kadokawa.co.jp/lnovel/bk_detail.php?pcd=201109000164


ということで科学と異能の世界に魔術が交差してきました。まるで『レンタルマギカ』を
継承するかのようでテンションが上がります。今巻ではその片鱗を見せただけですが、今後
絡んでくる度合いがまず気になるところです。

中華街に妙な氣を撒き散らす “ウー”。彼女がどんな存在かを知らずただ彼女を止める
べく対峙する “馳郎” の気持ちと、それを知った “ナタ” の焦り具合との温度差が
緊迫感を助長します。それを踏まえての「繋がった」感がカッコイイ。

“馳郎” と “ナタ”、二人それぞれに好敵手と呼べる対存在が登場したことにより
新たな力が求められそうな予兆を感じつつ、気苦労が絶えない上に翻弄されまくる“蓮花”
を今は応援したい思いでいっぱいです。

posted by 秋野ソラ at 00:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2012年09月14日

『レイセン File5:キリングマシーンVS.』

絶賛引きこもり中である “ヒデオ” のその後の生き様を描く 林トモアキ 先生のシリーズ
第5巻。「フォース」 の秘密、そして “マックル” を狙う謎の修道女と向き合います。
(イラスト:上田夢人 先生)

http://www.kadokawa.co.jp/lnovel/bk_detail.php?pcd=201204000070


「触手」 の話にしても 「女子力」 の話にしても “葉多恵” さんが面白い立ち位置を保持
し続けているのが興味深い。林 先生の中で動かしやすいキャラになっているのでは、と
推察するところです。ある程度の強さも怪しい技術もあるし、やりたい放題な感じが特に。

そんな “エルシア” や “鈴蘭” の好感度が上がる息抜き話も面白いところを見せつつ
みんなで仲良くBBQしてる最中に飛び込んできた “シシル” の圧倒的な強さで緊迫感漂う
展開なのが本編。“ヒデオ” の機転がきかなかったら助からないところでした。

辛くも一難去ったと思ったら 「フォース」 の面々が関係するプロジェクトの風向きが
おかしくなってきて遂にパワーバランスが崩れる始末。一体全体どうなることやら。
“ヒデオ” たちが関与できる余地があるのか、次巻の動きにも注目せねばなりません。

posted by 秋野ソラ at 00:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2012年09月13日

『それがるうるの支配魔術 Game5:キングメーカー・トラップ』

“舞花” の話から得た “るうる” の兄の消息を辿る手がかりに沸く欧文研メンバーたち。
土屋つかさ 先生が贈る常識と魔術を巡る学園ストーリーも第5巻、話も終盤を迎えます。
(イラスト:さくらねこ 先生)

http://www.kadokawa.co.jp/lnovel/bk_detail.php?pcd=201203000173


そりゃあ驚愕するわ! そんなところで止められたら(苦笑)。早く続きを、って言うしか
ないじゃないですか。さくらねこ 先生の挿絵がまた絶妙。覚悟を決めた “タマキ” の
達観した顔つきと大粒の涙を流す “るうる” が悲痛に叫ぶ様子がよく描かれています。

・・・まぁ、“タマキ” がいろいろと気づきすぎてるんじゃないか、というある種の違和感を
感じていたところでしたので今巻のラストは至極納得のいく展開でしたよ。思わぬ所で
「レビクシの光教団」 が絡んできたな、とか言ってる場合じゃなくなるくらいに。

“舞花” だけでなく “甲斐” の秘していた部分も明らかになってこれまた驚かされる
ハメにもなってますし。“るうる” に貼られたレッテルも仕組まれたものだったとは。
色々と見えてきたところで次へどう繋ぐか、土屋 先生の手腕に大いに期待させて頂きます。

posted by 秋野ソラ at 00:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2012年09月12日

『子ひつじは迷わない 贈るひつじが6ぴき』

玩具堂 先生が贈る、「迷わない子ひつじの会」 の活動の日々を描くシリーズ第6巻。
クリスマスを前に、雪山の山荘で繰り広げられた殺人事件になぞらえた芝居に挑みます。
(イラスト:籠目 先生)

http://www.kadokawa.co.jp/lnovel/bk_detail.php?pcd=321205000020


まず 「あとがき」 がショッキングすぎる。「スニーカ文庫編集部」 さん、新シリーズに
挑戦させるのは経験を積む上でも意味のあることかと思いますが、ぜひ本作の続きも書く
ことを忘れないでいただきたいものです。よろしくお願い致します。

さて本編はというと、“佐々原” の 「“成田”の都合の悪いところ集め」 がエスカレート
して言動がますますおかしくなっていく最中、“会長” と “成田” の距離感というか彼女
の気持ちにも少なからず変化が訪れている模様です。どっちにしろ素直じゃない所で。

そこは “仙波” も負けてはいませんが、いろいろと心乱される渦中においてもしっかりと
謎は解いてくるあたりは流石と言えましょう。強い想いに囚われた当事者たちの人間関係も
捉えづらかったですし。そうそう、とりあえずサンタ姿も素晴らしいと言っておきましょう。

posted by 秋野ソラ at 00:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル