2010年08月28日

『とある飛空士への恋歌(4)』

『とある飛空士への追憶』 劇場版アニメの制作も進んでいるという 犬村小六 先生の
「飛空士」 シリーズ最新作。今巻も更に見どころ満載で魅了されることしきりです。
(イラスト/森沢晴行 先生)

http://gagaga-lululu.jp/gagaga/newrelease/index.html#06


前巻で壮絶な空戦を経験し、心に影を落とした “カルエル” に対して突きつけられた
一つの事実。心を閉ざし続ける間も無く 「空族」 との戦闘は続き、ここが死中かという
まさにその時、ついに母の言葉を昇華して放ったあの一言。そしてその後の展開。

・・・すみません、この話運びはマジ泣きそうになりました。やられました。

その前段として “アリエル” が彼を慮る言動が無ければ昇華も不可能だったでしょうし
何より “ノリピー” と “ベンジャミン” の、本当に目を見張るほどの活躍と容赦ない
展開があればこそ向き合えたのだと思うと、この気持ちは抑えられませんでした。

・・・何と言いますか、有り体に申し上げればただ「すげぇ!」としか言いようが無く。

しかも最後にまたとんでもない引きを用意して下さってますし、もう、どうすんだと。
続きが気になって仕方が無いぞ、と声を大にして言わせていただく他にありません。
これは間違いなく 「ガガガ文庫」 を支えるビッグタイトルと言えるでしょう。

・・・『〜追憶』 に続いて秀作となる予感がひしひしと伝わってきます。

posted by 秋野ソラ at 00:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

『絶対女王にゃー様(3)』

J・さいろー 先生が紡ぐ、少年少女にしてはちょっと扇情的な物語も遂に終幕の時。
“にゃー様” の正体が明らかになることで訪れる変化、機微に注目です。
(イラスト/しろ 先生)

http://gagaga-lululu.jp/gagaga/newrelease/index.html#05


「宮殿」 での虚像と 「自然科学部」 での実像がどう結びつくのか。“輪玖” だけ
ではなく “にゃー様” も目星がついていなかった、ということで更に衝撃的な事実が
待ち受けているとは露知らず。

そもそも 「宮殿」 が出来た背景とは何だったのか。“にゃー様” 誕生秘話にまで
触れられた時は J・さいろー 先生らしい描写の仕方かな、という印象を受けました。
思春期の少年少女が抱く苦悩を、刺激的ではありますがよく表せているということで。

“輪玖” が “りょー” として、そして “カナエ” として “にゃー様” にすっかり
調教された上であの結末に至る、ということでひとまずは丸く収まって良かったです。
「ガガガ文庫」じゃないと実現できない作品かも、という読了感を堪能いたしました。

posted by 秋野ソラ at 00:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

『とある魔術の禁書目録(21)』

前巻の衝撃も冷めやらぬまま、まさかの隔月刊行となる 鎌池和馬 先生の大人気作。
三者三様、いやそれ以上の人物の思惑が分離し、衝突し、と怒涛の展開が続きます。
(イラスト/灰村キヨタカ 先生)

http://dengekibunko.dengeki.com/new/bunko1008.php#new1


“上条” さんと “一方通行”、そして “浜面”。それぞれの物語が第三次世界大戦
の最前線において付かず離れず、時にはクロスオーバーして、と当面の敵 “フィアンマ”
そして “ミーシャ” と対峙していく話回しの巧さは素直に驚嘆の域かと思います。

こう、誰かの窮地を思わぬところで別の誰かが救ってたりとか、展開として熱いとしか
言いようがない、まさに。何気に “ステイル” が頑張っているのと “一方通行” の
心変わりを意思表示したところはそれぞれ応援したいところ。

それにしても “御坂美琴” は本編まるで見せ場なし、というところですか今のところ。
とりあえず “上条” さんをぶん殴る、という彼女の目標を達成する日はやってくるのか
という点も含めて引き続き彼らの物語がどう動くのか見届けたいと思います。

posted by 秋野ソラ at 00:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

『偽りのドラグーン(4)』

三上延 先生、椎名優 先生でお送りする学園ファンタジー第4巻。“ジャン” と
“ティアナ” の偽りが決定的な瞬間と共に交差し、物語が大きく動き始めます。

http://dengekibunko.dengeki.com/new/bunko1008.php#new11


ついにこの時が来たか、と。それもまとめて。しかもそのまま引かれてしまってもう
なんてこった、の一言。ただ、“ヴィクトル” の本心が開けっ広げになったことで
“ジャン” の進退、というよりは今後どこへ向かおうとするのかが注視すべき点です。

あと、この巻に関してはそちらのメインイベントを除くと今回のピンチを脱するために
影に日向にと尽力した “ニール” がほぼストーリーを掌握していた、と言えるかと。
“クリス” との少なからぬ縁もまた 「偽り」 に関して一石を投じていましたし。

そんな彼女が徐々に女性としての可愛らしさを垣間見せる機会が増えてきて、椎名 先生
への挿絵指定もあって嬉しい限りなのですが、お話的には大丈夫なのかと心配です。(^^ヾ
というところで次巻の刊行をお待ち申し上げる次第でございます。

posted by 秋野ソラ at 00:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

『煉獄姫』

『ルナティック・ムーン』 『レジンキャストミルク』 『アカイロ/ロマンス』 と 椋本夏夜 先生の
イラストが続いていたところから、kaya8 先生を新たなイラストレーターに迎えつつ送る
藤原祐 先生の新シリーズがスタートしております。

http://dengekibunko.dengeki.com/new/bunko1008.php#new12


まず、章立てが多いので見た目は短編形式のように感じるのでとてもテンポ良く
読めるのがまず好感触でした。・・・まさか第八章でそういう話の繋げ方をするとは
思ってなかったので思わず一度読み戻しましたけど。

それとキャラクター。“アルト” の純心さと無垢な感じ、無慈悲で残酷なところを
併せ持つところなんかはまさに 藤原 先生ならではという感じがしてこちらも好感が
持てました。・・・“フォグ” も大変でしょうね、ということで。

世界観も独特ですし、何より話回しとして秘密を提示するタイミングと、それを明かす
タイミングが絶妙で。これまた今後が楽しみな滑り出しではないかと感じました。
次巻以降の刊行に大いに期待できる、と言っても何ら問題はないでしょう。

posted by 秋野ソラ at 00:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2010年08月22日

「RG 1/1 GUNDAM PROJECT」

夏休みの思い出、ということで


  RG 1/1 GUNDAM PROJECT
             @模型の世界首都 静岡ホビーフェア内「RG1/1ガンダムゾーン」


を見に行った感想を綴りましたのでご連絡致します。

http://srnd.skr.jp/pc/


※写真のみ、の閲覧はこちら↓。

http://srnd.skr.jp/pc/sp/

posted by 秋野ソラ at 11:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年08月21日

『這いよれ! ニャル子さん(5)』

アニメイト限定版を出し、ドラマCDをリリースし、FLASHアニメを発表し、そして遂に
TVアニメに這いよることになった 逢空万太 先生の大人気シリーズ、5巻目の刊行です。
(イラスト:狐印 先生)

http://ga.sbcr.jp/novel/nyaruko/


“シャンタッ君” の愛玩動物化が進行しすぎて 「GAマガジン Vol.4」 では大変な
ことになっちゃってますが。“真尋” を起こそうとする姿とか、“シャンタッ君” と
してはそういう意識なんだなぁ、と思うと “真尋” も旗を立てすぎですね。

ツッコミの対象が増えて益々苦労する “真尋” と執拗にボケまくる “ニャル子” たちとの
掛け合いもさることながら、いつ何時に出てきた要素が伏線として返ってくるか、という
妙な緊張感がたまりません。今回も盛大にズッコケさせてもらいました。

にしても “ハス太” も仕込みが多くて “真尋” の貞操が危ない、って感じでしょうか。
今回ワリと 「スパロボ」 ネタが含まれていたように思いますが次はどんな話で我々を
楽しませてくれるのか、十二分に期待したいところです。

posted by 秋野ソラ at 00:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

『ふぁみまっ!(2)』

今回も表紙に使われている紙が特殊装丁で、鶴崎貴大 先生のイラストを雰囲気良く
出力できていると感じる 九辺ケンジ 先生の 「第2回GA文庫大賞」 奨励賞受賞作、
その続刊となります。

http://ga.sbcr.jp/novel/famima/


・・・何かこう、鶴崎 先生のイラストをひたすら愛でる1冊になっているような気も
しなくはないですね。“サブリナ” の言動とか相変わらず直球で「お兄ちゃんLOVE」
なのでそれはそれで可愛らしくて仕方が無いですし。

「GAマガジン Vol.4」 のアンソロジーも同じようなことが言える気もしますが。(w
そう言えばアンソロの 「パーティ×パーティ」 でも “いずな” さんの正体不明ぶりに
触れられていて目下の注目どころはそこだったり。

今巻はかなりコメディ寄りなお話でしたが、次巻予告ではまた少しシリアスな展開も
増えてくるのかな、ということで注目したいと思います。


#ちょっ、“木ノ下” さん・・・そのお姿は眼福すぎます。(w

posted by 秋野ソラ at 00:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

『月見月理解の探偵殺人(3)』

記憶に新しい所では 「ブラック★ロックシューター」 の原画を担当された mebae 先生を
イラスト担当に迎えて綴る 明月千里 先生のシリーズ最新作が刊行されております。

http://ga.sbcr.jp/novel/tukimiduki/


“理解” 付きの専属侍女である “水無月” の登場をきっかけに “月見月理解” という
少女の存在を掘り下げると共に、≪ゾディアック≫ という存在が如何に異常で特異なものか
という点を追求した感じになってますね。事件自体は大人しいほうだったかも。

いろいろな現実、というか事実を突きつけられた “初” がそれでも “理解” のことを
知ろうと歩み寄った結果、解決した事件からさらに別の視点が見えてくるあたりも中々。
mebae 先生の挿絵が二人の関係を絶妙に捉えていたと思います。

「探偵殺人ゲーム」 とはちょっと違った形で 「館モノ」 の話回しをしてきた3巻の
エピローグで “交喙” と “宮越” を交えた微笑ましい後日談の中からまた新たな
事件の火種が、ということで第4巻の刊行を待ち望むことに致します。

posted by 秋野ソラ at 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

『竜と勇者(あいつ)と可愛げのない私(2)』

志村一矢 先生が綴る、女の子の一人称語りが特徴の新感覚ファンタジー第2巻。
勇者=アホタレに婚約者登場で騒動必至の展開を楽しみに読ませて頂きました。
(イラスト/ぎん太 先生)

http://dengekibunko.dengeki.com/new/bunko1008.php#new7


“レックス” と “アンジュ” の間に割り込むように登場をした “ウェルチ”。
確かに “アンジュ” の存在を良く思わない立場からいろいろと諍いも絶えず、
それを元にスラップ・スティックな流れにもっていくのは順当かなぁ・・・。

などと思っていたら今回の騒動を引き起こしていた根本部分が明るみになった途端
それまでのほのぼのした雰囲気を一掃するかのような、涙を誘う事態にまで発展。
・・・2巻にしていきなり重いテーマが来ましたな、という予想外な展開でした。

次に目指す目的地が “レックス” たちの旅の目的のみならず、“トモエ” 誕生の
謎を探る目的とも繋がったり、はたまた見えなかった人間関係が垣間見えたり、と
次はどんな騒動に巻き込まれ、謎が明らかになるのか心密かに楽しみなところです。

posted by 秋野ソラ at 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

『さくら荘のペットな彼女(3)』

話によるとこれまでで25万部、という数字を叩き出しているらしい 鴨志田一 先生の
青春学園ラブコメディ最新巻。あまりに楽しみすぎて即、読了してしまいました。
(イラスト/溝口ケージ 先生)

http://dengekibunko.dengeki.com/new/bunko1008.php#new3


「銀河猫にゃぼろん」 は具現化すると面白そう。出し物としてはハードル激高ですが。


“ましろ” をイギリスへ連れ戻そうとする “リタ” の、「さくら荘」 の面々とはまた
違ったボケの噛まし具合に “空太” のツッコミ頻度も急上昇。その上、案外開き直って
一味違ったリアクションも取れるようになっていて掛け合いがより一層面白いものに。

また、“空太” たちに改めて “ましろ” が稀代の天才であることを見せつけたことで
「当たり前のこと」 が共有できないことの悲劇、苦悩をより鮮明なものとし、更にそれを
克服していく展開のさせ方は今までで一番印象に残るものであったと感じました。

印象に残る、と言えばもう1つ。何と言っても “龍之介” の存在を忘れてはいけません。
“空太” たちへのアシストもこれまで以上にこなし、変人ぶりもより一層顕示しながら、
更にはラストでおいしいところも持っていくという、ほぼ主役級のアピール度合いでした。

ラストと言えば、あの劇的なシーンによって “ましろ” の心境にも大きな変化が現れ、
この先まだまだ騒動必至、という感じで存分に楽しませてくれそうな予感十分です。
期待しつつ、続刊が刊行されるその時を待ちたいと思う次第であります。


#もう、何度読み返してみても面白くて仕方が無い。早くも秀作と断言できそう。
#個人的には “空太” と “優子” の掛け合いも凄く楽しみにしてます。(w

posted by 秋野ソラ at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2010年08月15日

「コミックマーケット78(2日目・3日目)」

諸事情ありましてまとめ書きとなりますが


  コミックマーケット78(2日目)@東京ビッグサイト
  コミックマーケット78(3日目)@東京ビッグサイト


の簡易レポートを上げましたのでご連絡致します。

http://srnd.skr.jp/pc/

posted by 秋野ソラ at 20:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年08月14日

『ソードアート・オンライン(5) ファントム・バレット』

デビューから1年半という期間の中で安定した刊行ペースを維持する 川原礫 先生。
電撃文庫からのリリース10冊目となるのは大人気シリーズ 「SAO」 第5巻となります。
(イラスト/abec 先生)

http://dengekibunko.dengeki.com/new/bunko1008.php#new2


・・・何と言いますか、abec 先生のイラストに心を撃ち抜かれたような気がします。(w


銃と鋼鉄のVRMMO、≪ガンゲイル・オンライン(GGO)≫ でも “キリト” さんの
何でもアリな振る舞いがたまりません。銃相手に真っ向から対峙していくその姿は
まさしく疾風迅雷。熱い戦いぶりに今回もまた魅了された形です。

≪GGO≫ と関わることになり、その世界の住人たる少女 “シノン” と出会ったのは
彼の持つ眼ゆえか、それとも彼の犯した逃れえぬ罪ゆえか。劇的で、そして重い展開に
本作の凄さを改めて見せ付けられたような気もします。

本来の目的である、仮想世界で撃たれたら現実世界でも死に至る ≪死銃≫ の謎も
そうですが、“アスナ” や “ユイ” は話に絡んでくるのか、“キリト” さんは今回も
旗を立てまくるのかなど、気になる点が満載で次巻の刊行が待ち遠しい限りです。

posted by 秋野ソラ at 03:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

『笑わない科学者と神解きの魔法使い』

「演劇企画ハッピー圏外」 の代表も務める 内堀優一 先生の化学反応ファンタジー。
第2巻の発売を心待ちにしながら、手にとって読ませていただいております。
(イラスト /百円ライター 先生)

http://www.hobbyjapan.co.jp/hjbunko/lineup1008.php#novel100805


  "Any sufficiently advanced technology is indistinguishable from magic."

「充分に発達した科学技術は、魔法と見分けが付かない」 とも訳されるクラークの三法則
の内の第三法則。持てる知識を総動員してそれを具現化し、魔法使いである “咲耶” を
驚嘆と羨望の眼差しで釘付けにする “耕介” が相変わらず格好良いです。

“磐長” や “沖島” 教授の言葉尻に隠された “咲耶” への想い、「時詠みの追難」 に
縛られた彼女を救いたいと願う気持ちを鋭い洞察で看破し、また一つ絶望を希望へと
昇華したところが彼のすごいところでもあるなぁ、と再認識させられます。

“沖島” 教授と相対した “倉光” 翁の思惑、そして垣間見える 「リニエッジ機関」 の影。
これは続きが気になる・・・・んですけど 「あとがき」 の書きっぷりがとても気になるところ。
ぜひとも出してほしいと思いますので 「HJ文庫」編集部 さん、よろしくお願いしますよ。


#どっちかと言われればネコミミかなぁ。(ぉぃ

posted by 秋野ソラ at 03:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

『東京皇帝☆北条恋歌(6)』

『10歳の保健体育』 で話題を攫った 竹井10日 先生の 『東京皇帝☆北条恋歌』。
「東京帝国独立キャンペーン」 を展開しつつ最新第6巻が刊行となっております。
(イラスト:要河オルカ 先生)

http://www.kadokawa.co.jp/lnovel/bk_detail.php?pcd=201004000207
http://www.kadokawa.co.jp/event/present.html#200811000521


・・・どことなく 『10歳の保健体育』 に引きずられた感がないわけでもない。(^^ヾ


“一斗” が記憶喪失になったことを申し訳なく思う気持ちを余所に、“恋歌” たちが
彼との関係を捏造して願望、というか欲望を満たさんとするドタバタなラブコメぶりは
相変わらず読んでいて楽しくて仕方がない。

記憶がなくなっても振り回され続けるその気質が実は封印せし幼少のみぎりに端を発する
ことだと分かったりだとか、いきなり表紙を奪ってヒロイン級に昇格した “東雲” さんと
限られた時間で心通わせる場を設けるなど真面目な話も織り込んでくるから油断大敵。

彼の苦悩を慮り影に日向にと見守ってきた “恋歌” と、それでも唯我独尊な自分に気付き
愕然とする “来珠”。ネガティブな思考が積もり積もってついに突拍子も無い宣言を出した
“来珠” をも唖然とさせる破天荒かつ不条理な事象の勃発に続きの展開が期待されます。

posted by 秋野ソラ at 03:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

『魔王城五限目』

田口仙年堂 先生が綴る、残酷な世界に抗う青年と子供達の、痛みと優しさの物語。
イラストレーターの交代、という止む無い事態を乗り越えついに終幕の時を迎えます。
(イラスト:鉄雄 先生)

http://www.enterbrain.co.jp/fb/pc/08shinkan/08shinkan.html#_06


そもそも 「魔人」 とは何なのか。「魔王」 や 「英雄」 とはどこから生まれたのか。


二十年前に起こった 「魔王戦争」 の真実が明らかになっていくにつれ、人の罪深さと
責任を果たす上で起きてしまった事象へのやるせなさが “エイゴ” たちに、そして
“ハイナート” の胸に去来します。もちろん、読み手にも伝わるものがありました。

それでも 「魔人」 と呼ばれ蔑まれてきた子供たちを救おうと立ち向かう “エイゴ”。
「英雄」 を神聖視するあまり、その事実が受け入れられず鬼神と化す “ハイナート”。
二人の自我が相対する王宮での一幕は熱く、胸に残るシーンであったと思います。

罪深きを認め、されど臆することなく未来へと進もうとする想い。これを体現せしめた
象徴とも言える存在が “アプリール” だったのではないかと読み返してみて思います。
最終的に大団円な形で幕を引いて下さったのでとても心地良い読了感でした。


そんな秀作を生み出してくれた 田口 先生と、この挿絵が無かったら手に取らなかった
かもしれないとも思える 鉄雄 先生、そして 朝未 先生に厚く御礼申し上げる次第です。
そして 田口 先生の既シリーズ刊行、新作の発表を楽しみに待たせてもらうことにします。

posted by 秋野ソラ at 03:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

『星図詠のリーナ(3)』

『桐野くんには彼女がいない!?』 の刊行を挟みつつ 川口士 先生が送るマッピング・
ファンタジー。惜しまれるところではありますが最終巻という位置付けとなります。
(絵 : 南野彼方 先生)

http://www.shop.ichijinsha.co.jp/book/booksearch/booksearch_detail.php?i=75804164


海図の知識を習得すべく 「ビクラード王国」 へと向かった “リーナ” たちの行動を
妨げる要因、祖国 「イーデン王国」 との確執からくる妨害を深慮遠謀ではねのける
“パルヴィ” の頼もしさが目を見張ります。

そんなゴタゴタの中で、“ダール” も “リーナ” へと向く意識を内心誤魔化しきれなく
なったり、“サラ” の思わぬ過去と資質が明らかになったり、“パルヴィ” の “リーナ” に
対するわだかまりの本質とそれの解けていく様子が垣間見えたり、と見所も多いです。

ニヴルと呼ばれる海の妖精 “ティファーネ” に導かれて出会った古き時代の白き竜
“ロヒカール” から語られた 「星図詠」 という存在、彼の願いである虚空での死が
意味するもの。それらがいかにも幻想的で素敵な情景を生み出してくれていました。


ラストもまぁ、前向きな終わり方をしてくれているのですが・・・・やっぱりここで終幕
というのが勿体無い気がしてなりません。とは言え、ひとまずここは 川口士 先生に
お疲れ様でした、のお声掛けと次作品への出会いを心待ちにすることと致します。

posted by 秋野ソラ at 03:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2010年08月13日

「コミックマーケット78(1日目)」

ということで恒例の


  コミックマーケット78(1日目)@東京ビッグサイト


簡易レポートを書いていますのでご連絡です。

http://srnd.skr.jp/pc/

posted by 秋野ソラ at 21:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年08月07日

『カンピオーネ!(7) 斉天大聖』

丈月城 先生が銘打つ 「東映まんが祭り的クロスオーバー」 な話の後半部であり、
ラブコメ的に確変状態へと突入する 「草薙護堂のターン」 な展開を見届けました。
(イラスト/シコルスキー 先生)

http://dash.shueisha.co.jp/-campione/#b07


“護堂” さんマジでハンパ無い。そして彼の所業が如何に凄いかを 丈月 先生による
文字の描写を元に、最終的に シコルスキー 先生のイラストへ至るまでどれだけ想像
できるか、という読み手の妄想力を今までで一番試されたような気がします。

・・・というか 「弟」 で来るとは。「決定的な仕事をやってのける。まさしく怪物」と
“リリアナ” が認めざるを得ないのも納得というか。知らぬのは本人ばかりなり、にも
ほどがあると思うんですが、まぁ、ぶっちゃけ面白いのでGO!GO!ってトコですね。

神と神殺し、カンピオーネとの闘いも形勢がひっくり返されての連続で、本作を単なる
ラブコメに留めない熱さが十二分に内包されていたと思います。ラストではまだまだ
見えざる敵の存在も見え隠れしていて、まさに先が楽しみと言うしかないでしょう。

posted by 秋野ソラ at 00:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

『迷い猫オーバーラン!(9) わたしがみんなに護られてるの♪』

TVアニメの放映も終了し、Blu-ray&DVDのリリースが続く 松智洋 先生、ぺこ 先生の
『迷い猫オーバーラン!』 原作第9巻。加速する恋の嵐を体感してきたところです。

http://dash.shueisha.co.jp/-mayoineko/#b09


“乙女” の求婚騒動で “巧” にも心境の変化が。その表れとして “心” と真摯に
向き合って誠実な回答を寄越してきた、と思っていますが。“千世” も偶然とは言え
キスしただけじゃ一歩リードにはならないんだゾ? 的な側面もあるかも知れません。

“巧” が成長していこうとやっきになっている描写の連続で思わずそういった展開も
考えましたけど、まぁ、何と言いますか、“乙女” さんは周りをよく見ちょる、という
ことで良いオブザーバーだなぁ、と感じたり。

それにしても “柴田” の立ち位置が明確になっていませんねぇ。この巻のあの流れ
からすれば何か仕掛けてきてもいいのでは、と思ったんですが。“千世” と “文乃”、
そして “希” の関係がどう変化するのかも含めて続きに期待、でしょうか。

posted by 秋野ソラ at 00:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル