2010年03月13日

『魔王城四限目』

イラストの 鉄雄 先生を迎えて再出発を果たした 田口仙年堂 先生の 『魔王城』 も
気が付けば4巻目、ということで今巻も楽しく拝読させてもらいました。

http://www.enterbrain.co.jp/fb/pc/08shinkan/08shinkan.html#_04


そそのかされたとは言いながらも、“アプリール” という少女が犯した過ちを、背負って
しまった罪をどう受け止めるか、どう対応していくかが焦点となる今巻。大人たちの中で、
そして子供たちの中で見えてくるそれらの違いが上手く描かれていたと思います。


    “ ── 見 つ け て し ま っ た 。 な ん と か す る 方 法 を 。 ”


どんな時代でも、どんな場所でもつきまとう 「正義とは何か?」 という疑問。そんな心が
芽生えゆく世界でも魔人と呼ばれ、忌避され、畏怖され、憎悪の念を向けられつつも生きて
いこうとする子供たちを守るべく “エイゴ” がとった方法は信義に溢れつつも物悲しくて。

周囲の環境に散々振り回されてきた “エイゴ” たちが 「ビエント王国」 の一員として在る
ために向けたくもない牙をむく、という何とも偽悪的な展開にますます目が離せなくなった
と言わざるを得ません。田口 先生が紡ぎだすその先に益々期待がかかるというものです。

posted by 秋野ソラ at 00:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

『バカとテストと召喚獣7.5』

性別が 「秀吉」 な人はさておき、ついに男性キャラが表紙を飾るという念願を果たした
井上堅二 先生の大人気シリーズも記念すべき10冊目、短編集の刊行に至っております。
(イラスト:葉賀ユイ 先生)

http://www.enterbrain.co.jp/fb/pc/08shinkan/08shinkan.html#_01


清楚可憐なイメージが失われまくっている “瑞希” さんにはいろいろと思うところが
あったり無かったり、というところですがそれは話の流れなんだからしょうがないので
ひとまずは置いといて。今巻も楽しく読ませていただきました。

「ダウト」をしたり、召喚獣を使って暴露大会をしたり、闇鍋をしたり、という中で
“明久” たちが時にバカ騒ぎを起こし、時に親交を深めていく状況下、ここにきて
“美波” が如何に努力家で、健気で、という一面が際立ってきたように思います。

次巻は “明久” と “瑞希” の同棲生活がスタート、ということで早くも波乱万丈の
予感がひしひしと伝わってくるのが楽しみなところ。引き続き刊行が待ち遠しい限りです。

#“ムッツリーニ” の女装も中々。流石は 葉賀ユイ 先生、いい仕事をされてます。(w

posted by 秋野ソラ at 00:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

『六畳間の侵略者!?(4)』

健速 先生、ポコ 先生がお送りする、六畳一間に身を寄せ合って和気藹々と占有権を
主張しあう一男五女のラブコメに何やら動きが・・・・と気になる第4巻の刊行です。

http://www.hobbyjapan.co.jp/hjbunko/lineup1003.php#novel100303
http://www.hobbyjapan.co.jp/hjbunko/6joma/


・・・って 「HJ文庫」 においてまだ企画が始まってないし。ちゃんと合わせましょうよ〜。
『百花繚乱』 がTVアニメ化する、ということですので「コミック化」あたりが妥当な線
ですかねぇ。こちらもアニメ化して何ら問題ないとは思いますけど。


話を戻しまして。本編は前巻の表紙にもありましたとおり “ティア” が中心となって
展開していきます。その流れの中で “孝太郎” に新たな可能性が見え始めて、更に
「青騎士」 という存在が他の世界へ名残を残している点あたりが今後注目すべき所かと。

本筋以外では、素直な気持ちが前面に押し出された感のある “早苗” が “孝太郎” に
甘えまくったり、カブトムシをトラウマにされた “ルース” がジェノサイド・モードに
突入するなどコメディな要素も上手く取り入れられており、面白さも相変わらずです。

次巻は “ゆりか” にスポットが当たるようですが、それ以前に今巻の引き具合には
刊行が待ち遠しいと思わせる内容が含まれていますので引き続き注視が必要かと。
間違いなく 「HJ文庫」 の中でお気に入りの作品となっていることは言うまでもありません。

posted by 秋野ソラ at 00:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

『デウス・レプリカ(3)』

にのまえあゆむ 先生の 「第3回 ノベルジャパン大賞」 佳作受賞作品。順調に刊行を
重ねて今回で3巻目となります。引き続き読ませていただいているところです。
(イラスト/をん 先生)

http://www.hobbyjapan.co.jp/hjbunko/lineup1003.php#novel100306


今巻では今まで名が挙がっていたにも関わらず出番の無かった “美弥子” や新たな
リメイン・シリーズ 「リメイン・タトゥ」、更に “映” と縁深い敵の登場と話が
また一歩、順序良く先に進んでいく感覚を味わいました。

そして “美鈴” や “悠” が 「リメイン・シリーズ」 と関わっていることが偶然
ではなく必然ではないかと、更にそれが大切に抱き続ける感情にも影響しているのでは
ないかという疑念が彼女たちに動揺を生み、窮地に立たされるワケですが──。

そこをどう切り返して丸く収め、気持ちに整理をつけるか、あるいはつけさせるか
というところにご注目、と言っておきましょう。それにしても “美鈴” と “悠” は
あそこまでやっておいていい加減くっつきませんかね。(^^;

posted by 秋野ソラ at 00:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

『SH@PPLE ─しゃっぷる─(8)』

ういらあくる 先生のコミックスとほぼ同時刊行となる、竹岡葉月 先生と よう太 先生の
大人気シリーズ第8巻は 「ドラゴンマガジン」 に掲載されていた短編を集めた内容+α
を中心にお送りしております。

http://www.kadokawa.co.jp/lnovel/bk_search.php?pcd=200912000113


「図書委員長、高天原りぼんの決断」 「戦慄の乙滅我!」 といった少々トンデモない話や
「ギブミー・プレゼント」 「日曜日のナイチンゲール」 といった “雪国” と “舞姫” の
過去が垣間見える話など千変万化な切り返しができるのもやはり本作の魅力かと。

そういった変化を見せつつ 「私たちの生徒会長」、そして 「午後の紅茶とマドレーヌ」 で
一気に現実に引き戻される感じでしたが次巻が最終巻、ということで何とも感慨深いところ。
嘘予告やショートコミックがもう見れなくなるのかと思うと少し寂しい限りですが。

何はともあれ、コミックス版とは違う落とし所として 竹岡葉月 先生が決めた着地点を
見定めるべく刊行を心待ちにしておきたいと思います。

posted by 秋野ソラ at 00:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル