2010年03月06日

『パパのいうことを聞きなさい!(2)』

第1巻が緊急増刷、ということでまずはおめでとうございます。・・・というかあの内容で
増刷が掛からないほうがどうかしていると思う 松智洋 先生、なかじまゆか 先生の
ドタバタアットホームラブコメ第2巻。早速、読ませて頂いております。

http://dash.shueisha.co.jp/_papa/#b02


・・・というかこの刊行ペースで〆切を維持するほうがムリと言うか。むしろここまで
実現されていることに対して敬意を表してもいい気がするのですがどうでしょうか。
『迷い猫オーバーラン!』 と交互に執筆、というのですからまた驚きですし。

それはさておき本編に目を向けてみれば今巻は “空” をメインとしたラブ寄りな
お話ということでまたまた楽しませてもらいました。内弁慶なだけ、という要素が
彼女の魅力をまた一つ押し上げていたように思います。

楽しませてもらった、と言えば表紙、口絵、挿絵、「とらのあな」で頂戴した小冊子&
イラストカードと なかじまゆか 先生のイラストがまたステキで。松 先生が絶賛される
のも大いにうなずけるというものです。

『迷い猫オーバーラン!』 と共に刊行が楽しみなタイトルであることは相変わらず、です。

posted by 秋野ソラ at 11:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

『ダブルクロス The 3rd Edition リプレイ・デザイア(1) 星影の魔都』

過去にプレイヤーとして参加した経験もある 加納正顕 先生/F.E.A.R. が挑む
『ダブルクロス The 3rd Edition』 のリプレイ、ということで期待を胸に拝読しました。
(イラスト:片桐いくみ 先生)

http://www.kadokawa.co.jp/lnovel/bk_detail.php?pcd=200909000567


  加納 : 助けてドラ●もん! ジャイ●ンが無茶振りを!
  三田誠(以下、三田) : 誰がドラ●もんやねん!(笑)
  合鴨ひろゆき(以下、合鴨) : (ってことはジャイ●ンは・・・・・・)。


(大笑)。何気ない一言で決まった 『PCが全員「FH」』 という方針を実現するプレイヤー
として選ばれた 三田 先生、合鴨 先生を迎えるともなれば記憶に新しい、あの超絶面白い
『神曲奏界ポリフォニカRPGリプレイ』 の再来か! ということでいきなり期待度MAX。

そこに 『THE IDOLM@STER』 の “秋月律子” 役としても知られる声優の 若林直美 さん
が参戦。最近は仕事の都合などにより離れてはいるものの、元々TRPGへの造詣が深い
ということで演技のみならず提示される名アイデアの数々、と何ら不安要素のない形に。

他にもアイロニックなダーグヒーローを演じきる 矢野俊策 先生、最強であることに
こだわり続ける 三田 先生、止む無く悪役であることに徹さざるをえない少女を好演する
合鴨 先生と枚挙に暇が無いほど見どころ満載。

コレはぜひ読んでご確認を、ということでこれ以上は喋らないことに致します。(w

posted by 秋野ソラ at 11:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

『デモンパラサイト・リプレイ 極道★キラリ(3)』

藤澤さなえ 先生/グループSNE がテストプレイで心から実感した面白さを胸に
「ソード・ワールドRPG」 以外のGMを初めて務めた 「デモンパ」 リプレイ。
巻田佳春 先生のイラストと共にお送りしてきた本作もいよいよ最終巻を迎えます。

http://www.kadokawa.co.jp/lnovel/bk_detail.php?pcd=200909000287


  藤澤 : (データを見て)ほほぅ。これはなかなか強いですねぇ。
  力造&片山 : 大丈夫、桜川らいかも強いんで。
  藤澤 : まったくですねー。これでいい勝負ができそう☆ ありがとうございます!


と臨んだセッションがあんなことになるとは。藤澤 GMはご自身が思われている以上に
ダイスの神様に見守られていることをさぞかし実感されたのではないかと拝察します。

他にも 藤澤 GMの予測を超えた展開の数々で一時はどうなることかと読み進めていく中で
思いましたが、最後は “らいか” が主役を喰うほどの活躍とロールプレイで纏めてくれた
ような気がします。・・・というか “輝” が別な意味でオイシイ感じでした。(w

ともあれプレイヤー諸氏の好演もさることながら、本作を面白くしてくれたのはやはり
「デモンパ」 がホントに好きなんだなぁ、と感じさせてくれる 藤澤 GMのマスタリングの
賜物かと思います。藤澤 先生に、また楽しめる作品を上梓されることを願っておきます。


#口絵がここぞとばかりにエロく攻めてきてるなぁ。流石は 巻田佳春 先生と言うべきか。

posted by 秋野ソラ at 11:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

『モンスター・コレクション 烙印ゼミナール(1)』

  原案 : 安田均
  著 : 大井雄紀
  イラスト : 7010

以上敬称略なメンバーで綴る 「六芒世界」 という新たな 「モンコレ」 の世界観を
題材とした学園アクションストーリー、ということで読ませて頂いております。

http://www.kadokawa.co.jp/lnovel/bk_detail.php?pcd=200911000043


同じ 「グループSNE」 所属の 河野裕 先生に続いてこれまた面白い作品を書く
作家さんが出てきたなぁ、というのがまず率直な感想。流石は 安田均 御大、
良い人材をお抱えのようで。

読み進めていく中で、大井 先生自身が仰られている 「モンコレ」 への想いというか
愛というか、そういったものを感じる設定の活かし方とか世界観とかに魅力を感じる
話の流れであったかと思います。“ルファ” がいじらしくてイイですね。

変質自在な “パッフェル”の右手、“アッシュ”の体の隅々に染まった烙印の魔力、
七星魔道師との魂の触れ合いの中で “ルファ” が知った真実の欠片、“レム” の思惑
など数々の伏線が今後の展開をより楽しいものにしていってくれると信じてます。

大井 先生なりの 「モンコレ」 を生み出す力、多いなる勇気に期待させてもらいます。

posted by 秋野ソラ at 11:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

『りてらりっ 〜深風高校文芸部〜』

まぁ、「このラノ」 に 「著者ランキング」 という部門は設けられていないのですが
兎に角、杉井光 先生ご推薦となる 鯨晴久 先生の新作、読ませて頂いております。
(絵 : 剣康之 先生)

http://www.shop.ichijinsha.co.jp/book/booksearch/booksearch_detail.php?i=75804130
http://www.ichijinsha.co.jp/novel/special/konoranoberu2010/


5インチのフロッピーディスクは使ってたんですけどね、ってそれはさておいて。

ここでまさかの「特殊菊正宗理論」! 鯨 先生、魅せてくれますね〜。他にも色々と
読んでいて 「これはッ!」 と思う所があるので読んでいてとても面白かったです。
剣 先生のイラストがまた作品の雰囲気をバッチリ掴んでいて読みやすいのも Good!

・・・ついつい 『魂☆姫』 もあわせて読みたくなるのは気のせいでしょうか。(w

単に 「サブカル」 的な要素だけでなくて文芸作家を目指す “沙織” というキャラを
持ち込んだことで純文学の要素も盛り込んだところが新鮮に映りました。テーマが混在
していても話としてしっかり纏まっているのが流石かと。文芸部内の雰囲気も良いですし。

試金石が多い「一迅社文庫」の中でもオススメしていいタイトルの一つかと思った次第です。

posted by 秋野ソラ at 11:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル