2009年11月08日

『とある魔術の禁書目録(5)』 『とある科学の禁書目録外伝 とある科学の超電磁砲(4)[特装版]』

原作は 鎌池和馬 先生、キャラクターデザインは 灰村キヨタカ 先生でお送りする
『とある魔術の禁書目録』 の原作ベースのコミカライズ(担当:近木野中哉 先生)と
外伝コミックス(担当:冬月基 先生)の最新刊がほぼ同時刊行となっております。

http://gangan.square-enix.co.jp/comics/
http://dc.dengeki.com/


近木野中哉 先生の描く 『〜禁書目録』 本編は、“御坂美琴” とのやりとりも
見ていて楽しい、緊迫しつつもどこかほのぼのとした “上条当麻” の夏休み最終日が
描写されています。“インデックス” も出番多めです。(w

ちなみに、『とある魔術の禁書目録コミックガイド(5.5)』 も購入しています。
各作家さん方のインタビューや「禁書さん2」も読めて面白かったです。
折角なので「QUOカード」のプレゼントに応募しておきます。


=============================================================

冬月基 先生が描く 『〜外伝』 は “御坂美琴”、「妹達(シスターズ)」、そして
“一方通行(アクセラレータ)”、これらの存在が1つに繋がるまでの過程が描写
されています。“御坂美琴” と “ミサカ” とのやりとりは特に面白かったです。

「無い」 と思っていたものが 「有る」 と知ったときの落胆、そして目の前で
現実を突きつけられたときの失望と怒気が絶妙に表現できていると思います。
どちらのコミカライズも引き続き絶賛オススメできる内容と言えましょう。


こちらの巻末には特装版などに付いている「根付ストラップ」のデザインを
担当されている えれっと 先生と同人誌 「いちゃレー」 と言えばこの方、
「NtyPe」の 溝口ケージ 先生との合作イラスト寄稿があります。

更にアニメスタッフから 長井龍雪 監督とキャラターデザインの 田中雄一 氏が
メッセージを寄せています。カバー裏と共に必見です。(w

 
#・・・「シスターズ・プリンセス編」に突入してもらうのもアリだなぁ。(w

posted by 秋野ソラ at 23:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | コミックス

『薬師寺涼子の怪奇事件簿 霧の訪問者(上)』

田中芳樹 先生の人気作 『薬師寺涼子の怪奇事件簿』 の挿絵担当でもある
垣野内成美 先生自らがコミカライズする本作。掲載誌を「アフタヌーン」に
移してから初となるコミックス刊行です。

http://kc.kodansha.co.jp/content/top.php/1000001681


巻末に 田中芳樹 先生と 垣野内成美 先生の対談が掲載されていて、その中でも
触れられていますが、あの場面で突然 『午後三時の魔法』 のカットインは正直
ビビりました。リアルタイムで雑誌掲載のを読ませて頂いてただけに。(^^;

・・・って、もう15年以上も前の話ですか。言われてみれば確かにそうですね。

『〜霧の訪問者』 は特に “泉田” 警部補が災難に見舞われる&いつも通り
気苦労が絶えない様子が堪能できるお話です。それを 垣野内成美 先生が漫画に
落とし込んでくれるのですから面白くないワケが無い。下巻刊行も楽しみです。

posted by 秋野ソラ at 23:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | コミックス

『凛 〜COCORO NAVI Another View〜』

『こころナビ』((c) Q-X) に登場するキャラクター “今関凛子” にスポットを当てて
しんやそうきち 先生がコミカライズした作品となります。

http://www.comicyell.com/comics/product_info/rin.html


ハイ、ということで当然の如く原作は未プレイですが、“凛子” の素直じゃない
性格だとか、本当は可愛らしいんだゾ、というところが読んでいくうちに伝わってきて
読了感が良かったと思います。

まぁ、特化してしまったので他のキャラが描けなかった点は心残りかとは思いますが
私個人としては良いコミカライズだと感じました。実際にプレイされた方からすれば
また印象は変わるのかと思いますが。

感想については「幻月のパンドオラ」プレゼントに応募する際、合わせて一筆入れました。

posted by 秋野ソラ at 23:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | コミックス

『ラブフェロモンNo.5(1)』

店頭で見かけたときに、「これは 『30GIRL.COM』 の 岩崎つばさ 先生だよなぁ」 と
思わず手に取った1冊です。

http://www.futabasha.co.jp/booksdb/book/bookview/978-4-575-94248-4.html


うわぁ、超テンション高い。こんな勢いを感じるのは久しぶりですわ。(w

特殊な匂いフェチの “かをり” にまとわりつかれて、トラブルに巻き込まれてと
迷惑極まりない状況に置かれた “香菜” が 「イヤよイヤよも好きのうち」 と
それに慣れていく様子が良いですね。

『30GIRL.COM』 の時にも感じましたけど、岩崎つばさ 先生の絵は好きかも知れない。
そして「ケータイまんがタウン」で連載されている、ということで色々とフリーダム
なのが良い効果を生んでいる気もします。

posted by 秋野ソラ at 23:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | コミックス

『beatmania IIDX VISUAL EMOTIONS 8』

コンシューマ版 『beatmania IIDX』 が発売されるときの楽しみの一つである
「VISUAL EMOTIONS」 も通して観てますけれども、これで8枚目ですか。
・・・随分と溜まってきたものだと思わざるを得ない今日この頃です。(^^ヾ

http://www.konamistyle.jp/ecitem/item59168.html


『THE EARTH LIGHT』 などちょっと古めの曲も一緒に収録されていますので
映像のクオリティが上がって洗練されている様子が見て取れるのも一つの歴史かと。

実際にプレイしている最中はじっくり確認している余裕なんてありませんので
こうして改めて眺めてみて 「こんな細かいネタ仕込んでたんだ〜」 とか気付けるのも
『VISUAL EMOTIONS』 の醍醐味ではないかと思います。

・・・今回の収録曲は実はそんなに目玉がと言えるモノが無いような気もしなくはない
ところですが、『GOLD RUSH』 とか 『So Fabulous』 とか 『the shadow』 とか、
「上手いなぁ」「観てて飽きないなぁ」 などと思える映像ばかりなのもまた事実。

少なくとも買って損をしたと思うことはありません。決して。

posted by 秋野ソラ at 23:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | DVD・BD