2009年06月13日

『ソード・ワールド2.0 剣をつぐもの(1)』

「ソード・ワールド2.0」を基調としたノベルが満を持してついに登場。
お送りするのは 北沢慶 先生、そしてイラスト担当の bob 先生であります。

http://www.kadokawa.co.jp/lnovel/bk_search.php?pcd=200811000018


キャラクターをデータから起こして、実際にプレイした内容をアレンジして執筆する、
というスタイルは『ロードス島戦記』を思い起こします。データは巻末に掲載されて
いますが、ストーリーを読み終えた後に見ると「なるほど」と感じる点が多々あります。

#レベル9のキャラがいるパーティに対する敵の配分を考えるのって難しそう・・・。

新しい世界「ラクシア」における冒険者の姿が、魔動機師の “アレク” やザイアの神官
“リリアンナ”、穢れ持ちの “ダリウス”、タビットの “ヴラド” の言動などを通じて
描かれています。

そんな彼らが巻き込まれる、「ラクシア」では看過できない存在である「蛮族」の陰謀。
偶然知ってしまった彼らがとった策と辿り着いた結末、そして背負った宿命──。
まさに剣と魔法の王道ファンタジー、ということで楽しませてもらいました。


『たのだん』のキネティックノベル化に続いて「ニンテンドーDS」でのゲーム化と
とどまることのない勢いをみせる「SW2.0」。リプレイだけでなくノベルでも楽しませて
くれそうだ、ということが確認できて一読者としても嬉しい限りです。期待してます。

posted by 秋野ソラ at 00:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

『アリアンロッド・サガ・リプレイ・アクロス(2) 狼の魂、竜の光』

久保田悠羅 先生/F.E.A.R. が担う一大叙事詩『アリアンロッド・サガ』の一角
『〜リプレイ・アクロス』が、巡り巡って第2巻の刊行を迎えております。
(イラストの担当は 植田亮 先生)

http://www.kadokawa.co.jp/lnovel/bk_search.php?pcd=200812000054


・・・まぁ、ドロップ品は大事ですよね、確かに。(w


“カテナ” 元隊長がいない今、矢薙直樹 さんの演じる “ユンガー” が隊長となった
新生「金色の狼」。“ミリア” からの依頼をもとに街からの脱出する彼らの行く手を阻む
「バルムンク」は 菊池たけし 先生が演じる “ツヴァイ” の出生の秘密が絡み──。

と様々な人が、勢力が、そして思惑が交錯する今回のキャンペーンのMVPはなんと言っても
「炎の申し子」の二つ名を得た、吉村清子 先生の演じる “エルザ” かと。戦闘の鍵を
握る火力の魔法攻撃や各種スキル、そして時に容赦の無い英断の数々。(w

DMである ゆーら 先生の意表をも突く彼女の活躍ぶりはご一読頂ければ分かります。
・・・ゆーら 先生の狼狽ぶりも合わせてお楽しみいただけること受けあいです。保証します。


一段落した後でそれぞれの想いを胸に隊を離れる “ユンガー” たちが「必ず戻ってくる」
という約束の下、再び集った彼らが紡ぎだす新たな物語に目が離せないところです。

posted by 秋野ソラ at 00:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

『ふおんコネクト!(3)』

読めば読むほどクセになる、ということで私もハマっております ざら 先生の
『ふおんコネクト!』第3巻。店頭での平積みを見かけて速攻でゲットです。

http://www.dokidokivisual.com/comics/book/index.php?cid=299


・・・口絵カラーのトレカ、良く出来てるなぁ(w。他作品のも上手く特徴掴んでるし。


100面体のダイスって昔、ウチにもあったんですよ。他にもいろいろ持ってましたけど
今は家捜ししても出てくるかなぁ・・・。まぁ、用途は限定的ですが、仮に無くても
10面体ダイス2個で代用はできますし。

と、話が逸れましたが「TRPGで補習」というのがなんだか羨ましくって。(w
局所的な知識の幅広さにも驚かされますが、他人の画風に合わせて自身の絵の
テイストも調整できる ざら 先生の4コマまんが、今巻も素晴らしい内容でした。

“ふおん” と “交流”、二人が腐れ縁であるところの起源であるとか、“交流” の
完璧超人でない一面であるとか、面白くもあり、微笑ましくもある場面を垣間見る
ことができて良かったです。次巻は・・・・まだまだ先の話ですけど楽しみにしてます。

posted by 秋野ソラ at 00:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | コミックス

『鉄球王エミリー 鉄球姫エミリー(5)』

八薙玉造 先生がお送りする「第6回スーパーダッシュ小説新人賞大賞」受賞シリーズ、
この第5巻をもって完結と相成りました。(イラストは 瀬之本久史 先生)

http://dash.shueisha.co.jp/-emily/#b05


遥か高みに君臨する「血風姫」 “ヴィルヘルミーネ” へ果敢に挑む「鉄球王」 “エミリー”。
二人の闘いのキー・パーソンとなったのはやはり、女王教育に目覚めた “グレン” でした。

こうして振り返ってみると、何度と無く押し寄せる悲運に翻弄されながらも歯を食いしばり、
顔を上げ、ただひたすらに未来へ向かおうとする “エミリー” の英雄譚であると同時に、
彼女に「盾」と呼ばれるまで成長した “グレン” の叙事詩でもあったな、と感じます。

数々の修羅場をかいくぐってきた “エミリー” が、最後の最後まで「らしい」言動に
満ち溢れているのも今や “グレン” あってこそ。すべてが丸く収まったワケではないですが
そんな気にさせてくれる結末に心が温かくなる想いです。


ということで、八薙 先生には無事完結を迎えられたことにお喜びを申し上げつつ、
次回作の刊行を楽しみにさせていただく所存です。

posted by 秋野ソラ at 00:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

『くじびき勇者さま 10番札 誰が神の御使いよ!?』

清水文化 先生、牛木義隆 先生でお送りする『くじびき勇者さま』シリーズも10巻目。
東大陸の大元帥に上り詰めてしまった “メイベル” が西大陸へと大遠征を開始します。

http://www.hobbyjapan.co.jp/hjbunko/lineup0906.php#novel090604


ついに両家族公認の仲(笑)となった “メイベル” ですが、当事者である “ナバル” には
一向にその気配がありません。・・・実家で「嫁を連れてきた」と騒がれてもすぐに
火消しに回るくらいですし。“メイベル” は随分とアタックかけてると思うんですがね。

#というか “ナバル”、商品扱いされてるし。(^^;

“メイベル” の発明から端を発したと言ってもいい技術革新の波はついに電子計算機や
音速飛行機の誕生へと繋がってきました。ファンタジー作品という枠の中にちりばめられた
理系要素も多岐に渡り、進化を続けております。語られるうんちくの数々がまた楽しくて。

#“メイベル” 以外にも博識なキャラが増えましたし。

西大陸のドラゴンたちと交戦を重ねるにつれ、西側の体制も一枚岩ではないことに気付き
反皇帝勢力との講和に成功した “メイベル”。「神の御使い」とも、ついには「新皇帝」とも
称されるようになってしまった彼女にまたまた “ビーズマス” 卿の奸策が迫る──。

次巻は彼女の暗殺劇か、はたまた・・・・ということで引き続き期待しておきます。

posted by 秋野ソラ at 00:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル