2009年02月14日

『イスカリオテ』

『レンタルマギカ』などで知られる 三田誠 先生の新シリーズ。岸和田ロビン 先生を
イラストに迎えた「人間をただの奇蹟に貶める回路」、断罪衣(イスカリオテ)に纏わる
アクションストーリーの始まりです。

http://dengekibunko.dengeki.com/new/bunko0811.php#new12


・・・ようやく「積ん読」を崩して辿り着き、読破しましたがキャラクターにしろ、
背景にしろ、そして「断罪衣(イスカリオテ)」にしろ、設定がしっかりしていて
驚きました。「なんで読むの後回しにしてたんだ」と自責の念が絶えません。(^^ヾ

“久瀬諌也” を演じることになった “久瀬イザヤ” という名前への引っ掛け方も
その各々の存在に対する皮肉、それこそ ironic な意味合いが上手く絡まっていて
流石だなぁ、と思いました。

この読了感を上手く言葉で表現しきれないのが自分としてももどかしい限りですが
宗教の概念とか聖人の奇蹟といった要素に興味がない方にもオススメできる物語だと
思います。“久瀬イザヤ” が過ごす一年がどうなっていくのか、楽しみにしておきます。

posted by 秋野ソラ at 00:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

『アカイロ/ロマンス(2) 少女の恋、少女の病』

藤原祐 先生、椋本夏夜 先生の二人三脚でお送りする新シリーズの第2巻です。
ようやく感想を書くタイミングをとることができました。(^^;

http://dengekibunko.dengeki.com/new/bunko0812.php#new7


表紙、ならびに口絵コミックにも登場しております今巻の新キャラクター “型羽” が
持つ徹頭徹尾な「猜疑心」に縛られた生き方。一見、不思議にしか思えない彼女の言動も
その意味を知ると一気に深みが増します。とてつもない設定だと思います。

“吉乃” の想いに改めて気が付いた、というか気が付かされた “枯葉” との共闘。
その戦いにおいてついに日の目を見せた鈴鹿一族の宝刀、空を舞う剣「つうれん」。
・・・いろんな意味で驚愕の念を隠しきれない展開の連続でした。楽しませてもらいました。

彼女に戦う力を奮い起こした “景介” も 「婿候補」 であることの覚悟は決めた様子。
そんな彼にご執心な “秋津依紗子” という存在の稀有さ。それに気付いた彼はどう反応
するのか、まだまだ先が気になるシリーズです。引き続き注視したいと思います。

posted by 秋野ソラ at 00:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル