2008年03月31日

『さよならピアノソナタ(2)』

杉井光 先生と 植田亮 先生による一風変わったバンドメンバー女3人男1人の

ボーイミーツガール・ストーリー、その第2巻にあたります。

http://www.dengekiya.com/ditails.asp?prdid=A0800730


面白いマンガなんかではよく、一度読んでいて内容は分かってるハズなのに

ついつい繰り返し読んでしまうということがありますが、今巻でそれがありました。

ライトノベルは時間的にみても再読するのは敬遠しがちなんですけど。

“神楽坂響子” という少女が持つ行動力の裏側、“相沢千晶” という少女の抱える

幾重にも降り積もるかのような想い、“蛯沢真冬” という少女自身にも掴みきれない

気持ち、そして “桧川直巳” という少年の罪深いまでの鈍感さ──。

四者四様の思惑が絡まって、空回って生まれる理解と誤解。これは中々の秀作になる

予感がしますよ。とりあえず余力があったら読んでおくことをオススメしたいです。

・・・次の電撃文庫フェアか何かがあったらコミカライズも推奨しておきたいところです。


なお、杉井光 先生の Blog にネタバレ全開の曲目解説が記載されていますので

読了された後に覗いておくと、作品に対する理解が深まることうけあいです。

◆さよならピアノソナタ2・曲目紹介

http://blog.livedoor.jp/hikarus225/archives/51047100.html

◆さよならピアノソナタ・曲目紹介

http://blog.livedoor.jp/hikarus225/archives/50993234.html

posted by 秋野ソラ at 18:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2008年03月27日

『待ってて、藤森くん!(4)』

「約束だよ。10年後にもう一度 ──」

そんな他愛のない、それでいてとても大切な、子どもの頃の約束から始まった

壱乗寺かるた 先生(イラスト:カントク 先生)の学園メモリアルラブコメも

今巻が最終巻となりました。

http://www.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pcd=200710000300


前巻で突然話がズレて少々困惑しましたが、まぁ、結論としては落ち着くべきところに

落ち着いた、と言ってよいのではないでしょうか。・・・もう片方の道を選んでしまうと

富士見書房 じゃなくて 富士美出版 とかの出番になりそうですし。(ぇ

作品の世界観を構成するにあたって、カントク 先生のイラストによるところが

大きかった、ということも言及しておいて問題ないかと思います。「落ち影」を

意識して描くようにしている、という氏ならではの絵はインパクトがありますし。

微妙に「引き」を残しながらのラストは気になるところではあります。特に、かの

“真行寺遼一” という男の存在、その経緯については。余力か勢いがあれば

番外でも用意してくるんじゃないかと勘繰るのは野暮ってもんですかね。

posted by 秋野ソラ at 18:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2008年03月26日

『はなまる幼稚園(3)』

「ヤングガンガン」(スクウェアエニックス 刊)にて好評連載中の、勇人 先生が描く

なごみ系コメディー最新刊です。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4757522258?ie=UTF8&tag=semb-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4757522258


“山本 先生” が、何と言いますか、ある意味 「魔性の女」 なんですよねぇ。

あんな人が実際に居たらまさに天使級ですけど。まぁ、見てて「なごむ」のは

全く否定する要素がありません。そのへん、アンケートハガキにも書きましたが。

そんな彼女に、酒の勢いとはいえ告白した “つっちー” ですが、結果は・・・と

いうことで “花丸 先生” 共々頑張って欲しいものです、と他人事な感じで

応援してみたり。・・・全く、あの姉妹は。(w

「幼稚園戦士 はなまるガールズ」 もナニゲに楽しみにしていたりするので

機会があれば1本、枠を設けてスピンオフさせてみて欲しいなぁ〜、などと

ヤングガンガン編集部 様にお願いしてみたりなんかしちゃったりして。

posted by 秋野ソラ at 18:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | コミックス

2008年03月25日

『SHI-NO ─シノ─ 夢の最果て』

たぶん、「富士見ミステリー文庫」というレーベルの中でかなり「ミステリー」らしいと

言えるであろう、上月雨音 先生(イラスト:東条さかな 先生)の『SHI-NO ─シノ─』

シリーズ。最新の第7巻です。

http://www.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pcd=200710000299


「“鴻池キララ”、一歩前へ──」、そんなフレーズが思い浮かびそうな話の流れに

ちょっとビックリしました。なんで警察関係との繋がりがあるのか、とかキャラクターの

内面に一歩踏み込んだ話も出てきましたので中々興味深いところではあります。

少しずつ、ほんの少しずつではありますがその姿・・・ここで指すのは内面的なもの・・・を

変えていく “志乃” という存在。それが “真白” の示唆する「最悪」「凶悪」なものに

なるのではないかという不安。

・・・いつか何かのキッカケで、それは大切な「何か」を護るためと推察されますが、彼女が

変わったとしても主人公である “僕” は彼女の隣に居るに足る存在となれるのか、

佳境に向けて話の続きが待ち遠しい限りです。


それにしても、東条さかな 先生の 「絵描き後書き」 のイラストは反則的に可愛いですね。

ぜひこういった路線ではっちゃけて、突き抜けていって欲しいものだと、編集部、担当さん

合わせて切に願う次第です。

posted by 秋野ソラ at 18:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2008年03月24日

『とらドラ!(1)』

竹宮ゆゆこ 先生 × ヤス 先生のコンビで絶好調な展開を続けるシリーズの

コミカライズ版がコミック第1巻の刊行です。担当は 絶叫 先生です。

http://www.dengekiya.com/ditails.asp?prdid=B0800540


いやぁ、原作の雰囲気とかしっかり掴んで、ちゃんと自分のモノにしてから

描いてる、っていう感じがしますね、読んでいて。アンケート・ハガキにも

書いたんですけど、「絶叫 先生、最高!」です。

文字を追うのが苦手だけど『とらドラ!』の内容は押さえておきたい、という方には

まさにもってこいの仕上がりだと思います。まずは読んでおけ、って感じです。

編集さん泣かせの殺人的スケジュールで出来た小冊子も8Pながら中々良い内容かと。

“やっちゃん” の一日が分かる巻末まんが、カバーをめくった先にあるオマケと

いろんなところでサービス満点な出だしの第1巻でしたが、それらを抜きにしても

次巻以降が楽しみなシリーズであることは言うまでもありません。

posted by 秋野ソラ at 18:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | コミックス

2008年03月21日

『トリコロ MW-1056(1) 特装版』

芳文社からメディアワークスへと掲載誌が変更となりました 海藍 先生の代表作

『トリコロ』 が満を持しての移籍後初コミック刊行、しかも特装版での登場です。

http://www.dengekiya.com/ditails.asp?prdid=A0800420


「4コマまんが」 というジャンルに改めて目を向けるキッカケとなったのが

海藍 先生の 『トリコロ』 でしたので、本当に心待ちにしてましたよ、発売日を。

初めて 「4コマまんが」 のコミックスを手に取ったのは確か 植田まさし 先生の

『かりあげクン』 とかだったと思うんですけど、小学生の頃の。・・・何でそんな

幼少の時代にオトナのコミックに手を出していたのかは私自身にもナゾですが。


まぁ、そんな話は置いといて。

“七瀬八重” の際限ない幸運ぶり、続く体だけの高年齢化。(w

“青野真紀子” の冴え渡るツッコミぶり、止まらない体重増加。(w

“由崎多汰美” の対照的なボケっぷり、写らない耳と明らかに怪しい実家。(w

“潦景子” の加速するストーカーぶり、セレブなのに意識は一般人寄りなところ。(w

コレに “八重” の母親である “七瀬幸江” と “景子” の母親である “潦和弥” が

加わって絶妙なテンポで織り成すお話の数々は以前よりもさらに磨きが掛かった面白さ。

間違いなく傑作であるとオススメできる作品でしょう。

さらに「振り返ることの危うさ大切さ」とありますとおり、まさしく「人に歴史あり」と

感じずにはいられない 全162ページ の豪華冊子「稀刊ツエルブ」もファンであれば

押さえておいて損は無いでしょう。・・・いろんなもん描いてるなぁ、と思うこと必然です。


個人的には “八重” が飛行船を見に奔走するエピソードが一番良かったと思っています。

特に実際の飛行船を描かずに、飛行船を見た “八重” の感動した様子を描くところが。

表紙をめくったときに見えるあのイラストと共に 「上手い魅せ方」 だな、と感じました。

次回の刊行までにはまたかなりの時間が空くと思いますが、出たときには間違いなく

押さえておきたい一品であることは言うまでもありません。海藍 先生の今後のご活躍には

これからも期待したいところです。


#・・・ “ななせ” の知能指数はどんだけ高いのかと。(w

posted by 秋野ソラ at 18:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | コミックス

2008年03月19日

『ひだまりスケッチ(3)』

TBS・BS-iにて7月より放送予定の 『ひだまりスケッチ365』 が待ち遠しい、

蒼樹うめ 先生の原作コミック 『ひだまりスケッチ』 最新刊です。

http://www.dokidokivisual.com/comics/book/index.php?cid=188

http://www.tbs.co.jp/anime/hidamari/


・・・流石にサイン会のためだけに神戸まで行くことはできませんでしたね。

電話予約もできなかったですし。過去に名古屋へは行ったんですけどね。(w

http://www7.plala.or.jp/akibeya/D/2007_03.html#2007-03-31


まぁ、それはさておき。

アニメ第二期が決まったときは素直に嬉しく思いましたね。最近のアニメ化の

傾向としては「1回(1クール)やってみてウケが良かったら続きを」という

より安定した「商品」戦略が押し出されて来てますので、上手く波に乗れた感じで。

#・・・乱発して質の悪い作品を作られるよりはマシでしょう。


“ゆの” の両親来訪。闖入“猫” と “宮子”。“ヒロ” と “沙英” の痴話喧嘩。

・・・などなど、読んでいて楽しくなるエピソードが満載な4コマまんがの数々は

うめ 先生ならでは、というところでしょうか。

それにしても “吉野屋 先生” がますますぶっ飛んだキャラでステキな具合に。

「敏感なスイートハート」って(w。実際にあってもおかしくないネタですね。

本編もそうですがカバーをめくった表紙にも注目です。(w

posted by 秋野ソラ at 18:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | コミックス

2008年03月18日

『夏目友人帳(5)』

緑川ゆき 先生がお送りする、妖怪が視える少年と祖母の遺品にまつわる奇譚を綴った

「LaLa」「Lala DX」にて好評連載中の作品も5巻目を迎えます。

http://www.s-book.com/plsql/com2_detail?isbn=9784592184485

http://www.natsume-anime.jp/


まずは「2008年アニメ化決定!」ということでお喜び申し上げる次第です。

上がってきている資料を見る限りでは 緑川ゆき 先生のデザインに合わせた

仕上がりになっているようで。期待が持てそうな感じが良いです。

妖(あやかし)を見聞きすることが出来る、そのせいで虐げられたりと複雑な

成長過程を遂げた “夏目” 少年は、いつしかそのことから逃げるのではなく

受け入れ、無くては寂しいと思うまでに至っていた、という描写がとても丁寧で。

絵が上手いだけでは伝わってこない、マンガという媒体独特の世界観で心を惹きつける

話の数々には相変わらず感服仕る次第で。“タキ” という華もようやく添えられて

ますます作品の幅が広がりそうな展開に、引き続き期待したいと思います。

posted by 秋野ソラ at 18:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | コミックス

2008年03月14日

『黄昏色の詠使い(5) 全ての歌を夢見る子供たち』

同じく「このライトノベルがすごい!2008」(宝島社)において、2007年度版

ライトノベルランキング9位を獲得した、「富士見ファンタジア文庫」期待の新人

細音啓 先生とイラスト担当の 竹岡美穂 先生によるシリーズ第5巻にあたります。

http://www.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pcd=200708000381


ほんの1年前、竹岡美穂 先生の絵に惹かれてデビューされたのを見届けてから

早々とこの巻数までストーリーを書き上げるところがまず凄いなぁ、と感心せずには

いられないところで。

“ネイト” の「おはようございます〜」のくだりから “クルーエル” と再開する

までの流れを読んでいる最中に、我ながら不覚にも目頭にくるものがありました。

・・・電車の中でしたから堪えましたけどね、ちゃんと。(w

刊行予定を見れば分かりますが、次巻は4月に発売となることが決まっている

そうですので、これまたスゴいペースだなぁ、と思いつつ書店で平積みされるその日を

待ちたいと思います。

posted by 秋野ソラ at 18:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2008年03月13日

『フルメタル・パニック! せまるニック・オブ・タイム』

「このライトノベルがすごい!2008」(宝島社)において、2007年度版

ライトノベルランキング1位を獲得した、賀東招二 先生と 四季童子 先生の

人気シリーズも外伝を含めて20冊目に到達しております。

http://www.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pcd=200707000110


崩れかかった「ミスリル」のトップとして、その細い双肩に重責を担う

“テッサ” がほんの少しだけ “宗介” に甘える姿。微笑ましい情景のはず

なのに、どこかもの悲しく感じてしまうのは気のせいでしょうか。

“マオ” と “クルツ” の件も、大詰めを迎えつつあるストーリーの中に

わずかな暗い影を落としているかのようで少々切なく感じました。“クルツ” も

まさしく一世一代の仕事を成し遂げたところでしたのに・・・。

さらに降りかかった最悪の事態、“かなめ” の敵対行動に根差すものは何なのか。

“宗介” は彼女と「敵」として向き合えるのかどうか。戦場という極限状態を

越えた先に見えるものを求めるかのように次巻、クライマックスを待ち望みます。

posted by 秋野ソラ at 18:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2008年03月12日

『召喚教師 リアルバウトハイスクール(16)』

いのうえ空 先生のイラストが物語を支える上での一助となっている

雑賀礼史 先生の 『リアルバウトハイスクール』 も巻を重ねて16巻目。

外伝も含めれば23巻目となります。

http://www.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pcd=200708000369


ここまで話が続くと各キャラクターたちの立ち位置も微妙に変化してくるワケですが

“レイハ” が「こちら側」に現れてからこのかた、あまり表立った活躍、というか

活動を見せなくなったのがこの物語の中心人物である “南雲慶一郎”、その人でして。

しかしながら 「決断せよ!! 南雲慶一郎」 のコピーにもありますとおり、

ただひたすら流れるに任せていたらそのツケが回ってきた、というのが今巻の主軸。

・・・何かワイルド、あるいは「唯我独尊」的なイメージが強くなったような気もします。

そんな感じでひとまず “飛鈴” との問題に決着をつけたと思ったら、今度は

今まで明かされなかった胸の内を垣間見せつつ「敵」に回ることになった “美雪”

との対峙を迫られることになりそうで。

怒涛の急展開についていけるよう、次巻の刊行も見逃さない心構えでいます。

posted by 秋野ソラ at 18:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2008年03月11日

『デモンパラサイト(4) 氷の魔人は、闇に惑う。』

北沢慶 先生と 植田亮 先生とでお送りする、「悪魔憑き」たちの物語も

4巻目の刊行を迎えることとなりました。

http://www.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pcd=200710000283


今巻は “牧野” を今の “牧野” となった背景が明らかになるところがメイン。

「師匠」の存在であったり、勘当された家族の存在であったり、健気な妹 “鈴華”

の存在であったり。どれもがどれも、彼を語る上で外せない要素かと。

そんな “牧野” の信念をして “葵” との激闘が繰り広げられるワケですが、

切り札としての共生武装をあのようにもってくるとは。てっきり何か作ってくる

ものとばかり思っていましたのでちょっと意外でした、共生武装の考えとしては。

さて、次巻では多分、今回の事件(?)が起こったきっかけ、原因となった

「ディバイン・チルドレン」が出張ってくることになるのでしょう。

“桜子” や “葵” がこれからどこへ向かうのか、引き続き注視したいと思います。

posted by 秋野ソラ at 18:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2008年03月10日

『ソード・ワールド・ノベル 輝け!へっぽこ冒険譚(3)』

秋田みやび 先生がGMを務めた大人気リプレイ「へっぽこーず」シリーズの

番外編ノベル、第3巻です。(イラストは 浜田よしかづ 先生が担当)

http://www.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pcd=200711000293


信じていたものとは違う結論を突きつけられた “イリーナ” の心情は

いかばかりであったか。強盗団一味の “ミハエル” との因縁に一つの区切りを

つける、ちょっぴり切ない物語を堪能させてもらいました。

にしても、“ガルガド” と “バス” の絡みをここで入れてくるとは。ちゃんと

「物語の時間軸上、“バス” を知っているのは “ガルガド” のみ」という条件を

満たした構成になっているのは流石でした。

何にせよ、キャラが立っているのでストーリーへの感情移入がしやすいのは

読み手にとってかなりのアドバンテージだと思います。


4月に 『ソード・ワールド2.0リプレイ 新米女神の勇者たち(1)』 のリリースを

控える 秋田みやび 先生のご活躍に、これからも期待する次第でございます。

posted by 秋野ソラ at 18:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2008年03月07日

『ソード・ワールドRPGリプレイ集xS(3) 猫の手お気楽娘、幻惑?』

『新ソード・ワールドRPGリプレイ集』の監修を務める 清松みゆき 先生の、

それらのシリーズとは一線を画した、よりGM視点で描かれるリプレイ第3巻です。

イラストは 牛木義隆 先生が担当されております。

http://www.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pcd=200710000136


「この太刀筋間違いない!」 って、そんなダイスの神様に偏愛された芸当が

できるのは彼、“ウィンド” をおいて他にはいないワケで。まさにあの瞬間

神が降りた、としか言いようがないでしょう。

そんなウィンドが(なぜか)全会一致で獲得した「ハイロードポイント:5点」。

さらにダイスが運命の悪戯の如き目を出し続けるものだから、彼の鬼畜(笑)な

一面・・・のみならず二面、三面が次々と暴露されることに。ここでも神降臨。


さてさて、「VEコンバット」を使った戦略性のあるバトルを見ることもできる

このリプレイも、「ソード・ワールド2.0」のリリースを目前にしてラスト1巻が

刊行されるのを残すのみとなりました。

「・・・・・・ホント頼むよ、ウィンド兄さん」ということで、次巻での大団円を

期待しております。(w

posted by 秋野ソラ at 18:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2008年03月06日

『新ソード・ワールドRPGリプレイ集Waltz(5) 誓い・陰謀・巣立ちの日』

篠谷志乃 先生 & 桐原いづみ 先生によるほのぼの冒険譚もいよいよ大詰め。

前巻のラストで命を落とした “ディケイ” は復活できるのか。展開が気になる

第5巻であります。

http://www.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pcd=200710000378


“ナジカ” の暴走(笑)の果てに辿り着いた一つの結末。金も権力もないメンバーが

払った代償は看過できないものとなりましたが、そこから新しく成長していく姿を

目の当たりできたのもまた事実。“キーナ” の連携プレイはやはり、というところ。

“アイル” の 「だから・・・・・・シェイドはやめてね?」 に至るくだりもそうですけど

ラストに向けて子どもたちの青い春な物語が、読んでいる方も恥ずかしくなるくらい

「ういういdays」((c) 犬上すくね)してました。(ぇ

「ツンデレがデレるときって、死ぬ気でデレているんだってことが、わかった・・・・・・」

という “ブランシュ” のセリフが妙に重みのある一言に感じられたのは言うまでも無く。

桐原いづみ 先生のイラストもピンポイントでイイところを突いたものになっています。


兎にも角にも、無事にキャンペーンを終了させることが出来た 篠谷志乃 先生を

始めとする関係諸氏、プレイヤー、監修の 清松みゆき 先生に「ご苦労さま」と

「ありがとう」の気持ちを伝えたいと思います。

posted by 秋野ソラ at 18:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2008年03月05日

『デモンパラサイト・リプレイ 剣神[ブレードデモンズ](3) 超越者』

共生生物「ドラグーン」を取得した、田中天 先生演じる “嵐” が

独自の戦闘スタイル「瞳術」を捨てて(?)「巨大お兄ちゃん大暴れ!?」。

監修:北沢慶 先生、著:力造 先生 / グループSNE、イラスト:今野隼史 先生

による『デモンパラサイト・リプレイ』の第3巻です。

http://www.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pcd=200711000412


今回は思いも寄らぬところから敵が現れたことで御剣一家も大苦戦。一時は敗走する

ハメにもなりましたが、明坂聡美 さん演じる “凪” が見せた御剣忍法「念力投射」(笑)

や「スーパー凪」化したことで辛くも勝利する過程を手に汗握りながら読ませて貰いました。

・・・火のついたタバコを墓前に供えるシーンもカッコよくキメてくるあたりが流石です。

藤澤さなえ 先生演じる “かえで” の淡い恋心も “ポッキー” の様変わり・・・というか

力が元通りになることで振り出しに、ということでコミカルな部分も押さえてきてます。


ひとまず明確な「敵」を倒したことで一段落したかのように見えますが、実は

悪魔化していた “沙織” や、“凪” に備わった強大な力。まだ謎は残っているぜ、

ということでシリーズを完結するには早いようで。

水野良 先生の提唱していた、いわゆる日本のおとぎ話をエンターテインメント、それも

ワールドワイドなものとして昇華できる可能性を秘めた作品として期待しつつ次のリプレイが

ライティングされるその日を待ちわびたいと思います。

posted by 秋野ソラ at 18:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2008年03月04日

『天からの呼び声 ダブルクロス・リプレイ・ストライク(2)』

「今度は主人公がかっこいい!?」 ということで「ブラストハンド」が元祖、本家、真祖と

3人もいるというところからスタートする 小太刀右京 先生 & 石田ヒロユキ 先生の

『ダブルクロス・リプレイ・ストライク』 第2巻です。

http://www.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pcd=200710000377


田中天 先生 と 加納正顕 さんのハモり具合、是非とも生で拝見したいところでした。

読んでいるだけでこんなに面白いのに、実物で見たら倍率ドン、さらに倍! ってな感じな

ことうけあいでしょう。

そんな感じで 小太刀右京 先生と旧知の仲という 加納正顕 さんのロールプレイが

“以蔵” を始めとする既存キャラと合致していて良かったと思います。・・・にしても

三田誠 先生の顔に1巻の表紙をあてて、ってめちゃめちゃ溶け込んでますな。(w


複数現れた「特異点」の存在に動揺が隠せない “モルガン” の心情を、三田誠 先生が

これまた見事に演じきっております。もちろん、そんな重くシリアスな部分だけでなく

「ブラストハンド」としてのコミカルな絡みも見逃せません。

そんなコミカルな雰囲気がついつい暴走しがちなプレイヤー諸氏を諌める・・・というか

ツッコミを入れて場を整えるのが “シャル” を演じる 矢野俊策 先生。このあたりの

役割分担がはっきりしている点がまた絶妙な塩梅なワケで。

忘れちゃいけないNPC “小太刀右京之介” も登場していますので要チェックです。(w


当初2巻で完結予定だったこのリプレイも、あのラストシーンを受けて急遽続刊の刊行が

決定した、ということで一読者としても何とも喜ばしい限り。また笑いを堪えながら読む

作品に出会える瞬間を楽しみにしております。


#田中天 先生 と 加納正顕 さんの要望に応える 石田ヒロユキ 先生の心意気に乾杯。(w

posted by 秋野ソラ at 18:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2008年03月03日

『D&Dリプレイ(2) 若獅子の戦賦−監獄島編』

「新世紀エルフのスタンダード像を見よ!」のコピーが強烈な印象を与える、

柳田真坂樹 先生 & 井上純弌 先生がお送りするHJ文庫Gの絶好調リプレイ第2巻です。

http://www.hobbyjapan.co.jp/hjbunko/hjbunko/lineup0802.html#bunkog0802


そのコピーの起因となる “スリンガー” を演じる 田中天 先生とした個性的なキャラたちを

演じるプレイヤー諸氏。先日はそんな方々のお話が聞ける貴重な機会、ということで

全理連ビルまで足を運んできたワケです。

http://www.hobbyjapan.co.jp/hjbunko/news.html

http://www7.plala.or.jp/akibeya/D/2008_02.html#2008-02-24


読んでいただければ分かりますが「ホントにコレ、ほとんどアドリブなの!?」って

思うくらいキャラクター同士のやりとりや話の繋がりが上手く合致しています。

・・・それでダンジョンをすっ飛ばされた点にはDMへの同情の念が隠せませんけど。(w

「タバコの火を〜」のくだりは確かに読んでいてカッコイイと思いました。

そのへんも含めた 田中天 先生のロールプレイには敬服ですし、それに合わせて

素晴らしいイラストを用意してくる 井上純弌 先生にも頭が下がります。

・・・1巻と2巻のキャラデザ確認しましたが、確かになってますね、そういう風に。(w


先日もこの言葉で締めましたが、次巻の「想像もつかないような展開」に期待しつつ

刊行されるのを心待ちにしたいと思います。

posted by 秋野ソラ at 18:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル