2008年02月27日

『神曲奏界ポリフォニカ メモワーズ・ブラック』

表紙を見て頂いて分かるように、あの “サジ・シェリカ” が満を持して登場する

大迫純一 先生 & BUNBUN 先生の 「ポリ黒」 シリーズ7巻目です。

http://ga.sbcr.jp/novel/p-black/index.html


自分はキネティックノベル版をプレイしているので、各キャラクターのセリフを

ところどころ脳内補完しながら読ませてもらいました。やっぱり “マナガ” の

あのセリフが渋く心に刻み込まれるかのように感じられました。

挿絵に例の地図を入れていただいたことで、話の流れがより分かりやすくなった

のではないかと思います。あれはキネティックノベル版をプレイしたときにそうして

欲しかった点でしたので、読んだときに微妙なところですが大満足してました。(w

もちろん、単にキネティックノベル版のテキストを焼き直した、というワケではなく

物語の終焉に向かっていろいろと含まれているもの、示されていることもありますので

キネティックノベル版共々、押さえておいて間違いはない内容ではないかと思います。

posted by 秋野ソラ at 18:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2008年02月26日

『ライトノベルの楽しい書き方』

GA文庫における 本田透 先生の新シリーズとなります、〆切破りからはじまる

ラブコメディ 『ライトノベルの楽しい書き方』 を読了しました。

(イラストは 桐野霞 先生が担当)

http://ga.sbcr.jp/novel/lightnovel/index.html


・・・ぶっちゃけ、本田透 先生の作品は特定多数向けに書かれている(と思ってる)

ものが多いな、という印象があったのでずっと様子見させてもらっていたのですが

今作は結構直球な感じがしたので手に取ってみた次第です。

記号化されたパーツがちりばめられているなぁ、という印象は変わらないのですけど

話自体は確かにストレートに投げられているので分かりやすいですし、肩肘張らずに

楽に読めるのがライトノベルらしくて大変よろしいのではないでしょうか。

・・・なんだかんだ言っても “剣” みたいなキャラクターは好きですし。(w

次巻が出るとすれば “剣” と “ゆうな” の絡みで来るか、それとも別の伏線を

回収しに来るか。いずれにしても続きを楽しみにしておきたいと思います。

posted by 秋野ソラ at 18:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2008年02月25日

『鉄球姫エミリー』シリーズ

店頭で見かけた 瀬之本久史 先生のイラストに惹かれて手に取った、八薙玉造 先生の

第6回SD小説新人賞大賞受賞作を読ませていただいてます。

http://dash.shueisha.co.jp/-emily/index.html


何と言いますか、王女 “エミリー” があまりにも悲運で、読んでいて思わず

その姿に切なさを感じずにはいられない話の流れですね。1巻のみならず2巻でも

趣は異なれど、というところで。“グレン” が存在意義を認められたのは救いですが。

3巻以降ではそのあたり、“エミリー” が少しでも幸せになってくれそうな

展開を期待したいところではありますが、彼女を取り巻く情勢から見ると

そうそう楽観視できなさそうなところが難儀なところですけど。読み手としては。

あと、瀬之本久史 先生の挿絵がこのシリーズの世界観に合致していて良いなぁ、と

思いました。こういったイラストも描けるんですね、ということで感心しきりです。

「やるな! 集英社スーパーダッシュ文庫編集部!(きゅぴーん」って感じです。(ぇ

posted by 秋野ソラ at 18:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2008年02月22日

『そらいろな』

挿絵を 古夏からす 先生が担当する、一色銀河 先生の新シリーズは

再び原点に還るかのように野球モノ。それもスポ魂色が強いです。

http://www.dengekiya.com/ditails.asp?prdid=A0704130


・・・まぁ、最初見たときはちょっとビックリしましたけどね、“天音” という

キャラクター名には。普通、“あまね” って読むと思うじゃないですか。

それはさておき。「さあ、終わりを始めよう」とは誰が言ったか知りませんが

自らの手で青春に幕を下ろすべく前へと進んでいく物語、ということでネタと

してはやや重めの内容でしたね、あらすじからは想像できませんでしたが。

その姿勢や良し! ということで終わりの先には「自暴自棄」や「燃え尽き症候群」

といったものとは違う、救いのある未来が待ち受けているものと信じて続刊の

刊行を待ちたいと思います。

posted by 秋野ソラ at 18:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2008年02月21日

『さよならピアノソナタ』

12月、1月の新刊ラッシュでだいぶ遅くなりましたがようやく読み終えました。

『火目の巫女』『神様のメモ帳』と来ての新シリーズ、もうすぐ続刊が刊行となる

杉井光 先生の『さよならピアノソナタ』です。(イラストは 植田亮 先生)

http://www.dengekiya.com/ditails.asp?prdid=A0703390


正直、どんな感じの内容なのか予想がつかなかったので後回しにしてしまいましたが

これは結構良い感じのボーイ・ミーツ・ガール・ストーリーだと思いました。

読み終えた後の余韻が残るような感じが特に。

単純な2音の重なりにも心奪われるようなことってワリとあると思うんですよ、

本編の中にそんなような記述があったような気がしますけど。私が DTM に

片足つっこんでるきっかけ、のようなものでもありますし。

そんな感じで “真冬” と “ナオ” が奏でる音色、ひいては “響子” と “千晶” を

含めた 「民俗音楽研究部」 が紡ぐ旋律を追い続けるのも悪くはない、というのが本音です。

posted by 秋野ソラ at 18:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2008年02月20日

『ラッキーチャンス!(2)』

イラストに QP:flapper(小原トメ太 先生 & さくら小春 先生) を迎えた

有沢まみず 先生の新シリーズ 『ラッキーチャンス!』 の第2巻です。

http://www.dengekiya.com/ditails.asp?prdid=A0800200


“サモン=時二郎” だけでなく “二之宮速彦” という新たなる「濃い」キャラが登場。

・・・何と言いますか、こちらでもヘンタイ率を上げてどうしようと言うのでしょうか。(w

まぁ、十二分に動かしやすそうなキャラクターだとは思いますけど。

もう一人の新キャラクター “天草沙代” と “外神雅人” とのガチンコ・バトルは

結果として想像に難くないワケですが、彼の強さと “キチ” の本性が未だ未知数のまま

展開としては引かれてしまいましたのでコチラとしては気になる、といったところ。

とりあえず次巻以降で「黒タイツ」「ニーソ」成分を補充していければ、と図る

小原トメ太 先生の熱意と共に 有沢まみず 先生の新シリーズを応援していこうと

思う次第です。

posted by 秋野ソラ at 18:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2008年02月19日

『私立!三十三間堂学院(7)』

佐藤ケイ 先生と かみやまねき 先生による『私立!三十三間堂学院』も

7巻目に突入。今巻は短編集となっております。

http://www.dengekiya.com/ditails.asp?prdid=A0800210


「夏の海ひねもすげろりげろりかな」「聖バレンタイン・デーの抗争」では

“法行” を狙う女性キャラ同士が策謀を巡らす、いつも通りの流れをもった

SSとなっています。・・・よくここまで姦計が思いつくものだ、と思うこと受けあい。

今巻の注目は「千住家本宅帰宅」から「墓参り」へ至る展開でしょうか。

普段の学院では見ることのない “花音” の本当の姿、“法行” からの告知に

“かずち” がとった反応。二人の話としてはキー・ポイントになると思います。

未だ牽制しあってあまり進展の見られない “法行” を巡る恋愛模様を見届けるべく

次巻にも手を伸ばすことになると思います。

posted by 秋野ソラ at 18:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2008年02月15日

『オオカミさんと毒りんごが効かない白雪姫』

沖田雅 先生 & うなじ 先生による、童話を題材にした学園物語も5冊目に突入。

電撃文庫の中における「エロコメ」の一角を担うに足る存在となりました。

http://www.dengekiya.com/ditails.asp?prdid=A0800310


「Jack and the Beanstalk Project」って、めっさアホ過ぎる。<褒め言葉

まぁ、ああいうのも青春と言えるものですよね。(w


“おおかみ” さんと “亮士” がタイマンを張るシーンや、苦手なものと対峙して

可愛い悲鳴をあげるレアな “おおかみ” さんが見れたりと今回も中々良い感じです。

“りんご” さんと “白雪” さんのお話もストーリとして上手く組みあがっていた

と思います。「今回のテーマは家族です」、というコピーも伊達ではありませんでした。

それにしても、“乙姫” さんが出てくると一気に「ピンクしおり」発動、というか

エロコメ一直線、ってな感じになるのが彼女のキャラクターの恐るべきところで。

そのへんは 沖田雅 先生自身が十分認識されているようですけど。


今後の展開として、“りんご” さんにあてられてちょっとだけ前へ進もうと決意した

“おおかみ” さんの言動に注視しつつ、次巻以降の刊行を待ちたいと思います。

posted by 秋野ソラ at 18:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2008年02月14日

『狼と香辛料(7) Side Colors』

アニメのDVDが4月2日(水)に発売・・・ってウチの誕生日やんなぁ・・・と5月29日(木)に

DSのゲームソフトが発売、と横展開も順調に進んでいる 支倉凍砂 先生& 文倉十 先生の

『狼と香辛料』、最新第7巻です。

http://www.dengekiya.com/ditails.asp?prdid=A0800280


支倉凍砂 先生もプッシュされていた、“ホロ” 視点の書き下ろし短編がとても新鮮で

面白かったと思います。あんなこと、そんなことを思いながら “ロレンス” と接して

きたんだなぁ、ということが分かりますし。

「羊」と「羊飼い」と「狼」。商魂逞しく、商いに関してはこと鋭いがある意味決定的に

鈍い “ロレンス” と、旅の道連れとして選んだ男に好意を寄せるまでに至った “ホロ”

との関係を上手く表した比喩には感服仕りました。


そういえば、今巻の「あとがき」にあった作家さん4人で連れ添っての旅行話は、多分

風見周 先生のBlogにあった「ニュー大輔カーに乗りました!&男だらけの温泉大会」

のことを指しているに違いない、と思いますがいかがでしょうか。(聞くな

http://blog.meguru.moo.jp/?eid=739024

posted by 秋野ソラ at 18:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2008年02月13日

『ミスマルカ興国物語(1)』

『戦闘城塞マスラヲ(3)』 から間を明けず連続刊行となります、林トモアキ 先生

(イラスト: ともぞ 先生) による新シリーズ 『ミスマルカ興国物語』 です。

http://www.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pcd=200710000052


他のシリーズと同じような感じでおちゃらけた雰囲気のままいっちゃうのかな、と

思ったのですがなかなかどうして、シリアスなところとの切り替えは今までで一番

上手いんじゃないでしょうか。

国同士の戦いにおいて「勝つ」ということはどういうことなのか、ということを

常に主眼において行動し続ける、見た目はうつけ者の王子 “マヒロ” の未来を

見届ける価値はあるかな、と思いました。

・・・早くもネタ切れ気味、と 林トモアキ 先生は公言されておりますがそこはそれ。

いつものように大風呂敷を広げてばっちりキメてくるものと信じてます。(w

posted by 秋野ソラ at 18:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2008年02月12日

『Rockstar Busters! Little Busters! Arrange Album』

ゲーム自体は「Refrain」に入る前のところで止まっている秋野です。

・・・終わればそちらにも一言コメントは入れておきたいと思っています。

そんな感じですけど冬コミの戦利品、「リトバス」 の MintJam アレンジアルバム

『Rockstar Busters!』 について先に触れておこうかと。


BGMアレンジも歌のアレンジも特に落ち度が無いです。個人的には好きな部類。

BGMは『遥か彼方』を境に前半でBPM早めの、後半に遅めのを用意してくるあたり

構成としてのバランスも取れているかと思います。『伝えられないメッセージ』が

ちょっとだけ「ONE」を彷彿とさせてくれるところが特に印象的、かなぁ。

歌モノはこれまた良い仕上がりで、通勤のお供にさせてもらっています。

ボーナストラック『Little Busters!-Little Jumper Ver.- (MJ cover)』 も

とてもよろしいかと思います。原曲を聴いているなら聴く価値は十二分にアリかと。


ということで、これはオススメしておきます。

原曲を知っているという限定付きではありますけれども。

posted by 秋野ソラ at 18:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | CD

2008年02月08日

『くじびき勇者さま 6番札 誰が初代大統領よ!?』

清水文化 先生の綴る物語に 牛木義隆 先生のイラストが花を添える。そんな

調和のとれた作品が好評を博しての第6巻刊行です。

http://www.hobbyjapan.co.jp/hjbunko/hjbunko/lineup0802.html#novel080201


“ナバル” にすっかり惚れ込んだ “メイベル”。彼女の手で技術革新の歩を進める中、

突然襲われる凶弾に倒れそうになるところを “ナバル” が本来の役割よろしく

自らの体に受け、瀕死の重傷を負うことに。

そのあまりに突然すぎる出来事に戸惑い、一時は何も出来なかった “メイベル” が

第2、第3の犠牲者を出さないためにも、承諾を渋っていた諸国統一の象徴である

大統領への就任を決意する。

・・・謂れの無いケンカをふっかけ続けている “ビーズマス卿” と対峙するために。


という感じで、ついにそのカリスマ性を発揮することになる “メイベル” の様子が

まさにカッコイイところが今巻の見せ場の一つ。“ナバル” との仲もほんの少しだけ

縮まるような、災い転じて福となす衝撃的な出来事も発生しましたけど。

もちろん、有識者としていろんなところで披露される薀蓄の数々も冴え渡り、

様々な発明を次々に打ち出していく姿は、さもすれば神や悪魔にも見えることでしょう。

“ナバル” にとっては語り好きな女の子にしか見えないのかも知れませんが。

こうなると次はいよいよ “ビーズマス卿” と直接対決、ということになりそう

ですので更なる展開に期待が高まりまくって仕様がありません。

posted by 秋野ソラ at 18:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2008年02月07日

『生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録(1)』

帯に書いてあることも突飛ですが、ご覧の通り富士見ファンタジア文庫の

標準表紙デザイン「上部に横書きタイトル、下部に四角い枠を設けてイラスト」を

あっさりと打ち破る型破りな 葵せきな 先生の異色作、第1巻です。

http://www.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pcd=200710000272


イラストにこれまた 狗神煌 先生を持ってくるあたり、ターゲッティングが

しっかりしている、というか新しい読者の開拓に向けて敷居を低くしているというか。

葵せきな 先生自身が言うように「暇だから、ちょっと一話読んで、笑うか」

みたいなノリで読めますが・・・にしてもまさか丸ごと一冊使って「劇中劇」を

演じられるとは思ってなかったのですよ。ちょっとビックリでしたよ。

そういった「議事録」という構成の中に隠れてしまった生徒会メンバーの

「昔話」がどういった形で顕現し、各々にどう影響するのか。それでもコメディ9割

シリアス1割という作風が貫き通せるのか、「雑談小説」の今後を見守る所存です。


・・・なお、今回はオススメ、というよりも「富士見ファンタジア文庫」らしからぬ

「富士見ファンタジア文庫」の試金石をご紹介させていただいた、という感じで

捉えておいて下さい。(何

posted by 秋野ソラ at 18:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2008年02月06日

『人類は衰退しました(2)』

山崎透 先生のイラストと 田中ロミオ 先生の生み出す世界が組み合わさって

何とも不思議な雰囲気をかもし出す 『人類は衰退しました』 シリーズの続刊です。

http://www.gagaga-lululu.jp/gagaga/lineup/200712.html#01


一度読み終わったあとで帯のコピーを見たときに 「あぁ、なるほどね〜」 と

感心してしまいました。・・・売り上げに影響するかは何とも言えませんけれども

良く考えられた文言だなぁ、と思いました。

それにしても、どこに向かって進んでいこうとしているのか良く分からない

展開が続いております。“主人公” は “妖精さん” と随分仲良くなれている

ようですが果たしてそれが何に繋がるのか。先はまだまだ読めません。

“祖父” が書いていると思われる報告書の内容も気になるところではあります。

シリアスなんだかそうじゃないんだか見切れないところが特に。そんな感じで

言葉で表すのが難しいことを悟りつつ、本作についてはこれで筆を置こうかと。

posted by 秋野ソラ at 18:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2008年02月05日

『C3 -シーキューブ-(2)』

水瀬葉月 先生と さそりがため 先生でお送りする、呪われし物と呪われぬ者の

不思議な物語。その第2巻になります。

http://www.dengekiya.com/ditails.asp?prdid=A0704180


「エロコメ作家」の名を欲しいままにする 上月司 先生とはまた違った、ほのかな

エロさが何ともたまりません。さそりがため 先生のイラストがその印象をさらに

高めてくれているような気がします。

今回のお話はちょっとしたミステリーっぽい展開で、そういったところも含めて楽しく

読ませてもらいました。“フィア” のフェイクぶりは、結果が多少読めるとしても

鬼気とした雰囲気に押されそうになります。

そのあたりが成田良悟 先生命名の「萌えグロ」たる所以であり、それを楽しむのが

この作品の醍醐味なのだろうと思います。


・・・それにしても、ライトノベルの挿絵を担当される絵師さんでエロゲ、エロ漫画

関係者の比率が上がってきているような気がしてならない今日この頃です。(w

posted by 秋野ソラ at 18:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2008年02月04日

『ドラゴンクライシス!』シリーズ

「とらのあな」にですね、城崎火也 先生と 亜方逸樹 先生のサインが入った

ポスター(ラミネート加工済み)が長いこと貼られているワケですよ。

あまりに気になって仕方が無いので、この前アキバへ行ってきた時にまとめて

購入してきました。・・・なぜかどこを探しても3巻が見当たらなかったもので。

http://dash.shueisha.co.jp/-dc/index.html

http://dash.shueisha.co.jp/feature/0712.html


林トモアキ 先生の 『お・り・が・み』 くらい、かなり読みやすい軽小説の中の

軽小説と言っても良いでしょう。私には2営業日あれば十分でした。

文章、イラスト共にキャラクターが魅力的に描かれているため、ストーリーへの

導入がスムーズなところもそのあたりの要因の一つなのだろうな、と思います。

お話もついつい先が気になって思わず一気にまとめ読みしてしまいました。

少しずつ、しかしながら着実に成長していく “ローズ” の一挙手一投足が

何とも可愛らしいところです。その点は “アイ” も一緒なんですけど。

今後、進展(?)があるのかというところも含めて展開に期待しています。


ということで、楽に読めるライトノベルをお探しの方にオススメしておきます。

posted by 秋野ソラ at 18:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2008年02月01日

『ソード・ワールド・ノベル ダークエルフの口づけ(4)』

始まりは短編集からでした、ということで 川人忠明 先生と 椎名優 先生でお送りする

混沌の王国「ファンドリア」を舞台にした物語も一つの区切りを迎えております。

http://www.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pcd=200709000153


“エビータ” が何とも不憫でしょうがない、という結末でした。運命に、というよりは

人の策謀に巻き込まれた悲運の姫と言えるでしょう。見ていて切なさを覚えました。

保安主任に復職した “ベラ” の、“アマデオ” に対する感情は何だったのか。

読んだ感じでは結局のところ「良き隣人」のような立ち位置でしかないのかなぁ、

とは思いますけど。今となってはそれを知る由も無く、と。

次巻以降はスポットライトを当てるところを変えて話が続いてくそうですので

楽しみにしておきたいところです。・・・ 川人忠明 先生が絶賛妄想中の短編が

現実のものとなることも含めまして。

posted by 秋野ソラ at 18:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル