2008年01月31日

『魔法戦士リウイ ファーラムの剣 神代の島の魔法戦士』

かれこれ20年は続いているという 水野良 先生の 『魔法戦士リウイ』 シリーズ、

聖剣戦争編の5巻目にあたります 『神代の島の魔法戦士』 です。

http://www.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pcd=200707000114


数あるソードワールド関連作品の中でも、今までほとんど触れられなかった

「東の果ての島(イーストエンド)」を舞台としての物語。いつもと毛並みの違う

世界観とそれにまつわるお話が何とも新鮮に映りました。

今更ながらに鍛冶師 “ヴァン” が魔法の武具しか作り出さなかったことに対する疑念。

そんな想いから出た「時が超えられるものなら、一度、会ってみたいもんだぜ」

という “リウイ” の一言がいつか実現しそうで、ある種の期待が掛かってしまいます。


「ラストはほぼ決まっている」 と先生自身が公言するこの作品も

「20周年おめでとう♪」な「ドラゴンマガジン」 誌上でまだまだ絶賛連載中でございます。

日本独自のファンタジーを世界に向けたエンターテインメント作品として

昇華できないかと模索する 水野良 先生のあくなき挑戦はまだまだ続いていく模様です。

posted by 秋野ソラ at 18:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2008年01月30日

『召喚士マリアな日々 花束編』

北沢慶 先生による『召喚士マリア』短編シリーズですが、この第4巻をもって

区切りをつけることになった模様です。

http://www.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pcd=200709000285


進級試験に自力で合格するなど、召喚士として成長した “マリア” の様子が

楽しめる内容であったかと思います。“シャルロッテ” ともいつの間にか

友人として付き合えるようになってましたし。

父 “イエル・チェトケル” を助けに行くにあたっての連携もなかなかのもの。

それにしても “フレイム” を難なく使役できるあたり “イエル・チェトケル”

という召喚士の実力が上手く印象づけられたのではないかと感じました。

長編も次巻でラストになるそうなので、何とも惜しいところではありますが

心して刊行を待ちたいと思います。

posted by 秋野ソラ at 18:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2008年01月29日

『eXceed3rd-JADE PENETRATE- ORIGINAL SOUND TRACK』

先日のアキバ遠征におけるおみやげの一つ。埼玉最終兵器 さんが楽曲担当と

伺っていましたので何の迷いもなくサクッと回収してきました。

http://www.tennen-sozai.com/


いや〜、何だかとても久しぶりに 「これぞ S.S.H!」 と感じられる楽曲の数々。

ガツンとくるドラムとパワフルなギター、そしてどこか懐かしさを感じるシンセが

織り成す世界観に思わず酔いしれますね。やはり選択肢として間違っていませんでした。

個人的には全体的に申し分ないです。『Wind Wings』 『FlY UP』 『Next Stage』 とか

疾走するかのようにどこか軽やかでいて、それでいて激しいヤツが特に好みです。

アレンジトラックだと 『Shock!!』 のほうが好きかなぁ。

・・・ちなみにゲーム自体はやったこと無いですからね、STGですし。(w

posted by 秋野ソラ at 18:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人CD

2008年01月28日

『神曲奏界ポリフォニカ まぁぶる(2)』

「ぶるう」シリーズは今回4コマ漫画でのみの出展、ということで 築地俊彦 先生は

お休み。代わって「レオン」、そして「ブラック」と 大迫純一 先生が2本書き上げる

という相変わらずの速筆ぶりに驚きが隠せません。

http://ga.sbcr.jp/novel/p-marble/


これだけ「縛り」を設けておいてよくここまで「繋がった」話が書けるものだと

さらに驚きが隠せません。今回は 大迫純一 先生が一番シリアス寄りで、榊一郎 先生が

かなりのコメディ寄り。あのクロスオーバーぶりは流石だと思いますけど。


高殿円 先生の「リーズンズ・ホワイト」。“サラサ” と “リシュリー” のやりとりが

読んでいて楽しいのも注目ですが、その前に見える “ブランカ” の昔話は必読でしょう。

・・・イラストでは牛が温泉に浸かってますがね。(w

大迫純一 先生の「みすていく・ぶらっく」「れおん・ざ・りたーなー」計2作。

ご自身で「温泉」という縛りを設けて、なおかつ “とある登場人物” を2つの作品で

使い分けて “マティア” や “レオン” と絡ませるあたりの構成が何と言っても秀逸。

榊一郎 先生の「どらんく・くりむぞん」は、今までの話にある要素を可能な限り取り込んで

一つの立派な、そしてどうしようもないコメディに仕立て上げてくるあたりが上手いな、と。

・・・どういう時系列の繋がりなのか、というなんとなくな不明点はありますが。


誰が言ったか「月刊ポリフォニカ」。その勢いを止められるのは各作家さんの

体調不良か、編集さんのムチャなお願いしか今のところは手立てがない模様です。(w

posted by 秋野ソラ at 18:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2008年01月27日

『E☆2 vol.13』

『電撃萌王』や『メガミマガジンクリエイターズ』等とはまた違った角度で

「萌絵」を追求している(と思っている)『E☆2』の最新号です。

昨日購入してきました。

http://www.etsu.jp/


この中で 天夢 先生と カントク 先生が進行を務める「そこまで聞いて委員会」

というコーナーがありまして、今回のゲストが フミオ 先生だったりするのですけど、

その内容が中々興味深かったのでコメントしておきます。


それは何かというと「男がカッコイイ物語」が少ない、という現状。フミオ 先生も

「ギャル系のお仕事はどうしてもマンネリ化しやすい」とおっしゃられている様に

現場サイドでもそう感じる雰囲気があるのではないかと拝察します。

「ライトノベルとかならまだ・・・」ともありますが、少なくともライトノベルで

そういう作品に出会う確率はすでにだいぶ低くなっていると個人的には痛感しています。

このあたりを世相と関連づける専門家もいらっしゃるのではないでしょうか。

「男キャラが主人公のハードボイルド系やファンタジー冒険物の依頼がきたら

かなり優先的に考えちゃいますので」と発言された フミオ 先生を応援したいと

感じました。文面から伝わる謙虚さで更に好感度UPです。(w


いわゆる「美少女モノ」を扱う、単にエロゲ業界だけではなくもっと広い視野で見た

業界全体が、そういった閉塞感に囚われて衰退の一途を辿る、といった未来にだけは

なって欲しくないなぁ、と思いこうして一筆したためた次第です。


#「ゾアハンター」の新刊が出たときに合わせてコメントしようかと思ったのですが

#ちょうど良い内容がこちらにありましたので利用させてもらいました。

posted by 秋野ソラ at 18:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2008年01月25日

『戦闘城塞マスラヲ(3) 奇跡の対価』

林トモアキ 先生、上田夢人 先生による「負け犬男の一発逆転ストーリー」も

第3巻に突入です。

http://www.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pcd=200707000059


「奇跡」とは何か? 「対価」とは何か? その意味を知ったとき「負け犬男」こと

“ヒデオ” が少しカッコ良く見える・・・かも知れません。(w

そのへんのコメディさとシリアスさを “ウィル子” が上手く調整してくれています。

それにしても、いよいよ前作 『お・り・が・み』 を読んでないと繋がらない

部分が散見されるようになったような気がします。そうしておいたほうが本作を

より楽しめる、という意味で。

前向きに生きることを決めた “ヒデオ” とそれを支える “ウィル子” の

「聖魔グランプリ」における戦いはまだまだ続きますので、しっかりと見届けたい

ところです。


先日の『レンタルマギカ 魔法使いの記憶』と合わせて今月はちょうど2冊

スニーカー文庫を購入していますので「2008winter スニーカー文庫フェア」、

応募してきました。・・・こういうのも地道に続けてます。

http://www.kadokawa.co.jp/event/present.html#sneaker

posted by 秋野ソラ at 18:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2008年01月24日

『CIRCLEさーくる(1)』

「とらのあな」の4コマ漫画コーナーをふと見たときに 「あれ? どこかで

見たことある絵のような・・・」 と思って手に取ってみたら 「やっぱり 榊 先生だ。

4コマやってたんだなぁ〜」 とそのままレジへ。

そんな感じでKRコミックスの 榊 先生デビュー作 『CIRCLEさーくる』 第1巻です。

http://www.dokidokivisual.com/comics/book/index.php?cid=177


以前、挿絵を担当されていた頃のイラストを覚えていて、その頃と変わらず

こう、ムチッとしたというか、肉付きの良い女の子を印象的に描くのが上手い

と思います。あと、目が大きいのも特徴ですかね。

私個人としては 榊 先生のイラストが堪能できて良かったです。4コマなんで

気楽に読めるのがまたよろしいかと。描き下ろしやカバーを取った表紙、「とら」の

購入時についてきたペーパーなども注目です。

・・・ところで、キャラの苗字が中央線(中央本線)の駅名からとってきてるのは

何かしら意図が?

posted by 秋野ソラ at 18:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | コミックス

2008年01月23日

『レンタルマギカ 魔法使いの記憶』

先日、「とらのあな」に行ったら既刊の在庫が軒並み無くなっていました。

そんな様子を見て 「相当、人気上がってるんだなぁ」 などと思いながら、

『レンタルマギカ』 最新刊を購入してきました。

http://www.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pcd=200612000037


MAKOTO2号先生のコミック 『レンタルマギカ from SOLOMON』 から

エピソードをリンクさせてみたり、書き下ろしが2本も収録されているなど

挑戦的な要素に溢れた内容となっております。

ストーリーを語る上で重要なファクターとなるであろう過去のエピソードが

満載で今巻は結構、読み甲斐があったと思います。・・・“影崎” の存在そのものに

また一つ疑問符が浮かびましたが、どう解決するのかは今後に期待したいところ。

“穂波” と “アディリシア” の経常的な駆け引きなどに加えて “ラピス” の

積極的なアプローチが加わって “いつき” 社長の周りはかしましさが増加の一途を

辿っています。そのへんの行方にも注目、といったところですね。

posted by 秋野ソラ at 18:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2008年01月22日

『苺の花嫁』

少年画報社「ヤングコミック」にて連載されていた 水島空彦 先生のコミックが

1冊にまとまって刊行されております。

http://www.shonengahosha.jp/comics/index.php?c=207187-01


・・・『朝霧の巫女』第5巻の横に置いてあるし、少年画報社だから「YOUNG KING」かな

と思って手に取ってみたら別レーベルで普通にエロマンガだったという罠。(ぇ

特殊な状況下に置かれた女性と、ごくごく普通の男性会社員が出会い、恋に落ち、

そして新しい人生を共に切り開いていく、というお話・・・・って書くと一見普通に

見えますが、とりあえずえちぃシーンが全ページの半分くらいを占めてます。(w

基本的には女性側、“可奈子” の心境の変化をベースに展開していますので

「心と体の解離的描写」といったお約束なところは楽しめるのではないかと。

まぁ、あらすじを読んで感じるところがあれば手にとってみるのも一興でしょう。

posted by 秋野ソラ at 18:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | コミックス

2008年01月21日

『ROOM NO.1301 しょーとすとーりーず・ふぉー』

なかなかえちぃと評判のドラマCDが4枚(以後続刊予定)、挿絵担当の さっち 先生が

独自の解釈でストーリーを描くコミックも発売になり、まさに波に乗り続ける勢いの

『ROOM NO.1301』(新井輝:著)短編集第4巻です。

http://www.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pcd=200710000292


こう、登場人物同士で絡むところは絡むのに、「ここが絡むと話が変わりそうだな〜」

というところは全然絡まない、という絶妙なバランスの中で綴られる新しいエピソードの

数々が何度読んでも素晴らしいと思います。

“健一” もあれだけ色んな女性と、それこそ「接触」しているハズなのに結局は

“千夜子” のことが好きなんだなぁ、というところは何か色々な所をすっ飛ばして

妙に納得してしまうというか。

当面気になるのは “冴子” の昔話とこれから、でしょうかね。“刻也” が

わずかながらに昔語りをしていたくだりも少々気になりますし。


・・・あと、今作において忘れちゃいけないのが「あとがき」なワケですが、今回もまた

ぶっ飛んだ内容になってます。「A-TEAMブログ」で 新井輝 先生が触れていますが

あざの耕平 先生にわざわざチェックを入れるほどの入れ込みようです。

・・・あれ? そうすると 師走トオル 先生は見てない、ってことなんですかね?(w

それはそれで面白かったりするんですが。

http://ateam.araiteru.com/


とりあえず 「豪華色紙&サイン入りドラマCDプレゼントキャンペーン!!」 の

ハガキは昨日書きましたので、後日投函してきます。

posted by 秋野ソラ at 18:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2008年01月18日

『星霜のロンド アリアンロッド・リプレイ・ハートフル(4)』

久保田悠羅 先生と「F.E.A.R.」、監修に 菊池たけし 先生、そしてイラストに

bomi 先生を迎えてのファンタジー学園リプレイ第4弾でございます。

http://www.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pcd=200710000135


今回も 菊池たけし 先生演じる “カッツ” と 小暮英麻 さん演じる “カミュラ” の

ダイス目があまりにも顕著なのがミラクルでした。・・・特に “カッツ”。(w

ここぞという時に出てくる目の数が笑い涙を誘います。

リプレイとしては今回初めてランダム・ダンジョンを採用したり、以前とは違った

シティ・アドベンチャーをやってみたりと新しい試みで、プレイヤーのみならず

読者からしてもさらに先の読めない展開の数々を楽しませてもらいました。

並み居る敵を Oはた 先生演じる “ヴァリアス”、そして 小島めぐみ さん演じる

今ではチームのエースアタッカー “ファム” の攻勢で打ち破る様子は中々に

爽快なものが。もちろん “カッツ”、そして “カミュラ” の援護あってこそですが。


どうやらこの 『〜ハートフル』 もシリーズとしては好調なようで、“ファム” の謎を

巡る物語の終焉は次巻へ持ち越しということに。もちろん、リプレイ好きとしては

目が離せないところですので刊行を待ち望みたいと思います。


#・・・それにしても今巻における bomi さんによるデフォルメ・イラストの比率が

#高かったのは仕様ですかね。

posted by 秋野ソラ at 18:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2008年01月17日

『薬師寺涼子の怪奇事件簿 水妖日にご用心』

まずはTVアニメ化決定、とのことでお祝いを申し上げねばなりますまい。

田中芳樹 先生、垣野内成美 先生のコンビでお送りする長編新伝奇小説の

書下ろし最新刊です。

http://www.s-book.com/plsql/com2_detail?isbn=9784396208400


垣野内成美 先生が描くコミックも読ませていただいてますが、アニメ化するのは

ネームバリューからしても申し分ない、というかなるべくしてなったというか。

今回のお話では、多分初めてだと思うんですが、相対した「人ならざるもの」と

決戦の決着がつかなかったのが一番記憶に残ったような気がします。いずれまた

まみえる伏線となるか、はたまたこのまま放置となるか。

“涼子” と “泉田” との関係も進展する気配がなく、大きく見た話の流れとしても

特にブレがないような、嵐の前の静けさのようなところが気になりますが、ここは

またいつ刊行されるか分からない次巻を待つしかありませんな、ということで。

posted by 秋野ソラ at 18:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2008年01月16日

『AKUMAで少女 〜嵐を呼ぶ転校生〜』

『My妹』とか書くとご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

わかつきひかる 先生の初ライトノベル作品の第2巻にあたります。

(イラストは 高階@聖人 先生)

http://www.hobbyjapan.co.jp/hjbunko/hjbunko/lineup0712.html


前巻のを含めて、先生の「あとがき」を読ませていただいて初めて、いわゆる

「ライトノベル」と「ジュブナイル・ポルノ」の違いを認識させてもらいました。

そこまで違うのか、と。

その違いに苦悩していた先生にライトノベルとして萌え系ラブコメを書いて

みてはどうか、と勧めた HJ文庫編集部 の英断というか懐の深さにただただ

感服仕る次第で。

ライトノベルという土俵に上がっても、持ち味を活かしたちょっぴりエッチな

萌えるラブコメディを書き続けるその潔い姿勢は輝かしく見えるほどで。

個人的には「その後姿を応援し続けたいな」と読後の感想として強く思いました。

posted by 秋野ソラ at 18:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2008年01月15日

『ゾアハンター(2)』

外野の人間には驚異的な速さで執筆を続けているとしか見えない 大迫純一 先生と

「ポリ黒」シリーズでもタッグを組んでいる BUNBUN 先生のイラストの共演作、

『ゾアハンター』 の続刊です。

http://ga.sbcr.jp/novel/zoahunter/index.html


「予知能力」を超高速度で行う「演繹」の結果として置き換える考え方は

なかなか面白い、目新しい考え方だなぁ、と個人的には感じました。

“関根杏子” という少女と直接関わってきた親友 “結城音緒”、第三者として

関わることになった “黒川丈” とアンドロイド “ダリア”。2つの視点から

少女の辿った悲しい結末が描かれる過程にまたもや惹きこまれてしまいました。

「あとがき」 によると、今回登場した新キャラクター “音緒” が次巻で思わぬ

活躍を見せるとのこと。「音緒の頑張りを、どうか見守ってやっていただきたい」

と 大迫純一 先生も仰られていますので遠慮なくそうさせて頂こうかと思います。

posted by 秋野ソラ at 18:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2008年01月11日

『おと×まほ(3)』

白瀬修 先生 × ヤス 先生のコンビでお届けするスラップスティック魔法少女

コメディの第3巻でございます。

http://ga.sbcr.jp/novel/otomaho/index.html


見た目は少女、言動は少年という “白姫彼方”。でも、時折見せる仕草は

外見も相まって女の子より女の子らしい、という場面が今巻でも更に激しく

盛り込まれています。例えるならば悶えそうなほどの可愛らしさ。

・・・女装なんて当たり前、みたいな状況だけでなくとうとう・・・っと、これ以上は

言えねぇなぁ、ということでいつか ヤス 先生がフルカラーでイラストを起こして

くれることを祈っておきます。とりあえず次の短編集あたりで一つ。(ぇ


そして母様 “白姫此方” が登場することになるワケですが、この人は出てくる

だけで場の雰囲気やら他のキャラを「食って」しまうインパクトがあります。

そのへんの「怖さ」は 白瀬修 先生も仰られてますけど。

“いいんちょ” が悪役に徹しきれない背景描写なんかは良く描けていたかなぁ

と思います。一途さ、というか健気なところが強調されてまさに “いいんちょ”

らしいところがひしひしと伝わってくる感じがしました。

シリアスな中にもコメディなタッチを忘れない、そんな 『おと×まほ』 の

展開に、今後も期待したいと思います。

posted by 秋野ソラ at 18:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2008年01月10日

『まかでみ・らでぃかる(6) 宇宙人なんですけど。』

「ポリフォニカ」、間に「CODE-E」を挟んで今度は「MA」がアニメ化。

まさしく売れっ子軽小説屋の 榊一郎 先生(イラスト:BLADE 先生)の

「まかでみ」短編集、最新の第6巻です。

http://www.enterbrain.co.jp/jp/p_catalog/book/2007/978-4-7577-3915-4.html


「心はいつも十五歳」と言えば「と学会」会長のモットーみたいなものですが、

数々の作品からネタを引っ張ってくるだけでなく、作家さん自身のエピソードをも

作中に盛り込んでしまうあたりが節操無くてよろしいかと。

・・・ひびき遊 先生はご自身のBlogにおいて数々の「玩具」をお持ちであることを

アピールされておりますので、まぁ、ああいったフレーズがもりこまれるのも

ムリは無いというか当たり前というか。

そんなネタ満載のストーリーは今も健在です。・・・元ネタ分かんないところが

結構あるよなぁ、としみじみ思います。(ぇ

posted by 秋野ソラ at 18:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2008年01月09日

『乙女はお姉さま(ボク)に恋してる 櫻の園のエトワール』

嵩夜あや 先生に のり太 先生、と公式のシナリオライターとイラストレーターが

紡ぎ出す「おとボク」の後日譚。聖應女学院の乙女たちが織り成す新たな物語に

注目の一冊です。

http://www.enterbrain.co.jp/jp/p_catalog/book/2007/978-4-7577-3924-6.html


正統派外伝、ということでゲームをプレイされたことがある方は読んでおいて

損はないと、まずはお伝えするべきでしょう。主役はあくまで “奏” の代に

移ってはおりますが “瑞穂” や “紫苑” といった卒業生もちょこっと出てます。

半分以上設定を忘れてしまった、と「あとがき」で述べている 嵩夜あや 先生

ですが、新しく登場した下級生たちを交えても世界観は損なわれていない、というか

特に違和感無く読めました。私個人の所感ですが。

・・・なんかもうちょっと書いてもいいんじゃないか? という終わり方をして

くれているので私的には続編希望と申し上げておきたいのですが、そのあたり

どうなんでしょうかね、ファミ通文庫さん。(w

posted by 秋野ソラ at 18:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2008年01月08日

『TRASHBOX #16』

そんな感じで「STUDIO S.D.T.」の新刊を譲っていただきました、ぃちゃな 氏に。

こうして見ると ゆーき さんの絵も、何と言ったらいいのか、随分と線が柔らかくなった

というか優しい感じが出てきたかなぁ、と感じます。ほんわかしますね。

posted by 秋野ソラ at 18:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人誌

『“文学少女”と月花を孕(だ)く水妖(ウンディーネ)』

野村美月 先生と 竹岡美穂 先生による「文学少女」シリーズの番外編です。

昨年の『このライトノベルがすごい!』で総合3位に輝くなど、その人気は

未だ衰えを見せない感があります。

http://www.enterbrain.co.jp/jp/p_catalog/book/2007/978-4-7577-3918-5.html


また思わせぶりな予告で終わってるぅ〜。次がいよいよラストなのでめっちゃ

先が気になってしょうがないったらありゃしない。「あとがき」にもありますが

短編集もぜひ出して欲しいなぁ、と切に願う限り。

今回はまた文学少女こと “遠子” の妄言とも思えるような、類まれなる想像力から

生み出された言葉が一つの物語を真の結末へと導く過程が強調されていた作品で

あったかなぁ、と思います。多少は無茶してるかな、ってくらいに。

そんな感じでいつもいつも惹き込まれながら読ませていただいておりますが

兎にも角にも、“遠子” が作中で見せた思わせぶりな言動の数々がどういう

結末に繋がっていくのか、最後までしっかりと見届けるつもりです。

posted by 秋野ソラ at 18:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2008年01月04日

『学校の階段(7)』

はい、そんなワケで読んでましたよ。具体的には先日の遠征中に、ということで

櫂末高彰 先生 × 甘福あまね 先生の 『学校の階段』 最新刊です。

http://www.eb-store.com/NASApp/mnas/MxMProduct?Action=prd_detail&KIND=0&SHOP_ID=478&PRODUCT_ID=1198864&DISPCATEGORY=


生徒会長に立候補した “神庭幸宏” 少年が、短期間の間で色々なものを見聞きし、

考え、行動する。そしてそれをバネに一歩、二歩と大きく成長していく過程が

小気味良く演出されていてとても読みやすいと感じました。

・・・それにしても、ターニング・ポイントにまさか「筋肉」をもってくるとは。

いつか何かの絡みで使えるかもなぁ、と思っていたらここで来ましたからねぇ。

思わず 神奈延年 さん演じる某キャラクターを思い浮かべてしまいました。(w


“神庭” 姉妹も相変わらずなリアクションを見せてくれますが、やはりここは

“美冬” に目がいきがちですね。扉絵なんか反則気味ですよ、ホント。(w

そんな感じで次巻以降も楽しみな作品であります。

posted by 秋野ソラ at 18:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル