2007年12月27日

『学校の階段』シリーズ

櫂末高彰 先生(イラスト:甘福あまね 先生)が綴る、映画化された人気シリーズ。

以前、「いつか読もうと思っているんです」というお話をしたことがあるんですが

先日、近くの古本屋に立ち寄ったら1巻から6巻まで揃って置いてあったんですよ。

即、衝動買いしてまとめて読み倒しました。

・・・今、ちょっと見ただけで20冊以上の新刊ラノベが積まれている状況下において。(w

http://www.eb-store.com/NASApp/mnas/MxMProduct?Action=prd_detail&KIND=0&SHOP_ID=478&PRODUCT_ID=1198648&DISPCATEGORY=

http://www.eb-store.com/NASApp/mnas/MxMProduct?Action=prd_detail&KIND=0&SHOP_ID=478&PRODUCT_ID=1198690&DISPCATEGORY=

http://www.eb-store.com/NASApp/mnas/MxMProduct?Action=prd_detail&KIND=0&SHOP_ID=478&PRODUCT_ID=1198720&DISPCATEGORY=

http://www.eb-store.com/NASApp/mnas/MxMProduct?Action=prd_detail&KIND=0&SHOP_ID=478&PRODUCT_ID=1198761&DISPCATEGORY=

http://www.eb-store.com/NASApp/mnas/MxMProduct?Action=prd_detail&KIND=0&SHOP_ID=478&PRODUCT_ID=1198795&DISPCATEGORY=

http://www.eb-store.com/NASApp/mnas/MxMProduct?Action=prd_detail&KIND=0&SHOP_ID=478&PRODUCT_ID=1198826&DISPCATEGORY=


「階段部」 という非公認部活動集団を通じて、「階段部」に居ることが決して

「逃げ」ではないということを示し、ひいては自分自身の存在意義を見つめ直す

少年少女たちの物語。ザッと読んでみた最初の感想はそんなところ。

個人的には “小夏” 姉さんが殴り込みをかけたシーンが一番印象的でした。

ああいう熱いシーンは読んでいてスカッとしますし、気持ちが良いと思います。

・・・筋肉の名前がやたら出てくるのもインパクトありますかね、そういえば。(w

「缶バッチ」こと “神庭幸宏” が生徒会に立候補した後の顛末を描いた最新刊

(第7巻)は、忘年会やら壮大かつくだらない計画の実現に向けて動いていた件が

片付いてから購入して読みたいと、現在進行形で楽しみにしております。


「階段」と言えば、私はここ最近革靴(ここでは紳士靴)を履いていかに

音を立てずに素早く上っていけるか、という点に注力しています。何でかと

言われると自分でも説明しにくいんですが。

・・・まぁ、スニーキング・ミッションの一環だと思っていただければ。(何

人の背後に音も無く忍び寄って驚かれるのとかワリと好きなんですよ。(ぇ

posted by 秋野ソラ at 18:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2007年12月26日

『あっちこっち(1)』

同人誌でも折に触れ手を出すなど、4コマ漫画に対してはそれなりに思うところが

ありつつも頻度はそれほどでもない、という何とも矛盾した関係を内包する私ですけど、

そんな中、最近手に取ったのが 異識 先生の 『あっちこっち』 だったりします。

http://www.dokidokivisual.com/comics/book/index.php?cid=166


こう、ふとした瞬間に読み返したくなるほのかな面白さ、とでも言いましょうか。

ついつい手に取り直してしまう魅力がある、というか。言葉にするのは難しいですね。

どうにもこうにも素直になれない “つみき” さんの仕草や、“伊御” に予想外の

態度をとられて照れる “つみき” さんの様子を見てゴロゴロする ((c) 岡崎武士)

のがこの作品の醍醐味と言っても良いのではないかと。

・・・どうでもいいですが、“伊御” は朴念仁でありながら時折歯が浮くようなセリフを

何気なくつぶやいたりするプレイボーイぶりを発揮するなど、少々特殊なキャラ設定

だなぁ、と思います。そこがまたこの作品の味になっているんでしょうけど。

posted by 秋野ソラ at 18:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | コミックス

2007年12月21日

『狼と香辛料(6)』

現在 小梅けいと 先生のコミックが 「電撃「マ)王」 にて連載中、アニメの放映も

もうすぐ、ということでこちらも勢いに乗っている 支倉凍砂 先生と 文倉十 先生の

『狼と香辛料』 第6巻であります。

http://www.dengekiya.com/ditails.asp?prdid=A0703770


心通い合わせた二人と言えども、賢狼 “ホロ” はそう易々と「デレ」たりは

しません。旅の道連れ “ロレンス” を尻に敷き、翻弄する言葉や仕草がまた

一層に愛らしく感じます。

前巻においてしてやられた分を何としてでも仕返ししないと気がすまない、そう

息巻く姿も、「別れ」を意識して彼に弟子を取らせようとするところも、それは

それでまた “ホロ” らしいな、と思わせてくれます。

“ロレンス” も “ホロ” にやられっぱなし、というワケにはいきません。

上手くあしらって彼女の頬を赤く染めさせることも少しずつではありますけど

増えてきたようで。相変わらずの「鈍感さ」で機嫌を損ねさせたりもしますが。

次巻からは3人旅になる、ということで新しい道連れが二人の行く末にどんな

影響を及ぼすのか期待しつつ、新刊を待ちわびたいと思います。

posted by 秋野ソラ at 18:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2007年12月20日

『れでぃ×ばと!(5)』

作者自身の意思に反し、エロコメ作家と認知されて久しい 上月司 先生の

ラブコメ作品 『れでぃ×ばと!』 第5巻です。

http://www.dengekiya.com/ditails.asp?prdid=A0703820


今巻の「キャラクターファイル」コメントや挿絵はおとなしいほうですけど、

口絵なんかは相変わらずどうしようもないくらいにエロいイラストが満載です。

このあたりは「流石! むにゅう 先生」というところ。

ここにきてまたまた新キャラクターとなるトンデモな王女様が出てきましたが、

ようやく 上月司 先生が当初考えていた登場人物は全て出尽くしたことになるそうで。

・・・どれだけの女性にフラグを立てれば気が済むのかと、“秋晴” 少年は。(w

“朋美” と “セルニア” が直接対決する体育祭の結果が次巻まで引っ張られて

しまい何とも尻切れトンボな感は否めませんが、その結果とデート編を含めた

第6巻の刊行を心待ちにしたいと思います。

posted by 秋野ソラ at 18:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2007年12月19日

『れじみる。Junk』

『レジンキャストミルク』。藤原祐 先生と 椋本夏夜 先生によるこのシリーズも

短編集第2弾をもって幕を閉じることとなりました。

http://www.dengekiya.com/ditails.asp?prdid=A0703710


来年一月末に初画集を刊行される 椋本夏夜 先生の美麗イラストが今巻ではかなり

多めに詰め込まれています。もちろんショートコミックも含めて。

「湯当たりクライシス」のような底抜けに明るいコミカルなストーリーから

「ありがと、ばいばい。」のようなちょっぴり切なくなるシリアスなお話まで、

二律背反とならずに上手くまとまってしまう。それがこの作品の醍醐味だと思います。

これだけ読んでいて面白い作品が終わってしまうのも惜しいところではありますが、

ここは 藤原祐 先生の次回作に期待すべきところでしょう、ということで

ひたすらに待ちの姿勢です。

posted by 秋野ソラ at 18:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2007年12月18日

『とらドラ6!』

竹宮ゆゆこ with ヤス、両先生の快進撃はまだまだ続く、ということで

コミック連載も好調なラブコメ 『とらドラ!』 も第6巻に突入であります。

http://www.dengekiya.com/ditails.asp?prdid=A0703800


誰も彼もがカッコいいヒーローなワケじゃない。泥臭くてもいいじゃない、

青臭くてもいいじゃない。それが青い春と書いて「青春」なんだよ、という

いろいろなものが詰まった輝かしいスクールライフがそこにありました。

“北村” がとった行動に対して周囲の人間がとった行動もまた、思惑や背景が

あってこそのものであり、一概に受け入れられないかも知れなくても、その立場に

なって考えると、そういうリアクションもアリだなぁ、と思い知らされます。

新生徒会長の新たなる旅立ちと共に、また先の読めなくなった “竜児” や

“実乃梨”、“亜美”、そして “大河” の恋の行方はいかに、ということで

こちらも引き続き要チェックであります。

posted by 秋野ソラ at 18:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2007年12月17日

『乃木坂春香の秘密(7)』

TVアニメ化決定、ということでまずは 五十嵐雄策 先生、ならびに しゃあ 先生には

お喜び申し上げます。電撃文庫から何作目になるんですかねぇ、まったく。(w

http://www.dengekiya.com/ditails.asp?prdid=A0703760


作品中に 能登麻美子 さんを出演させるとは・・・。変化球もいいところですな。

しかも演じるキャラとやりとりさせる、ってメタ的な戦略でもあるのでしょうか。(w

いかにもありがち、かつベタなシチュエーションのオンパレードですけど、

牛歩の如き進捗具合である “春香” と “裕人” の関係にはちょうどよい

くらいの甘さ、ベタベタ感をもたらしてくれているようで。

これでようやく「想い人」の段階へと進化していくのかと思いきや、何やら

両者の逢う時間が制約されそうな状況、そして三角関係なんかが発生しそうで、

まだまだ先の展開に目が離せないみたいです。

posted by 秋野ソラ at 18:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2007年12月14日

『神曲奏界ポリフォニカ レオン・ザ・レザレクター』

K村 編集長の決断により生まれた、色の名を冠さない 『ポリフォニカ』 の物語。

「ブラック」 シリーズに登場する精霊探偵 “レオン” をスピンオフした作品です。

http://ga.sbcr.jp/novel/p-leon/index.html


『ゾアハンター』 からこのかた、大迫純一 先生が紡ぎだすお話が何とも

アダルティー、というかR指定・X指定はくらわないようにお願いしますね

というところがまず第一。(w

神曲楽士と契約し、いざ別れるとなったときに精霊はどのような道を辿るか。

今作はそんな状況を経たある二柱の生き様、その二柱が出会った事件、そして

その末路を示した物語。

さらにその事件を背景として、“レオン” というキャラクターが単に力強い

だけではない、単に情に厚いだけではない、人間とはまた違って一本、芯の通った

一柱の精霊であることがさらに強く印象付けられました。

・・・もちろん、いつも側に女性の影がちらつかせてしまうところも忘れてはいけない

特徴ではありますけど、彼の場合は。(w


2006年5月から続いてきた「月刊ポリフォニカ」もついに先頃、一区切りついて

しまいましたが、まだまだ広がる「ポリフォニカ」ワールドを見届け続ける

気持ちに変わりはありません。

・・・ということで新刊を待ち続ける読者がここにまた一人、そっと佇むのであります。

posted by 秋野ソラ at 18:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2007年12月13日

『つるぎのまい!(1)』

とある事情から購入し続けている「E☆2」にて連載中の『つるぎのまい!』が

およそ2年の時を経てようやくコミックス化された、ということで手に取りました。

http://www.etsu.jp/comics/


2次元にしか興味がない女の子、つまりは「腐女子」な女子高生 “倉敷剣” に

一目惚れしてしまった “保坂英一” 少年が、それでも付き合って欲しいと

果敢に奮闘する物語、と言えばよろしいでしょうか。

男性向けの萌えイラスト満載な雑誌に 「腐女子」 を題材にしたコミックを描く

というある意味挑戦的なスタイルを貫く 龍牙翔 先生のこの作品がここまで連載を

続けられているのも読者の皆さんに数多く支持されてのことと拝察しております。

まぁ、私個人としては 高河ゆん 先生の 『アーシアン』 や 『源氏』 を読んで

ハマりまくっていた時期もありますし、更にさかのぼれば 「アニパロコミックス」

に手をつけていた頃もあるので、ソフトな部分での耐性は一応あるんですよ。

・・・別に公言してどうなる話でもありませんが。(w

という感じで当時のことを思い出しながら読ませていただいてます。


本編では今まで彼のことを「いいひと」くらいにしか見ていなかった “剣” に

その印象を180度覆させるほどの衝撃的な(傍から見れば何てこと無い)出来事が

起こって急展開を迎えようとしていたりしています。

それ以外にもお兄ちゃん大好きっ娘な妹や転校生、元クラスメイトなどを巻き込んだ

龍牙翔 先生の描くすれ違いラブストーリー、ほのかに期待を寄せています。

posted by 秋野ソラ at 18:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | コミックス

2007年12月12日

『レンタルマギカ 魔導書大全』

「おっ、もう長編出たのか?」と思ったら pako 先生のミニイラスト集と

三田誠 先生の短編集を合わせた特別仕様な1冊でございました。

http://www.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pcd=200704000030


ページ数が少なくても定価が普段とさほど変わらないのは pako 先生の

フルカラー「イラストギャラリー」があるからです。見開きを使ったイラスト

などを惜しみなく載せているので紙単価が上がるワケですな。

こうして並べて見るだけでも時の流れを感じる、というか移り変わっていく

何かを感じるようで、ちょっとした心の栄養になります。

・・・そんな雰囲気を吹き飛ばす 「珍ラフ集」 もある意味、一見の価値ありです。

まぁ、担当さんが問い詰めたいのも分かりますけど、無難だとは思います。(w


短編については、 “アディリシア” のスピンオフ・ストーリーとも言える

「魔法使い、結婚します!?」 がお気に入りかな、と。「ウェディングドレスに

花束を」、そんな彼女たちの姿を見てみたかったと思うのは私だけでしょうか。

・・・さて、「レンタルマギカ」 ファン感謝イベント 『マギ・ナイト・パーティ』 への

応募資格をこれにて獲得しましたので、早速ではありますが応募してきました。

興味・関心があるだけに、これは当選してくれるとありがたいのですけれども。

posted by 秋野ソラ at 18:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2007年12月11日

『異国迷路のクロワーゼ(1)』

「I've Sound」とのコラボレーションを実現した、「ドラゴンエイジ Pure」にて

好評連載中である 武田日向 先生の 『異国迷路のクロワーゼ』 第1巻が刊行と

なりました。

http://www.kadokawa.co.jp/comic/bk_detail.php?pcd=200708000487


「ジャポネーズ(日本人形)」 と見間違われるほどに艶やかな着物姿の少女

“湯音” が単身パリのとある鉄工芸店へ奉公に上がる、というお話ですが、

まずはなんと言ってもその “湯音” が可愛らしいのなんの。

ベタ塗りにさぞかし苦労されるであろう彼女の黒髪、着物の柄、工芸品や調度品。

念入りに描き込まれたなびく髪、服の模様、タイルの模様やパリの街並み。

武田日向 先生の絵柄が存分に堪能できる作品です。

遠く離れた故郷「日本」と異国の地「パリ」とで異なる生活習慣に戸惑う “湯音”

と、初めて目にする 「日本の女性」 に戸惑う、雇い主 “クロード” の機微を

丁寧に描くストーリー構成にも注目です。

・・・そんな感じで、個人的にオススメな1冊かな、と思っております。


#カバーを取った表紙・裏表紙の描き込みも大したもんだ、と思います。

posted by 秋野ソラ at 18:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | コミックス

2007年12月10日

『ナイトウィザード The ANIMATION 柊蓮司と宝玉の少女(上・下)』

DVDが今月からリリースされるそうなので、とりあえず近くのレンタルショップに

入荷したら見てみようとは思っています。ということで

  著:菊池たけし+伊藤和幸/F.E.A.R.

  イラスト:石田ヒロユキ、みかきみかこ

以上 敬称略、によるアニメのストーリーをもとに生み出されたもう一つの

『ナイトウィザード The ANIMATION』 ノベライズ、読ませていただきました。

http://www.enterbrain.co.jp/fb/08shinkan/08shinkan.html


・・・何か当たり前のことを言うようですけど、菊池たけし 先生が共著という形で

参加していただいているせいか、伊藤和幸 先生の文章がとても自然に頭の中へ

入ってくる物語だったなぁ、と思います。

裏界だけではなく表の世界、さらにはかつて共に戦った仲間たちをも敵に回して

“志宝エリス” の存在を護り続ける “柊蓮司” の姿は 「下がる男」 としての

コミカルな要素も無く、ただただカッコイイの一言に尽きます。

  「できるよ。あたしの大好きな蓮司なら。」

と素直に言える “赤羽くれは” の一言。みかきみかこ 先生も巻末で言って

おられますが、“柊蓮司” と “赤羽くれは” の深いところで結びついた絆が

羨ましいくらいに見えます。

・・・時に無益な争いをしてしまうよう、仕向けられることもある二人ですけど。


良作な物語を作り上げた諸先生方はもちろんですが、「無事卒業できるんだ!?」

ということが分かった “柊蓮司” にもお祝いを申し上げたいと思います。(w

posted by 秋野ソラ at 18:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2007年12月07日

『デモンパラサイト・リプレイ 剣神[ブレードデモンズ](2) 簒奪者』

でもってリプレイも読んじゃいますよ、ということで 北沢慶 先生監修、

力造 先生/グループSNE × 今野隼史 先生による 『剣神』 第2巻です。

http://www.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pcd=200706000299


今巻では “嵐” に “エレン”、“オロシ” に “前口真耶”、さらに

“かえで” には “山本流生” とパートナー的NPCが登場して随分と賑やかに

なりました。・・・ “オロシ” はちょっと貧乏くじを引いてしまう結果でしたが。

そんな彼の残念な結果はとりあえず置いておいて、リプレイとしては “凪” の

リアクションも面白いですし、“嵐” の「瞳術」もバッチリ決まって格好良かった

のですが、やはりそれらを上回って目を見張るロールプレイをしたのが “かえで”

を演じる 藤澤さなえ 先生。

不思議忍法「満腹輝光」を編み出したり(?)と「ハラペコパワー」を活かした

キャラクターを確立してしまいました。バナナを食べながら会話する術を見につけたり

「私にバナナがあれば・・・」 と悔しがる場面や 「そ、その食べ方がいい!」 と

常に笑いを誘う演技が満載だったところはまさに今回のMVPと言っても良いでしょう。


・・・にしても、“嵐” こと 田中天 先生に 「外道風味が漂うなぁ・・・」 言われてしまう

GMの 力造 先生もある意味スゴいなぁ、と感じずにいられない今日この頃です。

そんな感じ(?)で次巻にも期待したいと思う次第でございます。

posted by 秋野ソラ at 18:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2007年12月06日

『デモンパラサイト(3) 赤き鬼神は、魔を滅す。』

キネティックノベルを購入しつつもまだ手を付けておりません、ということで

まずは 北沢慶 先生 × 植田亮 先生の小説3巻目を読み進めました。

http://www.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pcd=200709000014


“桜子” と “ユキ” の全面対決へ割り込むように現れた父 “八頭健司”、

彼から告げられた忌わしい過去の出来事 「大増殖」 の真実。そして覚醒した

“ユキ” を止めるため共闘する “葵”、“牧野”、“クロサキ”──。

激闘の中で “桜子” が自身の本当の想いに気付き、全てに決着をつけたとき

“ユキ” もまた自身の大切な人が誰なのかを認識する。“桜子” の魂の叫びに、

そして “ユキ” の熱い涙には心打たれるものがありました。

ここで第一部完とのことですが好評につき、引き続き第4巻の執筆に着手されて

いるそうです。続刊についてまずはお喜び申し上げると共に、“葵” と “桜子” の

新たなる物語に期待したいと思います。

posted by 秋野ソラ at 18:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル