2007年10月23日

『ゾアハンター』

で、先月刊行の 『ゾアハンター』 なんですけれども、他の新刊とタイミングが

幸か不幸か重なってしまいまして、つい先日読み終えたところだったりします。

http://ga.sbcr.jp/novel/zoahunter/index.html


それにしても「ハルキノベルズ」の本って、秋葉原の「とら」でくらいしか

見かけたことないんですが。まぁ、それはさて置いて。

最初、取っつきにくいかなぁ、という印象でもって読み進めていったのですが

気がつけば思いのほか早く読了してしまいました。何と言うか、第一印象よりも

文字が自然と頭の中に入ってくるストーリーだったように思います。


感覚としては子供向けではない特撮モノ、と受け取ってもらっても良いかと。

ワリとアダルティな描写もありますし、設定とか背景とか結構シビアですし。

第四章のラストから第五章にかけてなんか特に。

・・・分かっていても切ないというかやるせないというか、そんな “丈” の気持ちが

ひしひしと伝わってきますからねぇ。やはり少年、というよりは青年向けですね。

進化の道を模索して一つの解に辿り着いた “ゾーン” の行く末を、そして結論を

見守るべく続刊を待ちたいと思います。

posted by 秋野ソラ at 18:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル