2007年10月11日

『レンタルマギカ 妖都の魔法使い』

え〜っと、アニメのほうは・・・あぁ、始まってますね。おめでとうございます。

・・・ウチはちょっと観てないんですけど。

ということで最新刊 『〜妖都の魔法使い』 です。

http://www.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pcd=200612000036

http://www.kadokawa.co.jp/sneaker/magica/


何でもかんでも「エミュレート」する “猫屋敷” も凄いですけど、“影崎” の

アレは凶悪無比というか他の追随を許さないかのような暴力そのものですねぇ。

・・・でも、いつかあれを打ち破る「何か」が出てきちゃったりするかも知れない

ワケで。話の展開次第でしょうけど。

“みかん” が近付かない理由もこれで何となく納得できました。

あとは “穂波” の家族関係が何でああなったのか、というところも今後

注目すべき点として今巻、残っています。皆が皆、しがらみというか重い背景を

背負っているとしてもここは物語の根幹にも関わりそうですし。


今回の戦いで、“いつき” を始めとした「アストラル」社員が揃って負けを

認めたことから、今後どうやって「強く」あろうとするのか引き続き刊行を

楽しみにしておきたいと思っております。

#「マギ・ナイト・パーティ」にも申し込んでみたいところですが。

posted by 秋野ソラ at 18:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル