2007年10月08日

『OVA ToHeart2(3)』

まずはビデオシリーズ継続決定、とのことでお喜び申し上げます。

相当人気があった、というかぶっちゃけ売れたと見るべき・・・・なんですよね。

http://www.aquaplus.co.jp/th2v/

第3巻はレポートにもあるとおり、ほぼフルキャストと言っていいくらい

“貴明” と “ささら” の行く先々に各キャラクターが登場してきます。

・・・「Special thanks」に Suara さんの名があったんですが、はてさて?

http://www.aquaplus.co.jp/th2v/special.html

お話としては 「ういういDays」・・・というよりは 「耳をすませば」 的な

ちょっぴりこそばゆいような青春の1ページを垣間見るような感じになって

おります。・・・ “まーりゃん” 先輩がその雰囲気を引っ掻き回しますが。(w

えまさま、こと 小暮英麻 さんには当たり役だよなぁ、“まーりゃん” 先輩。

posted by 秋野ソラ at 18:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

『魔法少女リリカルなのはStrikerS(3)』(その2)

映像特典は

  ・出演声優インタビュー(なのは・はやて・スバル・ティアナ編)

  ・ノンテロップED 『星空のSpica』

となっております。


インタビューが常にグダグダなのは台本が無いからなのね・・・。今回も 田村ゆかり さんが

キャラのイメージを壊すかのようなある意味、問題発言を数々と。(w

いや、面白いからイイんですけど 「イメージが壊れるのはイヤッ」 っていう人は

観ないほうがいいかも知れないですね。これも毎度言ってますが。

・・・植田佳奈 さんもついていけなくなってますからね、思わず。(w

posted by 秋野ソラ at 18:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

『魔法少女リリカルなのはStrikerS(3)』(その1)

第3巻です。何度も言ってますがリファインされていて綺麗に観れますね、DVDは。

  ・第7話「ホテル・アグスタ」

  ・第8話「願い、ふたりで」

  ・第9話「たいせつなこと」

の計3話分、加えて映像特典が今巻には収録されています。

http://www.nanoha.com/


・・・左と真ん中の絵の対比が凄すぎ。自分でやっておいてアレですけど。(w

やっぱり「白い悪魔」健在! ってところを見せつけられた瞬間でしたからねぇ、

インパクト絶大な回だったと思いますよ、第8話は。

もちろん、第9話における “なのは” さんの昔話も加えて、ね。


[続く]

posted by 秋野ソラ at 18:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

『逮捕しちゃうぞフルスロットル』(その7)

・・・まぁ、被害総額も最初からとんでもないことになりそうですけどね。(w

ということで第2話以降も楽しみにしております。

posted by 秋野ソラ at 18:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

『逮捕しちゃうぞフルスロットル』(その6)

そんでもって忘れちゃならない “夏実” の「足ブレーキ」。のっけから

伝家の宝刀を持ち出して決着をつけてきましたからねぇ。演出としてもバッチリでしたよ。


[続く]

posted by 秋野ソラ at 18:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

『逮捕しちゃうぞフルスロットル』(その5)

「TBSアニメフェスタ2007」 の会場で観ていた時もそうだったんですが、やはり

カーチェイスのシーンは通してずっと興奮しっぱなしでしたね、内心。

ここらへんの盛り上げ方は 『逮捕しちゃうぞ』 ならでは、って感じかと。

箱崎で振り切ろうとするあたりとか、“夏実” がドンピシャ合わせてくるところとか、特に。


[続く]

posted by 秋野ソラ at 18:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

『逮捕しちゃうぞフルスロットル』(その4)

今回はいろいろと背負うものが多そうな “ランディ” 少年を巡る完全新作の物語

ということで、期待しつつ常々観ていきたいなぁ、と思っています。

とりあえずレビューするのは 『CLANNAD』 だけにするかも知れませんがそのつもりです。


[続く]

posted by 秋野ソラ at 18:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

『逮捕しちゃうぞフルスロットル』(その3)

空白の期間どうだったのかを教えてくれる “夏実” のモノローグが入りますが・・・・

相変わらず、というかそれ以上にパワーアップしてそうな彼女の姿がいかにも

「らしい」 感じで久々に観ても安心(?)できる1コマでした。(w


[続く]

posted by 秋野ソラ at 18:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

『逮捕しちゃうぞフルスロットル』(その2)

この作品は「脇」も上手く固めてきているので好きなんですが、特にその中でも

“二階堂頼子” を演じる 小桜エツ子 さんがお気に入りなんですよ、ナゼか。(w

なんて言うんですかね、ハマリ役だと思っているからなんでしょうかね。<聞くな


#あっ、課長の 政宗一成 さんもイイ味出してて好きなんですよ。(w


[続く]

posted by 秋野ソラ at 18:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

『逮捕しちゃうぞフルスロットル』(その1)

へい、引き続いて 『逮捕しちゃうぞフルスロットル』、録画してたので観てました。

これも第1話自体は 「TBSアニメフェスタ2007」 で観てきてますが、やはり

家で観れる、というのが大事なワケで。

http://www.tbs.co.jp/anime/taiho/

http://www7.plala.or.jp/akibeya/D/2007_08.html#2007-08-11


いやぁ、また 中嶋敦子 さんデザインの “美幸”&“夏実” コンビを拝めることに

なろうとは思っていなかったですねぇ。原作をリアルタイムで読んでいた頃が

懐かしいというものですよ。


[続く]

posted by 秋野ソラ at 18:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

「CLANNAD」(その6)

エンディングはどんなんかな、と思ったらまさか 『だんご大家族』 ですからね。

めっちゃ驚かされました、っていう話ですよ。しかも替え歌だし。(w

ファン心をくすぐる小技が多くて、言うまでもなく今後に期待大でございます。

posted by 秋野ソラ at 18:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

「CLANNAD」(その5)

第1話を観ていて気になったのはこのへん。・・・何にも知らない人が見て置いてきぼりに

ならないかなぁ、と。まぁ、一般人が観てるとも思えないから別にいいか。(ぇ


[続く]

posted by 秋野ソラ at 18:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

「CLANNAD」(その4)

井上喜久子 さんと 置鮎龍太郎 さんの絡みがまた好演なんですよねぇ。

これはまさにアニメでないと味わえない感覚と言うほかなく。

・・・さすがは「永遠の17歳」。(w


[続く]

posted by 秋野ソラ at 18:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

「CLANNAD」(その3)

第1話を観たときに一番面白い、というかスゲェな、と思ったのは “智代” のバトルシーン。

人外な強さであることは既知なワケで、それを「どう動かしてくるのかな?」と思ったら

想像以上に魅せてくるシーンの連続ですからね。これはもうやられましたよ。

「見物人視点」を入れたことでなおのこと “智代” の戦闘力が強調されましたし。(w


[続く]

posted by 秋野ソラ at 18:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

「CLANNAD」(その2)

日常の中の会話が重要なポイントだ、とどこかでインタビュー記事を読んだ気が

するんですけど、原作の中から抽出してくるエピソードの盛り込み具合が絶妙ですよねぇ。

そこはさすが「京都アニメーション」と言わざるを得ないところです。

“春原” が 阪口大助 さん、っていうのは結構ハマリ役ですな。(w


[続く]

posted by 秋野ソラ at 18:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

「CLANNAD」(その1)

ほい、ということで 『CLANNAD』 第1話、ようやくですが拝見しました。

まぁ、第1話自体は 「TBSアニメフェスタ2007」 で観てきてるので

「日記キーワードランキング」 にランクアップされるほど沸くのも理解できるワケで。

http://www.tbs.co.jp/clannad/

http://www7.plala.or.jp/akibeya/D/2007_08.html#2007-08-11


ゲームをプレイされた方なら共感できると思うエピソード、キャラクター同士のやり取り

が満載で 「アニメ化とはこういうことさ」 というものを見せつけてくれる内容ではないかと。

もうホント、観てもらうしかないの一言なんですけどね、要は。


[続く]

posted by 秋野ソラ at 18:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

『魔法少女リリカルなのはStrikerS』(その10)

・・・最後もガチなバトルで〆ようとするあたり、“フェイト” さんも結局流されて

巻き込まれたりするあたり、「機動六課」の面々らしいなぁ、と思いました。(w


「afterwards」 の内容は、まぁ、順当な流れだと思います。

「メガミマガジン」11月号でもちょっとだけ同じようなこと触れてますけど。

“スバル” と “ティアナ” がこの時点で離れ離れになるところがちょっと寂しく感じる

くらいでしょうか。

“スバル” が憧れの “なのは” さんと同じセリフが言えるようになった成長ぶりを

見届けたところでこのレビューも〆と致しましょう。

posted by 秋野ソラ at 18:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

『魔法少女リリカルなのはStrikerS』(その9)

いやぁ、スタッフの皆さん、出演者の方々、全26話お疲れさまでございました〜。

久々にほぼリアルタイムでアニメを観る、という気にさせてくれて、またその価値もあったと

思っております、本当に。


[続く]

posted by 秋野ソラ at 18:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

『魔法少女リリカルなのはStrikerS』(その8)

・・・ホントに決着を「宇宙」で着けちゃいましたねぇ、「ガンダム」じゃないですけど。

とにかくこれで「事件」も無事解決です。


[続く]

posted by 秋野ソラ at 18:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

『魔法少女リリカルなのはStrikerS』(その7)

「機動六課」メンバー全員の脱出を見届けたところでいよいよ “クロノ” 提督の出番。


[続く]

posted by 秋野ソラ at 18:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

『魔法少女リリカルなのはStrikerS』(その6)

でもって “スバル” の熱血ぶりを最後もアピールして “なのは” さんたちとご対面。

バイクもってきたのもちゃんと話として繋がってますね。


[続く]

posted by 秋野ソラ at 18:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

『魔法少女リリカルなのはStrikerS』(その5)

最後の最後まで “ヴァイス” 陸曹に「おいしい場面」が巡ってくるあたり

スタッフさんにも思い入れがあるんかな、と勘繰ったりしてますが。

てか、“ティアナ” 的にはこれでもうフラグ立ったようなもんじゃないでしょうか。(w

#フラグとか言うな。


[続く]

posted by 秋野ソラ at 18:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

『魔法少女リリカルなのはStrikerS』(その4)

“エリオ” もカッコイイとこ見せつけてくれちゃってましたね。成長しました。(ホロリ


[続く]

posted by 秋野ソラ at 18:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

『魔法少女リリカルなのはStrikerS』(その3)

・・・にしても、一閃して薙ぎ払われてしまうとそれこそ「どこぞの機動兵器ですか?」

って感じでしたけどね。いや、カッコイイんで良いんですけど、“シグナム” 姐さん。


[続く]

posted by 秋野ソラ at 18:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

『魔法少女リリカルなのはStrikerS』(その2)

・・・の前にいくつか見せ場があったので触れておきましょうか。

まずは “ゼスト” の最後を看取った “アギト” の取った行動、ということで

“シグナム” 姐さんの意志を見届けるための「ユニゾン・イン」。シーンとしては

短かったかもしれませんが、心の葛藤みたいな描写はよく表現できていたと感じます。


[続く]

posted by 秋野ソラ at 18:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

『魔法少女リリカルなのはStrikerS』(その1)

ぃちゃな 氏の全面協力を得まして、仕事の関係で思いっきり見逃してしまった

『魔法少女リリカルなのはStrikerS』 最終話、ようやくですが拝見させて頂きました。

http://www.nanoha.com/


・・・すいません、出すと言っていたメディア代を渡すの忘れてました。後ほど処理します。

ということで「事件」としてはほぼカタが付いて、あとは “なのは” さんたちを

決戦の場から救い出すのみ、という状況。〆には「機動六課」メンバーの今後を示した

「afterwards」があったりと本当に終わったんだなぁ、と実感させられる内容であったかと。


[続く]

posted by 秋野ソラ at 18:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ