2007年10月31日

『ナイトウィザード ヴァリアブルウィッチ(1)』

当方、「MXテレビ」の受信感度が悪くて見逃している『ナイトウィザード the ANIMATION』

が放送中と波に乗る「ナイトウィザード」の世界。今度は「ファミ通プレイステーション+」

にて連載のコミックがマジキューコミックスより刊行となりました。

#「マジキュー」無いけどなぁ。(w

http://www.enterbrain.co.jp/jp/p_catalog/book/2007/978-4-7577-3872-0.html


猫猫猫(ねこびょう ねこ) 先生のお名前は前に拝見しておりましたが、

先生の描いたイラストを認識するのはこれが初めてのような気がします。

・・・まぁ、それはさておき。

この作品の主人公 “藤原竜之介” も「輝明学園」に通っているので

もしかしたら “柊蓮司” や “赤羽くれは”、“緋室灯”との絡みが

あるかも知れないという可能性に期待していたりします。

・・・それぞれ一コマだけ友情出演しているようなくらいですが、今のところ。

パーティとしても即席で組んで現在3人ですからねぇ。「ナイトウィザード」は

4人いたほうがバランスよく組めると思いますけど、かといって “柊” が

出てくると “竜之介” のキャラが喰われそうですし。

・・・出すとしてもNPC扱い、ってところが無難ですかね。

とりあえず、「賢明の宝玉」を巡るウィザードたちの物語、心ひそかに

応援させていただくことに致しましょう。

posted by 秋野ソラ at 18:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | コミックス

2007年10月30日

『天からの一撃 ダブルクロス・リプレイ・ストライク』

「第一回 田中天 “俺” 祭り」へ応募するにあたって購入していたのですが、

「ダブルクロス・リプレイ」 をまだ読んでいなかったりという背景もあって

今の今まで読了させていませんでしたので、とりあえず読み終えました。

http://www.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pcd=200702000182


── 著者・小太刀右京 先生の相棒でもある 三輪清宗 先生。

── 小太刀右京 先生が所属していたTRPGサークルの先輩でもある 三田誠 先生。

── 「ダブルクロス The Second Edition(DX2)」の作者である 矢野俊策 先生。

── 矢野俊策 先生の古くからの友人で、「伝説のプレイヤー」とも称される 田中天 先生。

TRPGプレイヤーの猛者たちが集うリプレイでしたが、やはりなんと言っても

奇天烈、破天荒なキャラクター “国見以蔵” を演じる 田中天 先生のプレイぶり

が反則的に面白かったです。・・・電車の中で読むのはちょっとキケンかも。(w


そんな 田中天 先生の怪演(?)を受けて、GMをフォローすべく時に力ずくで

押さえにかかる、矢野俊策 先生演じる “シャル”。

“国見以蔵” の決め台詞&ポーズの「ブラストハンド──」がやりたくて

たまらなかった、と時に相乗りしてしまう、三田誠 先生演じる “モルガン”。

“国見以蔵” から「ロボ子」などと呼ばれても冷静沈着に彼を支援し続ける、

三輪清宗 先生演じる “マーヤ”。

この三者三様の絡みが上手く繋がって、より面白いシーンが築き上げられていく

過程も、もちろんこのリプレイを語る上で外せない要素だと思います。

#著者と同じ名前のNPCを出してくるあたりもなかなか面白い「フリ」でした。(w


そんな面白おかしい演技をされている先生方ですけれども、シリアスな場面では

きっちりと演出をキメてくるあたり、流石は猛者、と感じさせてくれます。

エンディングも綺麗にまとまっていて良かったです。やはり物語は丸く収まって

くれるのが一番ですね。

posted by 秋野ソラ at 18:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2007年10月29日

『レンタルマギカ from SOLOMON(1)』

「月刊Asuka」にて連載中である 成宮アキホ 先生のコミックとはまた別の、

MAKOTO2号 先生による “アディリシア” メインのスピンオフ作品、

それがこの 『レンタルマギカ from SOLOMON(1)』 です。

(原作:三田誠 先生、キャラクター原案:pako 先生)

http://www.kadokawa.co.jp/comic/bk_detail.php?pcd=200707000144


連載開始からちょくちょく雑誌を拝読しておりましたが、第1話からすでに

期待大で、実際に通して読んでみるとなおのことその良さが伝わってきます。

とりあえず原作、ないしアニメを観ている方なら読んでおいて損はないでしょう。

私は何度も読み返すくらい楽しませてもらってます。

冒頭にも書きましたが、単に原作をなぞってコミカライズしているワケではなく、

三田誠 先生自ら 「際だって謎の多い人物」 と評する “アディリシア” の

生い立ちやエピソードに触れていく、という点がコンセプトとして評価できるかと。

そして何より MAKOTO2号 先生のイラストが 『レンタルマギカ』 の

世界観と見事に合致しているところが更に良いと申し上げるべき点でしょう。

・・・早くも2巻が待ち遠しくてなりません。


#「マギ・ナイト・パーティ」の道へ、あと1P・・・。

posted by 秋野ソラ at 18:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | コミックス

2007年10月26日

『ご愁傷さま二ノ宮くん(8)』

コミックス第1巻も発売中、TVアニメも放送中、ということで波に乗り続ける

『ご愁傷さま二ノ宮くん』 シリーズ長編第8巻でございます。

http://www.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pcd=200706000204


いやまぁ、またトンデモないキャラが “二ノ宮 峻護” を「狙う」ことに

なりましたな。体は少女の姿にして心はすでに仙人が如く老獪、そんな彼女

“ヒルダ” に試されて出した彼の答え。それを受けた彼女の行動──。

・・・シチュエーションとしてはご愁傷さま、というよりはある意味おいしい

と見ても差し支えないような気はしなくもないです。あんなに寛容なんだし。(w


そんなふうに試されることを享受したのも、ひとえに彼が “月村真由” という

少女を救いたいと願ったからこそ。されど好機が見えた途端に顕現した、彼女の

存在そのものに関わる秘密。

・・・この流れからすれば次巻は “月村真由” という存在が持つ 「不自然さ」 を

紐解いていく内容になることでしょう。さらに言えばもう一度 「彼女」 に逢えるのか

という点を追求していくことにもなるでしょう。

そんなワケことで第9巻を刮目して待つことに致します。

posted by 秋野ソラ at 18:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2007年10月25日

『BLACK BLOOD BROTHERS(8) ―ブラック・ブラッド・ブラザーズ 宣戦恋歌―』

  「── Are you known?」


その問いかけの意味を知ったとき、『BLACK BLOOD BROTHERS』 第3部の幕が

高らかに上がったことを思い知らされることでしょう。

ということで あざの耕平 先生 × 草河遊也 先生による人気シリーズも

長編第8巻に突入です。

http://www.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pcd=200706000206


過去、その片鱗は見え隠れしていましたが、いよいよ “ミミコ” の立志伝とも

いうべき流れがうねるかのように動き始めました。歴史として振り返ったときの

ターニング・ポイントというべきシーンが目白押しでしたねぇ、今巻は。

一介の 「調停屋」 が一瞬にして 「時の人」 となり、時に思いつめ、時に逃げ出し、

それでも “コタロー” や “ジロー” に支えられて大きな一歩を踏み出す──。

そんな彼女の物語に触れてみてはいかがでしょうか、とオススメする次第です。

・・・それにしても、もしかするとあれが 「東の龍王」 こと “セイ” の今の姿

なんですかね。そうだとしたらかなりの茶目っ気ですが。(w

posted by 秋野ソラ at 18:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2007年10月24日

『ROOM NO.1301(9) シーナはヒロイック!』

新井輝 先生と さっち 先生による、恋だの愛だのを探し求める少年少女たちの

物語も長編第9巻を迎えることとなりました。

http://www.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pcd=200706000201


いやぁ、それにしても今巻の口絵はアレですね、見えてますけどいろいろと

大丈夫ですか? という さっち 先生のイラストでボディーブローをかまされた

ような感じですね、まずは。(ぇ


“シーナ” 編が長く続いておりましたが、今巻のラストでいよいよ一山動いた

というかとりあえずの決着がついたというか、そんな展開になりました。

まぁ、このへんはプロローグとか見ていれば想像に難くないところですけど、

問題はここから “健一” がどう絡むのかということ。また、そこから派生して

「シーナ&バケッツ」 の辿る経緯は、という点に焦点が移ります。

ここにきてようやく 「普通の恋愛」 を求めることに対する違和感を意識する

ようになった “健一” ですから、順当にいけば「こうして、アレして」っていう

流れになりそうですがね。(何


そして今回の「あとがき」ですが、これもまた変化球できましたねぇ。(w

すっとぼけた感じに聞こえる 新井輝 先生の発言がこれまた何とも面白くて。

ここまで「あとがき」が面白いのって『キノの旅』くらいかな、と思います。

ただ、この「フリ」で持ってくるとなると、次巻はもしかしたら 新井輝 先生の

出番がなかったりなんかしちゃったりして、という展開もありうるのがまた

恐ろしいところで。そんなところも含めて大台の第10巻、楽しみにしております。

posted by 秋野ソラ at 18:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2007年10月23日

『ゾアハンター』

で、先月刊行の 『ゾアハンター』 なんですけれども、他の新刊とタイミングが

幸か不幸か重なってしまいまして、つい先日読み終えたところだったりします。

http://ga.sbcr.jp/novel/zoahunter/index.html


それにしても「ハルキノベルズ」の本って、秋葉原の「とら」でくらいしか

見かけたことないんですが。まぁ、それはさて置いて。

最初、取っつきにくいかなぁ、という印象でもって読み進めていったのですが

気がつけば思いのほか早く読了してしまいました。何と言うか、第一印象よりも

文字が自然と頭の中に入ってくるストーリーだったように思います。


感覚としては子供向けではない特撮モノ、と受け取ってもらっても良いかと。

ワリとアダルティな描写もありますし、設定とか背景とか結構シビアですし。

第四章のラストから第五章にかけてなんか特に。

・・・分かっていても切ないというかやるせないというか、そんな “丈” の気持ちが

ひしひしと伝わってきますからねぇ。やはり少年、というよりは青年向けですね。

進化の道を模索して一つの解に辿り着いた “ゾーン” の行く末を、そして結論を

見守るべく続刊を待ちたいと思います。

posted by 秋野ソラ at 18:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2007年10月22日

『神曲奏界ポリフォニカ ペイシェント・ブラック』

先月の 『ゾアハンター』、今月の「ポリ黒」、そして来月のスピンオフ作品

『〜レオン・ザ・レザレクター』 と3ヶ月連続刊行ですよ、大迫純一 先生は。

まさに驚異的な速筆。

そりゃあ BUNBUN 先生もスケジュール的に挿絵を担当できなくなってそうですよ

っていうのは私の憶測ですが。(ぇ

http://ga.sbcr.jp/novel/p-black/index.html


今巻には “マティア” のお茶目に可愛らしい挿絵が2枚ほどありまして、しかも

他のイラストはかなりシリアスなんで余計に際立っていたので面白いというか

なんと言うか・・・(w。とりあえず BUNBUN 先生、良い仕事されてますな、の一言。

そんな “マティア” の “マナガ” にべったりな関係に拍車が掛かる中、将都

「トルバス」 に精霊事件の発生は尽きない、ということでまた “マナガ” の

黒い涙が零れていくことになるのですけど、それがまさに鬼神のごとき働きぶり。

話の流れとしては犯人の特定が簡単・・・にも関わらず動機が読めない。しかして

種明かしをされてみると 「人」 と 「精霊」 の関係とは何か、そんな深い命題に

辿り着くという重くてより話の根幹に近付いていくような、そんな感じでしたね。


“マナガ” が犯人に「罪」の姿を見せることが出来た、という能力(?)も

気になるところですが、やはり目下注目すべきところは “マティア” の

あの変わり様、でしょう。

「〜の何%かは─で出来ている」、そんなくだりではありませんが、やはり

取り込んだか、それとも与えてしまったか、そんな線が濃厚じゃないかと推測

しておる次第ですよ。

まぁ、そこはひとまず横に置いておくとして、来月のスピンオフ作品をまず先に

待ちわびることに致しましょうか。

posted by 秋野ソラ at 18:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2007年10月21日

『ひとひら(4)』

TVアニメーション『ひとひら』、DVD第4巻を借りてきましたので早速拝見です。

http://www.hitohira.tv/


ついにきました、“一ノ瀬野乃” と “榊 美麗” 二人の絆の深さが示される

『ひとひら』 の核とも言うべきシーン。これはもう 雪野五月 さんが見事に

演じられていたと思います。今回は間違いなく MVP と言って良いでしょう。

そして公演当日。・・・川澄綾子 さんの「ねこパンチ」、良かったッス(w

・・・は置いといて、公演中に起こったハプニングに “麻井 麦” はアドリブで

対応できるのか、という原作(第一部)でも山場だったところです。

・・・ちょっ、樹元オリエ さん、声変わりすぎッスよ。ビックリしましたよ。(w

これがあの本番前に緊張して気絶した “麦チョコ” なのか、って感じですよ。

こりゃあ、確かにインパクトありますわなぁ。

ここでも突然の、あまりにも絶望的な場面を見るに耐えなくて思わず席を立つ

“榊 美麗” を好演されてます。その勢いを引き継いで押せ押せムードな “麻井 麦”

が力戦する次巻以降も続けて観させていただこうと思っています。

posted by 秋野ソラ at 18:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

2007年10月19日

『じーちゃん・ぢぇっと!』&『じーちゃん・ぢぇっと!! ハニバニ。』

間を空けての第2巻 『〜ハニバニ。』 が出る前に第1巻を読んでおこう、と

在庫の少ない状況下において池袋の「とら」で探し当てたのが約1ヶ月前。

そして第2巻と合わせて読み倒したのでまとめてのご紹介、となります。

http://www.dengekiya.com/ditails.asp?prdid=A0510380

http://www.dengekiya.com/ditails.asp?prdid=A0703020


第1巻が “ジェット” 少年の淡い恋・・・にはまだ届かないかもしれない恋物語を

基調とした、とっても若作りでちょっとヘンなじーちゃん、こと “月兎” のことが

憎めない、やっぱり好きだと認識するお話。

第2巻はそんな “月兎” の秘密に触れる昔話であり恋物語と、現在の奇行ぶりを

交互に対比させてみせることでじーちゃんにも繊細でピュアな頃があったことが

印象付けられる内容でした。

・・・でもってどうやら続刊 『〜ラブバニ。』 へと続いていくらしいです。

どうやら “ジェット” 少年にもなにやら秘密がありそうな、そんな雰囲気を

匂わせつつ。

「ミゥミゥ」こと “束紗美雨” のひたむきさにエールを送りながら第3巻の

刊行を待ちたいと思います。

posted by 秋野ソラ at 18:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2007年10月18日

『オオカミさんとマッチ売りじゃないけど不幸な少女』

いつの間にやら「オオカミさん」シリーズも4巻目。締め切りを1ヶ月以上

ブッチしたらしいですが、とにかく刊行されて何よりです。

http://www.dengekiya.com/ditails.asp?prdid=A0703070


今巻はなんと言っても

  「おおかみさん花咲さんの依頼でちょっと熱血スポコンしちゃう」

  「おおかみさんと特に何も起こらない普通の休日」

  「おおかみさんマッチ好きの少女に宣戦布告される」

の3話にかけて次々と、より強力な「デレ」の仕草を見せる “おおかみ” さん

に注目です。沖田雅 先生も自画自賛されていましたけど。

あと、個人的には “りんご” さんとの百合っぽい話も好きですね。いかにも

小悪魔的かつしたたかな “りんご” さんと、振り回されてついつい乗せられる

“おおかみ” さんとの絡みが面白いと思います。

次は 「水着!! 水着をっ!!」 と 沖田雅 先生が息巻いていらっしゃいますので

うなじ 先生のイラストと共に期待しておくことに致します。


・・・にしても、「ここ掘れワンワンプレイ」 って一体なんでしょうね?(w

posted by 秋野ソラ at 18:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2007年10月16日

『新感覚癒し系魔法少女ベホイミちゃん(1)』

同時刊行している 『ぱにぽに』 からのスピンオフ作品、ということで

“ベホイミ” が主役の魔法少女モノ(?)第1巻です。

http://www.square-enix.co.jp/magazine/gfantasy/newbook/200709_03.html


ナニゲにカッコイイと思ったんですけど、“ベホイミ”。特に 99 ページの

『魔法少女』ってつぶやくまでのところとか。思いっきりコメディものの

ハズなんですけどね。(w

もちろん 『ぱにぽに』 を読んでる方ならご存知の「桃月学園」のメンバーも

出てきていますので2度オイシイみたいな、ね。


ちなみに「初回限定特装版」を購入していますが、そのオマケとして付いてくる

「新感覚癒し系偽アニメ偽資料集」 が結構豪華な作りになってます。

ムダにしっかりと作られた設定資料や絵コンテ、用語集などに加えて

「シャフト」の 新房昭之 さん、高山カツヒコ さん、大沼心 さん、そして

原作者の 氷川へきる 先生を集めた「スタッフ座談会」まで用意してますし。

『ぱにぽにだっしゅ!』 の続編っていうのも確かにアリな選択肢ですなぁ。

posted by 秋野ソラ at 18:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | コミックス

2007年10月15日

『Kanon(2)』(その19)

映像特典は「京都アニメーション」のアニメ制作現場密着リポート、その第2回目。

・・・やっぱりワリと裕福な家庭の一戸建てみたいに見えるんですが。(w

石原立也 監督の「原作にある絵をアニメになっても見たいと思いませんか?」という

問いかけ、そして「原作にある絵をなるべく使うようにしている」という想い。

そこから、原作のイメージを大切にしながら絵コンテを切っている、ユーザ寄りの観点で

モノづくりをしている氏の信念が伝わってくるインタビュー内容であったかと思います。


#やっぱりウォーターフォール・モデルは上流工程が大事なんです。(だから何

posted by 秋野ソラ at 18:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

『Kanon(2)』(その18)

なおもイタズラの絶えない “真琴” ですが、そんな彼女の胸中で “祐一” が

一番必要となる存在へと格上げされる日も近そう、というところで次巻待ちです。

#やっぱり水面の処理が驚異的だなぁ。(w


[続く]

posted by 秋野ソラ at 18:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

『Kanon(2)』(その17)

そしていよいよ “真琴” 更生プログラム、というか社会復帰への道を探っていく

流れに来れば、やはり “真琴” シナリオだけかなり進展している様子が

見てとれます。


[続く]

posted by 秋野ソラ at 18:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

『Kanon(2)』(その16)

マンガは日本が誇る文化の一つです、などとのたまいつつ・・・「少年Key」って

どんな雑誌なんやろねぇ。(w


[続く]

posted by 秋野ソラ at 18:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

『Kanon(2)』(その15)

“祐一” もやられっぱなしの弱い子、というワケではないので逆に仕掛けたりもしてます。

あまりにも素直だからこそ振り回される “真琴” をしっかりと演じられていると

思いますよ。>飯塚雅弓 さん


[続く]

posted by 秋野ソラ at 18:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

『Kanon(2)』(その14)

“真琴” が仕掛けてくるイタズラの数々、そしてそれをことごとく打ち破る “祐一”。

二人の激闘(?)の様子もしっかりと踏襲されてますね。


[続く]

posted by 秋野ソラ at 18:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

『Kanon(2)』(その13)

そんな “真琴” はいきなり “祐一” と裸の交流・・・って、んなワケないですけど。(w

#トラウマになったりしないもんですかね。(何


[続く]

posted by 秋野ソラ at 18:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

『Kanon(2)』(その12)

“祐一” を驚かそうと夜の学校に忍び込んだ “真琴” に出会い、彼女に

何か感じるところのある “舞” が “祐一” に注意を促す──。

ここから察するに、まず最初にケリをつけなくてはいけないのが “真琴” シナリオ

なんじゃないのか、という想いに至るワケですが・・・。


[続く]

posted by 秋野ソラ at 18:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ