2007年09月28日

『魂☆姫(1)』

剣康之 先生のイラストを気に掛けるようになったのは、やはり

『食卓にビールを』(小林めぐみ・著)の挿絵からだと思うのですが、

そんな 剣康之 先生の新作コミックスを早速手にとってみました。

http://www.jive-ltd.co.jp/catalog/4861764318.html

http://www.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pcd=200703000556


  「ト・・・トモくんが・・・・・・超ロリコン野郎だったなんてーっ!!」

  「このペド野郎ーっ!!」

と悔し涙と絶叫を残して走り去る “孝美” に、まずナイスリアクション賞を。

主人公 “トモノリ” の幼なじみという立場にありながら兎角不遇な扱いを

受けるヒロインの一人として、君に幸あれ。

基本的なコンセプトとして、先日ご紹介しました 『エアリセ』 や

『おまもりひまり』 と実は似ている箇所があったりします。「戦う少女」とか

「護られる主人公」とか「不遇な扱いを受ける幼なじみ」とか、まぁ色々と。

しかし、そういった似通った要素をあわせ持ちつつも、剣康之 先生の絵を

活かした、コメディー色の強いとても面白い内容に仕上がっています。

個人的にはお気に入りの一品です。

もちろん、続刊も期待しつつマークしていきたいと思っております。

posted by 秋野ソラ at 18:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | コミックス

2007年09月27日

『おまもりひまり(2)』

「そっち方面の期待だけは裏切りませんよ」と語る 的良みらん 先生の

スラップスティック・ラブコメディ 『おまもりひまり』 第2巻です。

http://www.kadokawa.co.jp/comic/bk_detail.php?pcd=200705000198


「とら」 で購入したときに付いてきた 「第2巻発売記念小冊子(8p)」 も

そうなんですが、お色気十分、フェロモン全開、ということで確かに

「そっち方面の期待」は裏切らない内容になっているかと。

#てか「ローションプレイ」て。(w

着物にメイド服にワンピース・・・・何でも着こなす可愛らしい “緋鞠” も

若殿 “優人” を護る 「戦い」 そのものに心奪われてしまえば、途端に

狂戦士となりうる危険性をあわせ持つ、ということが今巻で明らかに。

そういったシリアスな場面がありつつも、基本は気楽に読み進めていける

内容と今後の展開に引き続き期待、ということで。

posted by 秋野ソラ at 18:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | コミックス

2007年09月26日

『エアリセ(3)』

榎宮祐 先生が声を大にする魂の叫びを君は見たか、ということで

「月刊電撃コミック ガオ!」 にて好評連載中の 『エアリセ』 第3巻です。

http://www.dengekiya.com/ditails.asp?prdid=B0702470


・・・まぁ、確かにどれも「胸」には違いないな。(w

今回は “ヒロ” と共に居ることで生じる “シロ” の喜怒哀楽がふんだんに

盛り込まれていたり、“タマ” との出会いから「生きる理由」を探すために

生きることを決めるまでの経緯が描かれていたりと少しずつ物語の核心へ

と近づいていく展開、存分に楽しませてもらいました。

“結衣” の照れる顔とか、めったに見れない “シロ” の笑顔など

印象的なシーンの描写も多くて、そういった点も良かったです。

今後は “ヒロ” がなぜ「死界症候群」という病に冒されたか、

なぜ奇跡的に生還できたのかという最大の謎を解き明かすために

話が紡がれていくものと期待しつつ、次巻の刊行を待ちたいと思います。

posted by 秋野ソラ at 18:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | コミックス

2007年09月25日

『いおの様ファナティクス(2)』

諸般の都合により、惜しまれつつも最終巻を迎えることとなりました

藤枝雅 先生の 『いおの様ファナティクス』 第2巻です。

http://www.mediaworks.co.jp/special/daioh/comics/ionosama.html


・・・そりゃあね、まさか雑誌がなくなるとは思いもよらなんだ、という感じで。

藤枝雅 先生ご自身も仰られていますが2巻で終わらせるには少々惜しい

展開だっただけに残念でなりませんが。

『AliceQuartet』と世界観をシェアしたりといろいろ広げられそうな

要素もありそうでしたし。とはいえ、突然の通告にも関わらず見事

2巻で収めてくるあたりも流石の手腕と言うべきところでありましょう。

#孫、か。可能性としてあり得なくない道の一つですなぁ。


“絵兎” を始めとする側女たちのエピソードとか、「OLちゃん」こと

“尾上涙子” は結局のところ側女に落ちた(?)のか、とかいうお話を

別の雑誌なり、同人誌なりで見てみたいところです。

・・・どうですかね、メディアワークスさん。

#“絵兎” の「事後」は面白かったな・・・・とりあえず「電撃大王」か?(w

posted by 秋野ソラ at 18:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | コミックス

2007年09月23日

『beatmaniaIIDX VISUAL EMOTIONS 6』(その3)

今回はなんと言っても『spiral galaxy』を始めとした「CORE ARENA」シリーズ

をまとめて収録していること。特に『spiral galaxy』は音楽的にも映像的にも

気に入っていた作品ですので、これだけで「買い」でした、私には。

そして 「CORE ARENA」 シリーズを4つ並べて見せていただいたことで

その起承転結ぶりが良く分かって2度おいしい、みたいな感じで。

『SigSig』 にしても 『冥』 にしても、あるいは他の楽曲にしても

曲として、映像として秀作・傑作が多かったんだなぁ、と改めて実感。

・・・さて、ちょっくらプレイしてみますかね、「〜DistorteD」。(w

posted by 秋野ソラ at 18:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | DVD・BD

『beatmaniaIIDX VISUAL EMOTIONS 6』(その2)

シリーズも二桁を超えるほどになりますと、キャラクターを前面に押し出した

ムービーなんかも多く見かけられるようになりまして、横目で見ながら

追っていこうとするとキーを押し間違ったりとかするワケですが。(w

そういうのも落ち着いてみていられるのが「VISUAL EMOTIONS」の

良いところですね。音も綺麗に合わせて入ってますし。


[続く]

posted by 秋野ソラ at 18:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | DVD・BD

『beatmaniaIIDX VISUAL EMOTIONS 6』(その1)

・・・ようやく箱から開けて観ましたよ。「〜DistorteD」 はこれから

ちょっとプレイしてみるつもりですが。(ぇ

http://www.konamistyle.jp/customfactory/bm2dx_ve6/index.html


「〜GOLD」から『The Smile of You』を収録していたり、「〜HAPPY SKY」

「〜RED」からも良いネタを数多く仕込んできていたりと今回はかなり

当たりだと思います。「IIDX」ファンならまず押さえておいて問題ない内容。


[続く]

posted by 秋野ソラ at 18:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | DVD・BD

『魔法少女リリカルなのはStrikerS』(その24)

ラストまで気が抜けない、ということで最後は若き魔法少女 “スバル” たち

に〆てもらいましょう。次週、約束の空へテイク・オフ! です。

posted by 秋野ソラ at 18:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

『魔法少女リリカルなのはStrikerS』(その23)

・・・と思ったら、どうやら “なのは” さんたちは「ゆりかご」の中に

魔力が使えない状況で閉じ込められてしまう形になってしまった模様。


[続く]

posted by 秋野ソラ at 18:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

『魔法少女リリカルなのはStrikerS』(その22)

そう、“なのは” ママの言いつけをしっかりと守ろうとしていたワケですな、

“ヴィヴィオ” は。それを見てすぐに彼女を抱きしめに行った “なのは” さん

の心の中には、その当時とは違う「娘」への深い愛情が芽生えている

ということが如実に現れているシーンかと。演出としては申し分ないところ。

・・・にしても “なのは” さん、壊しすぎですよ。(w


[続く]

posted by 秋野ソラ at 18:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

『魔法少女リリカルなのはStrikerS』(その21)

力を使い果たした “なのは” さんの耳に飛び込んできたのは “ヴィヴィオ”

の明らかな拒絶の意思。

「あれ、もしかして失敗した?」 と思いきや・・・


[続く]

posted by 秋野ソラ at 18:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

『魔法少女リリカルなのはStrikerS』(その20)

薄桃色の光に包まれて、ついに「レリーズ」って感じです。(違


[続く]

posted by 秋野ソラ at 18:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

『魔法少女リリカルなのはStrikerS』(その19)

いや、「いけます」ってアナタ。(w

どうでもいいけどこの “レイジングハート” はかなり描き込み入ってますね。

・・・いつもこうならイイんですがねぇ。


[続く]

posted by 秋野ソラ at 18:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

『魔法少女リリカルなのはStrikerS』(その18)

そして “ヴィヴィオ” を 「ゆりかご」 の呪縛から解き放つため、最後の力を

ふり絞ります・・・って、仕掛けが凄い事になっている気がするんですが。(w


[続く]

posted by 秋野ソラ at 18:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

『魔法少女リリカルなのはStrikerS』(その17)

そんな “ヴィヴィオ” の想いを、叫びを聞いてあれほど気丈に振舞っていた

“なのは” さんの瞳からあふれ出す涙。出会いは偶然でも、 “ヴィヴィオ”

の親たらんとする姿勢を 田村ゆかり さんが見事に演じきっています。

これはやはり実際に観て頂くほかにない名場面と言えるでしょう。


[続く]

posted by 秋野ソラ at 18:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

『魔法少女リリカルなのはStrikerS』(その16)

「自分」という存在。その全てを知った “ヴィヴィオ” の悲しい叫び。

それでも本心に残る “なのは” ママへの想い。

これはぜひ観て頂かないと、という名シーンですね。水橋かおり さんの

演技が涙を誘います。


[続く]

posted by 秋野ソラ at 18:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

『魔法少女リリカルなのはStrikerS』(その15)

そんで “ヴィヴィオ” の思考が戻ってきたところで親子ゲンカも

いよいよ最終ラウンドへ突入。内装も変わって雰囲気出てます。


[続く]

posted by 秋野ソラ at 18:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

『魔法少女リリカルなのはStrikerS』(その14)

・・・もう、捕まえに行く必要も無いくらいに叩き潰されてます。

というか、生き残ってるのが不思議なくらい、と言っても良いでしょう。


[続く]

posted by 秋野ソラ at 18:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

『魔法少女リリカルなのはStrikerS』(その13)

そしてシュート! 最深部まで貫くところの描写は「ウイングガンダムゼロ」の

「ツインバスターライフル」 を彷彿とさせる凄みがありました。

・・・ “なのは” さん、恐ろしい人。(w


[続く]

posted by 秋野ソラ at 18:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

『魔法少女リリカルなのはStrikerS』(その12)

そして思い出せ、かつて夜空を突き抜けたあの薄桃色の閃光を。

向けられた矛先は紛う方なく己に辿り着く線を描いているということを。

・・・そんなん、恐怖以外の何物でもないよなぁ。


[続く]

posted by 秋野ソラ at 18:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ