2007年07月31日

『ティンクルセイバーNOVA(3)』

  ──The justice in your hands!


ということで今回もうっかり初回限定版を購入してきました、藤枝雅 先生の

『ティンクルセイバーNOVA』 第3巻です。前巻から1年、「やっと」と見るか

「もう?」と取るか、その時点で世代がバレそうな、そんな予感がします。

#「うっかり」ってなんやねん、と一人ツッコミ。

http://www.shop.ichijinsha.co.jp/book/booksearch/booksearch_detail.php?i=75806057


何度も言ってますが、相変わらず設定は破天荒です。似たようなところで

「CLAMP学園」という前例はあるにせよ、まずは「正義の味方部」と

「世界征服部」なので。

そして「極星」というシステム(?)を受け入れないと先に進めません。(w

今巻では “はやな” と “翔子” の微妙、というか繊細な関係について

だけではなく、“はやな” の過去にまた少し触れる描写もあって、まだまだ

先の読みきれない内容になっております。

今回の戦闘(?)のおかげで “稜” という新入部員が加わるのもさること

ながら、もう少し部員が増えそうということでそちらとの絡みも期待です。


初回限定版に付属の特典ドラマCDですが、とあるアクセサリーを巡って

描かれる乙女心の機微と、そしてちょっぴり「百合」な内容を盛り込んだ

脚本を声優陣が演じる約30分程度の「CROSSING☆STAR」。

ストーリーとしては 藤枝雅 先生がお手の物とする展開のような感じで、

聞いていて各キャラクター共に違和感が無いのが特徴でしょうか。

・・・アカン、この時期に 水樹奈々 さんのボイスを聞いてしまうとどうも。(w

そういえばこちらでも健気に頑張る少女を好演されてますね。

私的には “はやな” のおっとりさを上手く捉えた 國府田マリコ さんの演技

に感服仕った、という想いでいっぱいです。


「とらのあな」で初回特典をもらってきましたけど、こちらはドラマCDを

ちゃんと聴いてから見るように。・・・後悔しても知らへんからね。

#もちろん、私はそうしましたよ。

http://www.toranoana.jp/shop/070724_twinkle/070724_twinkle.html


あと、読んでいて何となく感じたのは、第11話あたりから線が変わってきた

かなぁ、という点。まぁ、スパンの長い作品にはありがちな傾向ですが。

私は同人誌のほうは読んだことがないので良く分からないのですが、

次巻からはその内容からも外れた未知の領域に至るらしい、とのことで

期待しつつ引き続き待ちたいと思っています。

#・・・・・・1年後?(w

posted by 秋野ソラ at 18:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | コミックス

『ひとひら(2)』

ということで第2巻も引き続き借りて拝見させていただいております。

http://www.hitohira.tv/


第3話〜第4話は “一ノ瀬野乃” が演劇研究会を結成した経緯、そして

演劇部部長 “榊美麗” との関係について、原作の内容を活かして上手く

映像化出来ていると思います。

・・・にしても、そういった事情を考慮に入れなくても今巻は 川澄綾子 さんの

演技が光る、というか要所要所で決めてくるシーンが多くて。

個人的には MVP モノです。

何と言えばいいでしょうかね。川澄綾子 さん好きにはたまらない、とか

川澄綾子 さん祭り、とか。そんな感じでしょうか。(w

posted by 秋野ソラ at 18:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

2007年07月30日

『神曲奏界ポリフォニカ -Memories White- First Emotion』(その2)

「ポリ白」の中で一つのキーワード、というかターニングポイントとなる

「200年前」の世界に飛ばされてみれば、そこは戦争の真っ只中。

200年前の “ブランカ” や当時の神曲楽士 “アンジェロ” “アンジェリカ”、

白の女神 “エターナリア” らの出会いに戸惑い、時に軋轢を、時に友情を

生むことに思いを巡らせる暇もなく戦いに巻き込まれてしまう“スノウ”たち。

演習、試験でもない実戦、しかも200年前で契約楽士でもない状況下、

“スノウ” や “ジョッシュ” が “ブランカ” と “リシュリーティンク” に力を

与えることが出来た、ということがいずれ未来へ、「今」の話へと

繋がっていくのかと思うと良く繋がったシナリオだなぁ、と感じました。


そして200年前に何があったのか、という核心に触れる直前でおあずけを

くらってしまうワケですが・・・・うそぉ〜ん、ここで切られるのかよ〜

ということで 『〜Endless Aria』 に続きます。(ぉ

posted by 秋野ソラ at 18:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

『神曲奏界ポリフォニカ -Memories White- First Emotion』(その1)

ということでプレイしました、「ポリ白」キネティックノベル。

・・・基本的にゲーム性とかは求めたらダメですよ? あくまでストーリーの

完成度を楽しむことを重点において楽しまなくては。(何

http://kur-mar-ter.product.co.jp/amedeo/porishiro/index.html


CVの配役がとても素直であまり違和感が無い感じで良かったかな、と。

喜多村英梨 さんが演じる “スノウ” と 緑川光 さんが演じる “ブランカ”

の掛け合いは聞いていて楽しかったです。

・・・まぁ、あの表裏一体な “プリムローズ” を演じるのはなかなかに難しい

ところはあったのかなぁ、とは思いますけど。単に「腹黒いお嬢様」という

だけでなく、いろいろな黒い要素が埋め込まれていってます。今作でも。


“スノウ” と “ブランカ” が初めて出逢ったというシーンの演出も当然

ありましたが、まさかこれが単なる表面的な話の繋がりというだけでなく、

大いなる伏線であったとは・・・。


[続く]

posted by 秋野ソラ at 18:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月28日

『魔法少女リリカルなのはStrikerS』(その8)

こうしてみると、ロスト・テクノロジーというかオーバー・テクノロジーに

振り回されてきた人たちの物語、という色が濃くなってきたような

そんな香りが漂ってきてますねぇ〜。


『まだだ、まだ終わらんよ!』・・・じゃないですけど、まだ全力全開、

本気の本気な “なのは” さんたちの力を見せてもらってもいないのに

『次はもう、あなたは私たちには勝てません』などと宣言するとは何事かと。

崩れ落ちた隊舎の姿に意気消沈することなく、改めて「レリック事件」に

立ち向かっていく機動六課の面々に期待したいところです。

posted by 秋野ソラ at 18:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

『魔法少女リリカルなのはStrikerS』(その7)

そしてついに機動六課、陥落。

“キャロ” はその悲しみ、悔しさ、怒りを抑えきれずにもう一つの

守護竜 “ヴォルテール” を召喚してしまう・・・・って、なんか

反則レベルの強さを見せているような気もしないではないですが。(w

・・・“キャロ” の悲痛な叫びが耳に、心に痛く響くところです。


[続く]


posted by 秋野ソラ at 18:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

『魔法少女リリカルなのはStrikerS』(その6)

以前、“エリオ” が口にした「プロジェクトF」についてもその内容を

垣間見ることのできるシーンが盛り込まれていました。

「忌まわしき生命創造技術」という点の詳細は明確ではありませんが、

“エリオ” が「そういう存在であった」ということには驚きを隠せないワケで。

・・・健気な子ですねぇ、あんなに明るく育ってくれるなんて、ホントに。


[続く]

posted by 秋野ソラ at 18:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

『魔法少女リリカルなのはStrikerS』(その5)

そして “ヴァイス” 陸曹がヘリパイロットに転向するきっかけに

なったであろう事件についても触れられていました。

「昔取った杵柄」、として機動六課で最後まで戦い抜いた姿は立派ですが

トラウマには勝てず、と。・・・サラッと触れてますが、ものすごい

ヒューマン・ドラマしてますね、いろんなところで。


[続く]

posted by 秋野ソラ at 18:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

『魔法少女リリカルなのはStrikerS』(その4)

・・・ついにその正体を現した、というかキレた、と言うべきか。

まぁ、今までの流れを考慮すれば帰結して然るべき内容ではありました。

見たままにオーバーロードな力をもってしても “ギン姉” を助けることが

出来なかったのは痛まれるところですが、お話を続けるにあたっては必然

ということで。


[続く]

posted by 秋野ソラ at 18:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

『魔法少女リリカルなのはStrikerS』(その3)

ただ、機動六課を守るほうとしてはかなり厳しい条件であったようで

陥落も止む無し、という大変残念な流れに。

“ヴィータ” も結局は厳しい感じに痛み分け、ということになりましたし。

そして孤軍奮闘していた “ギンガ” も敢え無く敗れてしまいましたが、

そんな悲惨な状況を目の当たりにした “スバル” がついに・・・


[続く]

posted by 秋野ソラ at 18:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

『魔法少女リリカルなのはStrikerS』(その2)

前線部隊は良くやっていたと思います。まさに善戦というか。

ここはユニゾンした “ヴィータ” の見せ場、という感じでしたね。


[続く]

posted by 秋野ソラ at 18:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

『魔法少女リリカルなのはStrikerS』(その1)

参議院選挙、投票日1日前。それでもオタクはアニメを観ます。

・・・いや、ちゃんと投票してきますよ。当たり前じゃないですか。

http://www.nanoha.com/


第17話は前回からに引き続いての後編、ということで「予言」の行方を軸に

いろいろと明らかになる点の多かった、久々に大きな動きのある

内容であったかと思います。


[続く]

posted by 秋野ソラ at 18:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

2007年07月27日

『堕天使の旋律は飽くなき 夜想譚グリモアリスII』

主従か、盟友か、それとも───。


海冬レイジ 先生・著、松竜 先生・絵、による「人」と「人ならざるもの」を

題材としたミステリー 『夜想譚グリモアリス』 シリーズ第2巻です。

http://www.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pcd=200702000387


あとがきを見る限りでは、第1巻の売れ行きは想定以上あったものと見て

良いのでしょう。まずはその点に祝辞を述べておきたいところです。


重度のシスコンであり、物事に対してシニカルなスタンスを保ち続ける

“桃原誓護” が 教誨師(グリモアリス)“アコニット” の力を借りて

逆転裁判の如く起死回生の大逆転劇をもたらす様が良い感じです。

各シーンごとに時系列を示す番号が振られているので、後で読み返して

「これはそういうことだったのか」と思いを新たにしてみるのもこの作品を

楽しむもう一つの方法であると言えるでしょう。

“アコニット” と “鈴蘭” の関係も気になりますが、彼女と “桃原誓護”

との間柄も気にしつつ、次巻以降も読み進めていきたいと思っております。

posted by 秋野ソラ at 18:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2007年07月26日

『食卓にビールを(6)』

小林めぐみ 先生・著、剣康之 先生・イラスト、によるまったりとした

SFコメディーも第6巻、最終巻を迎えることとなりました。

http://www.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pcd=200703000556


毎回毎回、個別に設定やら名前やらを考えるのは大変そうだなぁ、と

感心しながら読ませていただきました。奥さんの肝の据わり方といい

マイペースぶりといい、変わらないテンションのまま終わってしまいました。

理系寄りで緩いノリの短編が好きだったので何とも惜しい限りです。

当面は別シリーズ『星屑エンプレス』に焦点を移しておこうと思います。

・・・それにしても、オビと背表紙に隠れてますが、ちょっと見えてますよね、

コレは(w。 なかなか良い仕事をされていると感じましたよ。>剣康之 先生

#加えてデザイナーさんも、ということで。

posted by 秋野ソラ at 18:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2007年07月25日

『なんて素敵にジャパネスク 人妻編(5)』

氷室冴子 先生原作の作品を 山内直実 先生がコミックとして描く、という

内容も人妻編に移ってから5巻目を数えるまでになりました。

http://www.s-book.com/plsql/com2_detail?isbn=9784592182252


“帥の宮” にしてやられた “瑠璃姫” が、一矢報いんとあの手この手で

算段を整えていく過程が何とも小気味良く描かれています。やはり

“瑠璃姫” は、こう跳ねっ返りでないと、と改めて感じました。

そんな “瑠璃姫” が幅広い人たちと縁をもつ様子を見て驚き、絶句する

“守弥” に今回のベスト・リアクション賞を差し上げようと思います。(ぇ

#どんなイベントだ。


内容としても、当時の古典的表現や特有の固有名詞などには必ず

解説が、欄外であれキャラのセリフであれ、そこかしこに入っているので

とても親切設計。気軽に古典の世界観を楽しむことが出来ます。

5巻の最後は、かつて “瑠璃姫” に求婚したこともある主上、“鷹男の帝”

とのお目通り・・・ただしドッキリ企画・・・の場面で終わっているため、何とも

先が気になって仕方がないところです。

posted by 秋野ソラ at 18:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | コミックス

2007年07月24日

『REC(7)』

花見沢Q太郎 先生の『REC』も劇中映画「ジュピター大帝」完成に向けて

大詰めの第7巻が刊行となりましたのでお読みしておるところです。

http://websunday.net/gx/comics/pdf07/rec.pdf

http://skygarden.shogakukan.co.jp/skygarden/owa/solc_dtl?isbn=9784091570987


極限状態にもっていって当事者の能力を限界まで引き出す、という展開は

昔「アフタヌーン」で連載されていた何かの作品で見たことはありますが、

こういう熱い展開は悪くない、というか好きですね。

“関が原” 監督の奇行も面白いですが、それに体当たりで相手のできる

“松丸” もまたある意味スゴいというか何と言うか。(w


「ジュピター大帝」が終わって、いろいろな件から一息ついたところで

そんな “松丸” の所属する「胃ノ上製菓」がM&A、この場合は吸収合併

されてしまうという出来事が。

今度は恩田家の関係者として “赤” の母親(離婚済)が絡んでくると。

しかも「宣伝部」の、“松丸” の直属の上司として。

バリバリのキャリア・ウーマンで “赤” に母親らしいことを何一つ

してあげることのできなかった “藍” に、“赤” との交際を認めて

もらえるのか。この先の展開にまだまだ楽しませてもらえそうです。

posted by 秋野ソラ at 18:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | コミックス

2007年07月23日

『MAAYA SAKAMOTO OFFICIAL FAN CLUB [IDLING STOP!] NEWSLETTER NO.14』

日本語で言い直せば

  坂本真綾 公式ファンクラブ「アイドリングストップ!」会報第14号

ということになります。(ぉ

http://www.ids-maaya.com/


で、結局「レ・ミゼラブル」を見に行ってない人がここにいるワケですが。

http://www.tohostage.com/lesmis/


そんな「30days Photo Diary」を見て思ったのは「鯛釜飯がスゴく美味そう」

ということ。(ぇ

#でも、何か高そうやんなぁ・・・。


あと、「まだ日本に1店舗しかなく、すごい行列ができる話題のお店」の

ドーナツって「クリスピー・クリーム・ドーナツ(Krispy Kreme Doughnuts)」

ですよね。写真にもありますけど。

あそこはいつも平気で1時間以上待ち、とか言ってますし。休日になると

高島屋へと続く橋にまで列が及ぶ程の人気ぶりはよく拝見しております。

http://www.krispykreme.jp/


余談ですが、スタンプ左上にあるデザインのストラップが今ウチのケータイ

についたままになっています。

#昨年末のイベントに行って買うてきたヤツやんな・・・。

posted by 秋野ソラ at 18:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2007年07月22日

『魔法少女リリカルなのはStrikerS』(その5)

それにしても、今回の作画はあまりよろしくない水準でしたなぁ。

違った意味で切なくなること受け合いです。

しかも、次回予告を見る限りではどうもコテンパンにやられてしまいそうな

予感でいっぱいですが、ひとまず後編の内容を待つことに致しましょう。

posted by 秋野ソラ at 18:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

『魔法少女リリカルなのはStrikerS』(その4)

おっ、「ユニゾン」の描写が入りましたか。コミックスだけだと

分かりませんでしたが、彩色が変わるんですね。

・・・まぁ、“アギト” も「ユニゾン」するとは思ってませんでしたが。


[続く]

posted by 秋野ソラ at 18:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

『魔法少女リリカルなのはStrikerS』(その3)

・・・“ヴァイス” 陸曹との絡みはこの先何かに繋がるんですかねぇ。

“ティアナ” のラブ・ロマンスに向けての伏線でしょうか。

「サウンドステージ」とかのネタとして。


[続く]

posted by 秋野ソラ at 18:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ