2006年11月29日

『くじびき勇者さま 1番札 誰が小娘よ!?』

HJ文庫刊による清水文化先生の新シリーズ、『くじびき勇者さま』です。



・・・先生のサイトで「出版される」って確認したのに買い忘れてました。


最近こういうパターン増えてきたなぁ。あまりよろしくない傾向です。


アンテナの張り具合もすっかり弱くなりましたし。




・・・それはさておき。



「くじびき」で運命を決める、という宗教が思想支配する世界で


「くじびき」に翻弄される一人の少女の物語り、といった様相です。



これだけのページ数を割いても、まだどういった方向に話が進むか


まだハッキリとはしていない状況ですので次巻以降もじっくりと


腰を据えて読んでいきたいと思う次第。




それにしても、相変わらず色々な知識に裏付けされた世界観と


話の進め方には毎度毎度、驚かされます。特に物理、化学系。


どれだけ博識なのか、と感嘆せずにはいられません。



・・・それはそれとして、「気象精霊記」シリーズの再開も願わずには


いられないワケですが。どこか別の出版社からでも良いので、という想いで


いっぱいです。



posted by 秋野ソラ at 17:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2006年11月28日

『AIR Vol.5』(その2)

・・・そして物語は「AIR編」へ。



「そら」を入れることで、「DREAM編」のおさらいとその隙間を補完していく


流れは原作に通じるところですし、これでようやく晴子サイドの話も


できる、というものです。



「DREAM編」の最後から流れを繋いで、いよいよ「ゴール」を目指す


下地が整っていきます。・・・第11話の予告を見るだけでも“来る”ところが


ありますね。



(・・・海の描写が尋常じゃないな・・・)



posted by 秋野ソラ at 17:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

『AIR Vol.5』(その1)

“ The 1000th summer ─── ”



・・・ということで第9話、第10話です。




「summer編」の締めくくり、ということでせっかく苦労して辿り着いた


結末は何とも物悲しく。神奈延年さんの絶叫が胸に痛いほどです。



ウチらが時間をかけて読み込んだ情景を、20分程度の映像に収めてしまう


構成能力には、ただただ脱帽するほかありません。




[続く]



posted by 秋野ソラ at 17:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

2006年11月24日

『雨呼ぶ街と煌少女』

私のライトノベル読書歴はワリと長い方で、たぶん中学生時代から


ということになりますが、その中でも読み続けているジャンルの一つとして


「TRPG(テーブルトークRPG)リプレイ」というのがあります。



TRPGって何?、とか「リプレイ」って何?、というのはとりあえず置いて。




取り分け「グループSNE」関連のモノであれば、あらかた読み尽くしている


と言ってもそう遠くない話で。キッカケは「ロードス島戦記」とか、


まぁ、ベタなところ。



ただ、リプレイを読んではいますけれども、実際にTRPGをプレイした経験は


ほとんどありません。今は読み物として楽しく拝見する、といった次第。




「グループSNE」と言えば「ソード・ワールドRPG」がポピュラーですが


他にもありますよ、ということでこの「ゲヘナ 〜アナスタシス〜」も


またその一つ。『雨呼ぶ街と煌少女』はそのリプレイ第2集にあたります。



基本的に関西の人たちばかりなので、話の掛け合いは文句無く


面白いです。もちろん役柄上、文面は標準語で表されていますけど。




シナリオを進めていくための会話のやり取りだけではなくて、


ちゃんと戦闘で手に汗握るシーンも用意されてます。



本作を読み進めていくと最後にとあるボスキャラとの戦闘がありまして、


それがGM(ゲームマスター)の思惑からすると、普通にやってたら


まず勝てないという相手だったりするワケです。



そんな場面を4人のPC(プレイヤー・キャラクター)が奇跡の大逆転で


ひっくり返したところなんかは内心、我が事のように思いました、


「コイツら、やりやがったー!」って。




こうしてダイスの目に踊らされる様子を文章で追っていくのが楽しいので


次回作以降も即購入して読みふけることでしょう。




ちなみに「グループSNE」以外のリプレイ作品というと「F.E.A.R.」の、


例えば「アリアンロッド」シリーズあたりが有名ですが、私は


まだ読んだことがありません。



・・・そのうち、まとめ買いして一気に読み倒そうとは思ってますが。


普通の本屋だとまず置いてないので、とりあえず「とら」あたりで。(またか



posted by 秋野ソラ at 17:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2006年11月23日

『TECH GIAN 1月号』

まぁ、そんなワケで「ef」のムービーが観たいということもあって


購入してきましたよ。で、有無を言わさず堪能しておるところ。



・・・他の中身は後で見ますよ、っと。(w



posted by 秋野ソラ at 17:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2006年11月09日

『Club F&C Magazine Volume.21 Winter』

「なでしこ 〜朱色のらせん〜」は、気になるタイトルではあるんですよね。


・・・やる/やらないは別にして。そんなんばっかですけど。



エロゲの麻雀ネタはワリとよくあるネタですが、個人的には


「二人打ち」というスタイルはあんまり好きではなく。


・・・なもんで、ねこねこソフトの「麻雀」が未だに入れっぱなしです。



(・・・そしてたまにプレイするし・・・)




冬の通販も申し込まないとねぇ、そろそろ。あとでショップに並びそうな


モノもある感じですが。・・・オンライン専用商品もある、って言われても


今までオンラインでしか申し込んでないですよ。メンドイし。



さてと、プレゼントコーナーも忘れずに申し込んでおくことにしますか。



posted by 秋野ソラ at 17:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2006年11月08日

『涼宮ハルヒの憂鬱?』(その3)

今回のDVD用次回予告はドキッとするセリフが立て続けにきましたねぇ〜。


まぁ、それはともかく。



「メイキングクリップ#05」は某ポスターの撮影に関するものだそうで。


この時点でやはり『ハレ晴レユカイ』の振り付けが気になっていた模様で


仲間内で研究などされていたようなご様子。>平野綾さん



・・・まさか、あんな大舞台で踊ることになるとは思わなかったのでは


ないかと。流石にこの時点では。



posted by 秋野ソラ at 17:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

『涼宮ハルヒの憂鬱?』(その2)

SOS団のマークが入ったTシャツとかバッグとかは、それなりの街を


歩いていると見かけたりすることがあります。



・・・そんな感じで「ミステリックサイン」ですが、やはりハルヒと長門が


いかに突飛な存在であるかを認識させられるのが焦点かと。



毎度、芸が細かいですけどあのポスター、どこの雑誌のヤツでしたっけ?




[続く]



posted by 秋野ソラ at 17:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

『涼宮ハルヒの憂鬱?』(その1)

あまりにも「退屈」なので野球大会に参加しよう、というお話。



いかにセカイがハルヒを中心にして動いているか、ということを


再認識させると共に、長門がいかに「なんでもアリ」な存在か、


ということを見せつけられ始める点に注目です。



・・・もちろん、改めてのご登場となる「鶴屋さん」にも、ね。




[続く]



posted by 秋野ソラ at 17:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

2006年11月07日

『AIR Vol.4』(その3)

ちゃんと “そのタイミング” で『神薙』を入れてくるし。


申し分ないですね。・・・いや、好きなんですよ、この “和製トランス”は。



他のBGMからすると浮いてしまうような曲ですが、この場面に限っては


まさにピッタリというところでしょう。




--------------------------------------------------------



最初、「神奈備命」の声を聴いたとき、神田理江さんかと思った。


・・・自分にはそういった絶対音感も無さそうだ。(ニガワラ



posted by 秋野ソラ at 17:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

『AIR Vol.4』(その2)

たった20分程度の間に “フラグが立つ” までの演出を済ませてしまうとは。


まさに恐るべきシナリオ構成ですなぁ〜。



コミカルな部分を織り混ぜながら一気にシリアスな場面にもっていくなど


緩急のつけ方も良いところですね。




[続く]



posted by 秋野ソラ at 17:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

『AIR Vol.4』(その1)

“ The 1000th summer ─── ”



・・・ということで第7話、第8話です。




いよいよ「dream編」から「summer編」へ。



国崎往人、最後の試練に向かっていま一度・・・の前に


突然の場面展開となりますが、分かっている身としては全然違和感なし。




・・・全然関係ないですけど、影の部分が「ネコミミ」に見えた自分は


ダメダメですか。(ぇ




[続く]



posted by 秋野ソラ at 17:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

2006年11月06日

『_summer season.1』

原作は未プレイ。ただしノベライズは読んでいて概要だけ掴んでいる、


そんな状況。



OVAということで割合サービスカット多めですが、なんと言うか


取り留めも無い感じですなぁ。




「おまけ」でひと美さんが随分と別次元にはっちゃけてますけど、


アレはアレでOK・・・なんですよね?(聞くな



posted by 秋野ソラ at 17:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

2006年11月04日

『おとなのトランプ』(その2)

──「PANTY★TRUMP」。



そう銘打っているだけあって、“クラブ” “ダイヤ” については


“スペード” “ハート” それぞれの拡大部分が写しだされています。



・・・「いやん、バカん」という感じで。(何




JOKERのイラストは駒都えーじ氏が担当。


ご覧頂いたとおりで・・・今さら余計な言葉は必要ありませんな。



そんな駒都えーじ氏の絵が次号(2月号、12月26日売り)の表紙を飾る


ということですので、まぁ、買わないワケにはいきますまいて。(w



posted by 秋野ソラ at 17:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

『おとなのトランプ』(その1)

「電撃萌王」2006年12月号付録、ということで


書店員さんがそのまま平積みしとくとPTAから苦情が来そうな一品です。



  “このまま永久保存でしょう!”


  “転売の基本は無開封〜”



・・・などという方々のために、とまでは言いませんが


実際に使われているイラストを試しにご覧頂こう、ということで


並べて写真に撮ってみました。



流石にどれも美麗イラスト揃いです。しかもムダに良さげな光沢紙を


使用しております。印刷についても申し分ないところです。




[続く]



posted by 秋野ソラ at 17:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2006年11月02日

『マブラヴ(1) EXTRA 運命』

公式ノベライズ、ということで「スーパーダッシュ文庫」からの出版です。



ネタとしては「ファミ通文庫」がやりそうな感じなんですがねぇ。


・・・それだけビッグ・タイトルが必要な状況なのかと邪推してみたり。



まぁ、それはともかく。



内容としては、ちょっと手にとってサッと見るには申し分ない


仕上がりなのではないかと。・・・ゲームを積んでしまっている身としては


それくらいしか言えませんが。



少なくとも次巻以降、北側寒囲 先生がまとめるお話に期待が持てる


と言う点は宣言して差し支えないかと。



posted by 秋野ソラ at 17:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル