2022年07月04日

『顔さえよければいい教室 1.詩歌クレッシェンド』

三河ごーすと 先生が「ファンタジア文庫」に初登場。引きこもりの妹と生活を支える兄が
天才たちの集う高校にスカウトされ、生きていくために成り上がっていく顛末を描きます。
(イラスト:necömi 先生)

https://fantasiabunko.jp/product/202206kaosae/322201000790.html


新進気鋭のVSINGER“シーカー”として、動画配信サービスで密かに人気を集める“詩歌”。
妹の才能にあやかる“楽斗”は配信収益だけで生きていく難しさを悟りそうになるある日、
兄妹の秘密を知るスカウトマンから一流芸能人を育成する高校への入学を薦められて──。

動画配信をテーマに「顔さえよければいい」という言葉に様々な意味が見え隠れするのが
分かってくる話運びにまず惹かれます。歌唱力だけはプロレベルの“詩歌”をそのままの
“詩歌”としてどうプロデュースするか、“楽斗”の手腕が問われる点も興味深い要素で。

「すべての音を色で視ることができる」という“詩歌”だけが気づける「彼女」の真実と、
理解されないからこそ発生してしまう誤解。彼女の平穏な日常を守るべく動く“楽斗”が
常人ぶって中々の曲者っぽい所も注目。期待の新シリーズということで続きが楽しみです。

posted by 秋野ソラ at 00:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2022年07月01日

『犬飼いちゃんと猫飼い先生 ごしゅじんたちは両片想い』

竹岡葉月 先生が贈る新作は、動物病院で偶然出会った犬を飼う女子高生と猫を飼う青年の
もどかしい恋模様を、動物たちの目線や認識も交えながら描いていく年の差&犬猫物語です。
(イラスト:榊空也 先生)

https://lbunko.kadokawa.co.jp/product/322110000733.html


動物病院の待合室。ミニチュアダックスフントの“フンフン”は飼い主の“藍”が偶然に
出会った青年とのやり取り、物憂げな様子が気がかりで。彼が飼っている気位の高い白猫
“キャロル”に相談しても減らず口を叩かれる一方で。はてさて、どうしたものかと──。

“フンフン”や“キャロル”が思っていることは飼い主たちにはもちろん伝わってません。
“藍”が“心晴”のことを少しずつ知りながらも想いはやはり伝えられなくて。彼女との
距離感を気遣いながらも、“汰久”の登場に気が気でない彼の内心はもどかしくもあって。

発生した事象を“藍”や“心晴”の視点だけでなく動物たちの目線からも描くことにより
二人が知る由もない話の重要な要素にも踏み込んで描写できる、というのが実に面白くて。
彼が語る蘊蓄や騙り話の数々、それに振り回される彼女の様子も注目してほしい作品です。

posted by 秋野ソラ at 00:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2022年06月30日

『塩対応の佐藤さんが俺にだけ甘い6.5』

猿渡かざみ 先生が贈る青春ラブコメ。新規書き下ろし中編や、店舗特典用SSを四季ごとに
テーマ分けして収録する他、Twitter限定公開短編を加筆して再集録するなどした一冊です。
(イラスト:Aちき 先生)

http://www.shogakukan.co.jp/books/detail/_isbn_9784094530711


「イマモテ」に振り回される女子がここにもいたとは驚きです。今巻と同時刊行を迎えた
猿渡 先生の新作『高嶺さん、君のこと好きらしいよ』の販促にもつながる構成がお見事。
やはり時系列に沿って話を並べていただけると頭の中にもスッと話が入ってくるものです。

普段は大人しい“こはる”がまれに調子づいたり、小悪魔要素を見せたりするのが可愛い。
“円花”と“蓮”の関係も二人なりのペースで進んでいるのも見て取れてニヨニヨできる
のもまた良し。“颯太”のバイト先でのやり取りをSSならでは話の種に使うのが好きです。

横に長い口絵を見て、ここまで登場人物が増えたものかと感慨深く思うところもあったり。
バレンタインで始まり、バレンタインでしめくくる今巻は“颯太”と“こはる”の意外な
繋がりを暗喩するのも印象に残る場面で、続く7巻でどう作用するか楽しみでもあります。

posted by 秋野ソラ at 00:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2022年06月29日

『高嶺さん、君のこと好きらしいよ』

猿渡かざみ 先生が贈る新作は、堅物な少年に助けられた少女が恋愛指南本を片手に想いを
伝えようと奮闘する姿を、彼の心情も交えつつ描く両片想い恋愛ハウツー・ラブコメです。
(イラスト:池内たぬま 先生)

http://www.shogakukan.co.jp/books/detail/_isbn_9784094530766


美人すぎるが故に良くも悪くも噂が絶えない“高嶺”は校内で絡まれているところを鬼の
風紀委員長“間島”に助けられる。惚れた彼女は自身が称える恋愛指南本の内容をもとに
「高嶺さん、君のこと好きらしいよ」という噂を利用して、想いを伝えようとするが──。

“高嶺”の数少ない友人“瀬波”が呆れるほどに空回りするアプローチの数々が面白くて。
“高嶺”の口数が少ないのも、“間島”が正しくありたいと思うのも訳があって。2人が
両片思いなのにも意味があって。笑ってばかりじゃいられない恋愛の難しさに苦笑いして。

噂や第一印象といった要素を上手く使い分けて話を進める構成が印象深く、そこに漫画家
である 池内たぬま 先生ならではの演出も加わり、最後まで安心して読める仕上がり具合。
“高嶺”と“間島”の背中を押す友人たちの振舞いにも注目。文句なくお薦めの作品です。

posted by 秋野ソラ at 00:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2022年06月28日

『霊能探偵・藤咲藤花は人の惨劇を嗤わない2』

綾里けいし 先生が贈るく現代伝奇ミステリ。第2巻は「かみさま」亡き「藤咲」の家から
逃亡を続ける“藤花”と“朔”が未来視の力を持つ「永瀬」の家の陰謀に巻き込まれます。
(イラスト:生川 先生)

http://www.shogakukan.co.jp/books/detail/_isbn_9784094530742


逃亡中のホテルでようやくイチャイチャできるかと思った矢先、占女の導きにより訪れた
“未知留”に水を差される“藤花”と“朔”。「かみさま」より劣る「永瀬」の力を補う
ため“朔”が持つ「異能を強める目」を欲するのも道理とはいえ“藤花”には迷惑な話で。

泳がない金魚、首のない死体、永瀬の深部。異能と共に、永瀬の闇に触れていく“藤花”。
「永瀬の本物」が抱く疑念に触れ、「永瀬の本物」を守る者たちの思念に直面する“朔”。
時の流れを掴んでいく“未知留”に命運を握られる2人が、共に死を覚悟するのも道理で。

緊張の糸を緩めるかのように登場した“甲斐羅”。登場した意味はすぐ察しがつくものの、
フラッシュバックするプロローグや口絵の意味が“藤花”と“朔”を苛む展開に驚かされ、
エピローグが語る言葉の数々に目を疑うばかりで。続きが出るまでもどかしさが募ります。

posted by 秋野ソラ at 00:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2022年06月27日

『変人のサラダボウル3』

平坂読 先生が贈る、変人たちの奇想天外おもしろ群像喜劇。第3巻は学校に通い始めた
“サラ”、もはや遊び人の“リヴィア”など、“惣助”にまつわる人々の日常を描きます。
(イラスト:カントク 先生)

http://www.shogakukan.co.jp/books/detail/_isbn_9784094530735


「小学二年生の女子、水沢夢」にまず驚くしかない。“サラ”の口癖がうつるのも可愛い。
あだ名呼びやいじめといった現実を捉えつつ、思慕も、羨望も、嫉妬も一身に受け止めて
“サラ”が最終的に“惣助”も驚きのアレを顕示する姿はこの世界における幸せの証かも。

“リヴィア”が無知なのをいいことに“望愛”の望むまま生かされている様子もまた幸せ
に見えて泡沫であることは、これまた最後で見せつけられる訳ですが、さてどうなるやら。
合間に見える“ブレンダ”と“春花”の努力が空回りする姿を面白がりつつ思わず苦笑い。

前巻から“サラ”に騙された形で転校デビューに臨む“友奈”の姿から哀愁が漂う展開が
続くのかと思えば「災い転じて福となす」とも言える、救いのある新生活が訪れて一安心。
それどころか“惣助”の生き様が彼女の人生にもかかわる流れで将来展望が気になります。

posted by 秋野ソラ at 00:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2022年06月24日

『おいしいベランダ。 亜潟家のアラカルト』

竹岡葉月 先生が贈る大好評・園芸ライフラブストーリー。第11巻は“葉二”と“まもり”
の結婚後の様子を描く書き下ろし4編に、書籍未収録のSS13編をまとめた1冊となります。
(イラスト:おかざきおか 先生)

https://lbunko.kadokawa.co.jp/product/oishiiberanda/322110000732.html


ハネムーンに纏わる紛らわしい名前の料理を巡る思い出話に、結婚しても根は変わらない
“葉二”と“まもり”の様子を見ることができてひとまず安心したり。家族の縁が広がる
ことで発生するあれやこれやの対応、反応に積み重なる時間と絆を感じずにはいられない。

“まもり”たちに何となく触発される“湊”が、これまた実に紛らわしい“周”の言動に
振り回される話や、“葉二”と酒を酌み交わすまでに成長した“ユウキ”が報告を受ける
顛末も話の脇を固める内容で面白い。共に“まもり”の返しから「らしさ」が窺える所も。

「エピローグ」を読み終えた余韻から、「特典ショートストーリーズ」で各巻の前日譚や
後日譚、裏話など物語全体を補完する貴重な機会を得ることもできて、大満足の一冊です。
本作の結びをお祝いしつつ、新作『犬飼いちゃんと猫飼い先生』を楽しみにしておきます。

posted by 秋野ソラ at 00:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2022年06月23日

『やたらと察しのいい俺は、毒舌クーデレ美少女の小さなデレも見逃さずにぐいぐいいく6』

ふか田さめたろう 先生が贈るすれ違いゼロの甘々ラブコメディ。第6巻は婚約者となった
“小雪”と“直哉”が高校3年生、大学生、そして家族となるまでを描く最終巻となります。
(イラスト:ふーみ 先生)

https://ga.sbcr.jp/product/9784815613549/


“小雪”を全力で推す“恵美佳”の目を逸らそうと白羽の矢が立った一見強面の“竜一”。
“直哉”の洞察力を裏付けに、2人をくっつけようと“小雪”の努力が空回りする間にも
実はラブコメ体質な“竜一”がやる時はやる、と魅せてくれるのが微笑ましくて良いです。

新聞部の部長“文乃”も驚きの、そして納得の“直哉”と“小雪”の「普通」を踏まえて
大学生活に突入していく2人がいつ一線を超えるのか。互いに互いを思い遣る結果として
迎える未来において、“小春”が2人の変わらない絆の深さを語ってくれるのが印象深い。

ラストは両親の能力を面白い形で継承した“小春”に振り回される“良太”少年の苦悩を
描きながら、新たな物語が始まるような雰囲気を感じさせつつ話を纏めるところも好感触。
最後まで安心して読み切れるラブコメでした。無事の完結を、心よりお祝い申し上げます。

posted by 秋野ソラ at 00:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2022年06月22日

『友達の後ろで君とこっそり手を繋ぐ。誰にも言えない恋をする。2』

真代屋秀晃 先生が贈る青春恋愛劇。第2巻は“夜瑠”からの熱い恋情よりも友情を優先
しきれない“純也”の葛藤とは別に、親友五人組の関係が揺れ動いていく兆しを描きます。
(イラスト:みすみ 先生)

https://dengekibunko.jp/product/tomodachinoushirode/322202000065.html


GKD、こと「グループ内で彼女を作らない同盟」を守りたい気持ちは今も持ち続けながら
“夜瑠”からの「内緒で付き合う」という提案を振り払いきれない“純也”の心の描写が
生々しくて。彼しかいない、と背水の陣で臨む彼女が病んでしまうのかと不安になる程で。

綱を渡るかのような“純也”と“夜瑠”の距離感、揺らぐ感情を“青嵐”がバンド活動に
燃える文化祭や、恋に焦がれた彼女が辿った生き様がこれでもかと追い込んでいく展開は
これまた驚愕。「秘密で後ろめたくて、誰にも言えない裏切りの物語」へと誘われました。

同盟を揺るがす決定的な事案とは別に“新太郎”が本音を打ち明けたと思えば、前々から
思わせぶりな“火乃子”も動き出して。思う所ある“青嵐”、「秘密」を抱える“純也”、
秘密の恋に泥濘する“夜瑠”、それぞれの関係がこの先どう歪んでいくのか気になります。

posted by 秋野ソラ at 00:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2022年06月21日

『友達の後ろで君とこっそり手を繋ぐ。誰にも言えない恋をする。』

真代屋秀晃 先生が贈る新作は、中学からの仲良し男子三人組が、高校進学と共に加わった
少女二人をあわせた親友五人組となって友情と恋心の狭間に揺れる青春の日々を描きます。
(イラスト:みすみ 先生)

https://dengekibunko.jp/product/tomodachinoushirode/322111000161.html


高校生になった“純也”は恋人を作るよりも友人たちとの青臭い思い出を大切にしたいと
考え、“青嵐”や“新太郎”に“夜瑠”“火乃子”を交えてバカ騒ぎする日々を謳歌する。
ある日、“青嵐”に気があるらしい“夜瑠”から“純也”は衝撃の「告白」を受ける──。

“純也”たちが提唱する「彼女を作らない同盟」に相反する考えを辛辣なまでにぶつける
“夜瑠”が見せる二面性にまず驚かされます。同盟を組むに至る彼の苦い過去を知らない
彼女にやられ放題の展開に、五人組破滅の時が早くも訪れるのかとやきもきさせられます。

“夜瑠”が恋をする背景にも深すぎる心の傷があることを知った上で、本作の題名にある
状況へ陥るのか。その導線と、“純也”が知る由もない心の変化に戸惑うのも無理はなく。
難しい選択を迫られる彼は同盟を死守することができるか。続きが実に気になる物語です。

posted by 秋野ソラ at 00:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル