2017年04月26日

『オオカミさんとハッピーエンドのあとのおはなし』

2011年1月10日に完結巻が刊行された 沖田雅 先生の「オオカミさん」シリーズ。決着した
物語のその後を描く後日譚として新刊が登場。御伽学園の面々の幸せな話をご堪能あれ。
(イラスト/zpolice 先生)

http://dengekibunko.jp/newreleases/978-4-04-869268-7/


6年も前の物語を今さら思い出せるのか、という不安は読み始めたらすぐ払拭しました。
“おおかみ”さんや“亮士”くんなど独特のキャラ、地の文の使い方・・・と色々懐かしく
それだけ好きな作品であったことを再認識。イラストも似た方をよく用意したものです。

ツンデレを極めた“おおかみ”さんのデレっデレぶりがまず凄い。「誰ですか」レベル。
これがめちゃめちゃ可愛い。その変貌ぶりに対する“りんご”の出歯亀ぶりにもご注目。
後日譚の軸の一つを担ってます。もちろんその他の面々が幸せを掴む挿話の数々も絶妙。

昨今、リバイバルブームの流れが様々な業界で見受けられる気がするので、ここらで一つ
続きの出ていないあれやこれや・・・な作品も出てほしいと思ったりする今日この頃。それは
余談として、幸せいっぱいの後日譚、堪能いたしました。先生、ありがとうございました。

posted by 秋野ソラ at 00:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2017年04月25日

『ゼロから始める魔法の書IX ―ゼロの傭兵〈上〉―』

2017年4月10日よりアニメの放送が開始する、虎走かける 先生の大人気ファンタジー作品。
第9巻は大聖堂に辿り着いた“ゼロ”たちを待ち受ける衝撃の真実から話が動き始めます。
(イラスト/しずまよしのり 先生)

http://dengekibunko.jp/newreleases/978-4-04-892824-3/


“ゼロ”たちに対する敵対心も和らいできた教会騎士団。彼らに伝えられた教会の真実が
これまた「どうしようもない」感を煽ってくる中、“主教”を絶対視する近衛騎士隊長
“オルルクス”が出張ってくることで教会に対する不審と不信がどんどん積もります。

でも当の“ゼロ”は考え事が頭から離れないようで、どこか上の空。“館長”の外界に
対する興味深々ぶりや、この前から続く“ジェマ”と“バルセル”の微妙な関係など、
いろいろな「距離感」が描かれる局面が多い、と感じました。もちろん“ゼロ”も含め。

意味深長な口絵の場面にどう繋がるのかな・・・なんて気軽に構えていたら、とんでもない
爆弾を落とされた気分を読了後に味わう破目に。先生自体がショックを受けている、と
言われてしまえばどうしようもありませんが、ここは信じて続きを待つしかありません。

posted by 秋野ソラ at 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2017年04月24日

『読者(ぼく)と主人公(かのじょ)と二人のこれから』

岬鷺宮 先生が贈る新作は、擦り切れるほど読み返した大好きな本さえあればいい、という
少年が、その本に出てくる主人公そのものの女の子に出会うところから始まる恋物語です。
(イラスト/Hiten 先生)

http://dengekibunko.jp/newreleases/978-4-04-892603-4/


“柊ところ”なる作家が書いた『十四歳』。手に取ったその本に描かれている“トキコ”
の真情に共感した“晃”は入学したクラスのある自己紹介を聞いて驚愕する。彼女の名は
“柊時子”。その姿、佇まいはまさしく想像した通りの「トキコだ、トキコがいる」──。

“時子”の所作に“トキコ”がちらつく“晃”は、やがて秘密を共有し彼女からある依頼
を受けることに。理想の女の子との距離が近づいていく“晃”が恋に落ちないワケがない
のですが『十四歳』という作品が好きすぎることで意外な落とし穴に嵌まってしまいます。

一方的にすれ違っていく“晃”を止める術はないのか。面映ゆい二人の様子との落差が
激しい終盤で与えられる最後のきっかけを彼がどう受け止めるかをぜひ見届けてほしい。
先生の好きが詰まった青春恋愛小説、実に良かった。挿絵も素敵でオススメの一冊です。

posted by 秋野ソラ at 00:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2017年04月21日

『長崎・オランダ坂の洋館カフェ シュガーロードと秘密の本』

江本マシメサ 先生の「小説家になろう」投稿作が書籍化。雨の日のみ開店する洋館カフェ
でバイトする女子大生が極上スイーツと長崎の歴史、そして恋心に触れていく物語です。
(イラスト:げみ 先生)

http://tkj.jp/book/?cd=72684901
http://ncode.syosetu.com/n7322df/


雨の日のオランダ坂。バイトの面接で失敗した“乙女”は傘も差さず大好きな作家の本も
びしょ濡れしながら「Cafe 小夜時雨」に辿り着く。メニューは気まぐれで1セットのみ、
五百円という仏頂面の店長が出すスイーツに魅了された彼女は早速バイト先に選ぶが──。

長崎出身の先生だからこそ描ける情景や、物珍しいご当地スイーツの数々が目を惹きます。
店長の“向井”に教わる長崎文化に、そして彼自身に少しずつ魅了されていく“乙女”の
機微が何とも面映ゆいです。店を訪れる物珍しい客との交流も演出に一役買っています。

店の運営方針もそうですが、そもそも存在が謎すぎる“向井”の正体は・・・早いうちに想像
できる思います。どういった形でそれが明らかになるのか、実は出会うべくして出会った
2人だと気付かされる雨の夜のオランダ坂でのやりとりを読んで確かめてほしい作品です。

posted by 秋野ソラ at 00:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2017年04月20日

『悪役令嬢に転生したけどごはんがおいしくて幸せです!』

矢御あやせ 先生の「第4回ネット小説大賞」受賞作。大好きな乙女ゲームの悪役令嬢に
転生したOLがバッドエンド回避・・・よりも食事を大切にする食欲系コメディの登場です。
(イラスト:東条さかな 先生)

http://tkj.jp/book/?cd=02707401
http://ncode.syosetu.com/n8464cu/


広陵院家のお嬢様“江梨子”は我が儘が過ぎる余り不幸な末路を迎える乙女ゲームの悪役。
前世の記憶として現状を理解した彼女は、運命を覆すためにまず自らが悪化させた弟との
関係改善を図る。毎日のおいしい料理を一緒に、笑って食べられるようになるために──。

・・・とシリアスめに導入してみましたが“江梨子”は結構ポンコツで頑張るけれども空回り
したりするので全体的にコミカルに展開していきます。ですが周りに支えられて、友達も
できて、と本来のゲームルートから少しずつ改善していく様子は微笑ましく映るものです。

“江梨子”が食事を堪能しようとするあまり近づかないと決めていた攻略キャラや主人公
キャラたちとあっさり関係を築き、やっぱり恋心を抱いてしまう「うっかりさ」は物語を
どう左右するのか。各々の幸せを追求した先に何があるのか、続きを見てみたいものです。

posted by 秋野ソラ at 00:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル