2019年08月16日

『ウィッチクラフトアカデミア 〜ティノと箒と魔女たちの学院〜』

逢空万太 先生が新レーベル「LINE文庫エッジ」から贈る新作は、箒状の道具に跨って空を
飛翔し競い合う魔女に憧れ、その養成学校に進学する少年の切磋琢磨する様子を描きます。
(イラスト:bun150 先生)

http://novel-blog.line.me/archives/17483740.html


少年“ティノ”が憧れる風景。ブルームという箒状の飛行具に乗り風素を推進力に変えて
空を翔る魔女の姿。彼女らが挑む競技「ウィッチクラフト」に参加したいと努力し、単身
「アウティスタ飛箒学院」に進学する彼を待ち受けるのは想定外の少女たちと現実で──。

地元ではちゃんと飛べたはずなのに学院に来てからは上手く飛べない“ティノ”の苦悩を
知ってか知らずか、“マルタ”は彼を下僕扱いしたり、“ウルスラ”は必要以上に世話を
焼いたり。彼にとっては落ち込んでばかりもいられない騒がしい日々が続くのが救いです。

報われない“ティノ”の努力にもどかしさを感じる中、担任から告げられる足切りの宣告。
乗り越えなければならない“グリゼルダ”という壁を、彼女の抱える悲愴な願いと併せて
超えられるか。煽る展開の先に見える“ウルスラ”の怪しさと共に、続きが気になります。

posted by 秋野ソラ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2019年08月15日

『あなたのことを、嫌いになるから。』

氷高悠 先生が贈る新作は、感情が昂ぶると死に至る病を患い無味乾燥な日々を送る少年が
感情豊かな表情を見せる少女に興味を持たれるところから始まる青春ラブストーリーです。
(イラスト:サコ 先生)

http://lanove.kodansha.co.jp/series/?c=1000020154#bk9784065169704


「感情性自己免疫疾患」罹患者の感情に反応して免疫が感情を排除すべく自己を攻撃する。
医師“燈香”の研究も及ばず、患者である“愛都”は感情など無くていいと思うほど己を
律した生活を送る。そんな彼に同じ図書委員である“恵実”は積極的に話かけてきて──。

そして突然の告白。“愛都”からすれば「好きになったら死ぬ」ワケで、“恵実”が示す
想いが理解できない。そのはずなのにいつしか自分の中にも色々な感情があることを彼女
の言動から思い出す彼は惹かれていく。正に諸刃の剣を予感させる展開で気が許せません。

幼なじみ“春乃”が心配する想いも知らず、疾患のことを知った“恵実”の覚悟も知らず、
ただ感情の赴くままに行動した“愛都”が自分の好きという想いと命にどう結論づけるか。
2人の姿を見て、愛しさの中に切なさがこみ上げてくる。印象深さを胸に残す作品でした。

posted by 秋野ソラ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2019年08月14日

『はしたない姉妹ですが、躾けてもらえますか? 獣魔導士は服従の首輪にて姉妹と契る』

ツカサ 先生が贈る新作は、人が超常的な力を持つ幻獣に変貌する病により崩壊した日本で
幻獣化した姉妹を救うべく、獣魔導士を目指し彼女たちを調教する少年の物語を綴ります。
(イラスト:小山内 先生)

https://fantasiabunko.jp/product/201907hashitanai/321905000214.html


幼き日に両親を幻獣に喰われた“玖郎”の心を救った柊家の“遊奈”と“利亜”。2人が
幻変症に罹り幻獣として施設に隔離されてから5年、獣魔導士となって彼女たちを使役し
高い地位に上り詰めることで安寧の日々を取り戻そうと、彼は候補生として乗り込む──。

戦略的にも後手に回る“玖郎”を“遊奈”の幻獣が見せる強さで何とか後押しするもまだ
足りず、一方で“利亜”のは未知数と言われるも現状は弱い。そこで「調教」という実に
背徳的な強化策に乗り出す展開にそそられるものを覚えながらも話の軸は実はそこになく。

恥ずかしい思いをしながらも“利亜”の改善策も見い出して、次々と強敵を打破していく
流れに爽快感を味わった所で“アリス”の意味深長な言動、“玖郎”自身の秘密、そして
ラストで示す幻獣になることの意味が心に重しを乗せます。興味深く、続きを見守ります。

posted by 秋野ソラ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2019年08月13日

『教え子に脅迫されるのは犯罪ですか? 5時間目』

さがら総 先生が贈る年の差四角関係お仕事ラブコメ。第5巻は“天神”が初代担当の企画
を前にして“ヤヤ”の才能、そして自身の作家としての生き様と向き合うことになります。
(イラスト:ももこ 先生)

https://mfbunkoj.jp/product/oshiego-kyohaku/321904000158.html


初代担当との会合の場、箱根。“天神”と“ヤヤ”は意を決して足を運んだが当人は不在。
そこへなぜか“星花”や“冬燕”も登場し、あらぬ誤解が誤解を生む騒乱のスパイラルへ。
更に現担当“志辺里”が倒れているのが見つかりスマホには「犯人はおまえだ」の文字が。

いきなり探偵もののノリを醸し出したかと思えば誰もが思い当たるフシがあると自白の嵐。
“天神”もいつも以上に頭を悩ませる事態はコミカルですが、ダイイングメッセージにも
似たあの文字が意味する所がラノベ業界の闇を象徴するかのようなあの場面に繋がるとは。

今巻はより一段と「才能」について考えさせられる展開で、特にラノベ作家を目指す方は
目を通しておくと価値観を揺さぶられるかも知れません。何も気づかない“星花”に対し
“ヤヤ”の進む道は気になりますし、“天神”は作家人生にどう結論を出すのか注目です。

posted by 秋野ソラ at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2019年08月12日

『精霊幻想記 14.復讐の叙情詩』

北山結莉 先生が贈る異世界転生譚。ドラマCD付き特装版が同時発売となる第14巻は親の仇
“ルシウス”との決着を望むはずの“リオ”が、その感情に対して自問自答していきます。
(イラスト/Riv 先生)

http://hobbyjapan.co.jp/hjbunko/lineup/detail/852.html


5人目の勇者“蓮司”も、奸計でいとも簡単に手駒にしてしまう“レイス”が相変わらず
憎たらしい。そんな彼も“ルシウス”の思惑には気づけず、想定外の状況に出くわします。
“アイシア”に追い立てられて実にいい気味、な状況でも軽くあしらう姿に憎さ百倍です。

そんな思惑に乗せられて森の中に放り出された“クリスティーナ”と“フローラ”。共に
サバイバル経験もなく改めて“リオ”の凄さ、存在の大きさを実感する2人の受難が続く
展開には同情を禁じ得ません。仇敵と戦う彼の足手纏いになる場面など強くそう感じます。

復讐に身を焦がしていた“リオ”に帰る場所があることを明示してくれた女性陣の意図を
しっかりと受け止めて“ルシウス”の悪意と特殊能力に立ち向かうその姿は熱く、苛烈で。
彼の通過点、その裏で「あの人物」が見せる邪な思惑も次巻で叩き折ってほしいものです。

posted by 秋野ソラ at 00:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2019年08月09日

『異世界薬局 7』

高山理図 先生が贈る薬局ファンタジー。第7巻は悪霊の猛威に晒される帝都を救うために
奔走する過程で“ファルマ”が自身の立ち位置と現代薬学と神術との関係性を見直します。
(イラスト:keepout 先生)

http://mfbooks.jp/7221/
https://ncode.syosetu.com/n8541cr/
https://comic-walker.com/contents/detail/KDCW_MF00000031010000_68/


“エレン”の視点、ド・メディシス家に伝わる禁呪、そして“ナタリー”への対処方法。
これまで自分の知識、能力を用いて物事に対応してきた印象の強い“ファルマ”が協業
ですとか、自分にない力も活用してく道を模索していく転換点となった流れを感じます。

“女帝”の決意を受けて、ついに人ならざる身として生きることを内外に示したことも
“ファルマ”にとって大きな一歩となった巻かと思います。それでも今までと変わらず
接してくれる家族や「異世界薬局」の関係者が見せる理解には心温まるものがあります。

“ファルマ”が“ナタリー”に粋な計らいを見せたり、“エレン”とパートナーと深い
繋がりを窺わせたりする場面がまた微笑ましい。“ロッテ”は切ない顛末でしたけど。
悪霊に対する根本的な解決策を求めて海を渡る彼は道を切り開けるか、続きも注目です。

posted by 秋野ソラ at 00:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2019年08月08日

『夏の終わりに君が死ねば完璧だったから』

斜線堂有紀 先生が贈る新作は、身体が金塊となる致死の奇病に蝕まれる女子大生と出会う
少年が次第に心通わせる機微の変化と手にするであろう大金を前に生き様を惑わされます。
(イラスト:くっか 先生)

https://mwbunko.com/product/321902000590.html


金塊病専用のサナトリウムで“弥子”から、彼女自身を相続する話を提示された“日向”。
その額、三億円。ただし条件として「チェッカー」というゲームで勝つことを求められる。
ゲームに懸ける想いや相続させる理由も分からぬまま、彼は彼女と盤面に向かい合う──。

迫る死を前にしても臆することなく接してくれる“弥子”も、不条理にあえぐ姿を見せる
ことがある。それに気づいた頃には“日向”はもう恋に落ちていて、どうしようもなくて。
そこへ夢の無い背景や遺言のことがマスコミに暴露され、あらぬ疑惑もかけられて散々で。

“弥子”が求める「正解」の意味や“日向”が表紙で示した過ちの切なさ。それに対して
“江美子”や“北上”の存在と見せる言動のやるせなさ。“弥子”が遺してくれたものの
価値を手に、そして忘れず生きていく“日向”の未来が前向きであれ、と祈るばかりです。

posted by 秋野ソラ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル