2016年12月02日

『繰り巫女あやかし夜噺〜お憑かれさんです、ごくろうさま〜』

「小説家になろう」の有志企画「和モノ布教し隊」へ参加した 日向夏 先生の作品が書籍化。
機織りの実技を教える非常勤講師となった巫女が遭遇する不思議と謎解きの顛末を描きます。
(イラスト:六七質 先生)


https://book.mynavi.jp/ec/products/detail/id=59977


古都にある玉繭神社に下宿し、管理者の“大家”や同居人の“シロ”“クロ”との生活を
楽しみながら巫女として機を織る日々を過ごす“絹子”。ある日、講師を務める講義を
受けている生徒“崎守”から相談を受ける。「神隠しにあったみたいなんです」と──。

“崎守”からの相談を機に、次々とオカルティックな事件に巻き込まれていく“絹子”。
口はやや乱暴でも人付き合いが上手でもない彼女を心配してあれこれ手を回してくれる
“大家”がいて一安心・・・などという安易な事件解決ものではない展開で魅せてきます。

事件が導き出す登場人物たちの思いも寄らぬ人間関係。“絹子”の意外な食べっぷりに
隠された真実。日常と非日常、被害者と加害者が入り混じる話運びに読み応えは抜群。
本書の副題に含まれた意味に気付かされた時の驚き、ぜひ読んで確かめて頂きたいです。

posted by 秋野ソラ at 01:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2016年12月01日

『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる12』

裕時悠示 先生が贈る甘修羅らぶ×らぶコメディ。第12巻は異性からの人気が急上昇する
“姫香”に戸惑いを隠せない“鋭太”が迫る学園祭を前に態度を決める場面を迎えます。
(イラスト:るろお 先生)

http://www.sbcr.jp/products/4797388299.html


読者モデル「プリン」としての名がネット上で拡散し始めた勢いを逃したくない“真涼”。
“姫香”に対する特別な感情に戸惑いつつも彼女の意思を尊重したいと対立する“鋭太”。
互いを分かり合っているが故に譲れないところが面倒くさいなこの二人、と感じさせます。

そんな“姫香”からも好意を寄せられている“鋭太”がハーレムを築こうとしている、と
いうのは周知の事実であり、いよいよ敵が増えていく彼は派手なやっかみも受ける破目に。
理解されない考え方が生んだ結果に決意を新たにする彼。吐いた言葉に重みを感じます。

“真涼”の計画が次々進む中で“姫香”が初めて示した困惑、そして「ハーレム」の定義。
その想いを受け入れた“鋭太”が負ったケガを見て思わず問い詰める“カオル”がついに
牙をむいた! 「二律背反の物語」の解放と“姫香”の切ったカードの行方が楽しみです。

posted by 秋野ソラ at 00:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2016年11月30日

『BabelII -剣の王と崩れゆく言葉-』

古宮九時 先生が贈る、言語と人間を描くファンタジー。第2巻は魔法大国ファルサスに
辿り着いた“雫”が思わぬ仕打ちを受け“エリク”とも距離を置かれる局面を迎えます。
(イラスト/森沢晴行 先生)

http://dengekibunko.jp/newreleases/978-4-04-892497-9/


王族に伝わる口伝「世界外から来たものを、排除しろ」。国王“ラルス”は頑なに信じて
正体を表せと“雫”にあれこれ肉体的、精神的負荷をかける一方、王妹“レウティシア”
は彼女に同情の念を寄せ、多少は融通を利かせてくれる。わずかに救いのある展開です。

“エリク”もいたファルサスで日々を過ごすうちに彼の過去や禁呪の話を耳にする“雫”。
彼女があれこれ思索している中で、動く死体の騒動が国を揺るがす事態へと発展。そして
彼の過去が襲いかかる結果に。それでも毅然とした対応を見せる彼らにすごさを感じます。

ただ、数々の騒動を描く過程すら霞むような子供の流行り病、言語障害が出るという症状
の真相に至るラスト数十ページの“雫”と“エリク”のやり取り。あまりの認識の違いに
驚かされつつ、このままうやむやにするのは惜しいので続きが出てほしいと願う次第です。

posted by 秋野ソラ at 00:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2016年11月29日

『29とJK2 〜大人はモテてもヒマがない〜』

裕時悠示 先生が贈る禁断の年の差ラブコメ。第2巻は顧客情報漏洩疑惑の内部調査を目的
として新センター長が八王子に赴任する所から“鋭二”の新たな苦難の戦いが幕を開けます。
(イラスト:Yan-Yam 先生)

http://www.sbcr.jp/products/4797388336.html


中途半端な才能を嫌う社長の厳命で今度は“花恋”の一次選考通過を早期に実現する必要
が求められる“鋭二”。かと思えば新しい上司の“百目鬼”には顧客情報漏洩の濡れ衣を
着せられて崖っぷちに立たされるし、で憤慨を禁じ得ない。この会社、内憂を抱えすぎ。

現場も外野の人間に荒らされ、あげく“綾”からはセクハラの報告が挙がり、“花恋”も
投稿作品に酷評をつけられ気落ちする一方。打つ手なし、かと思える状況を耐え忍んで
時に自分で、時に仲間の力を借りて巻き返していく“鋭二”の姿に熱いものを感じました。

作家になれなかった夢を“花恋”に託す“鋭二”が彼女に「呪い」を示す場面で、逆に
自身の胸の内へ置き去りにしてきた気持ちに気づかされた後の選択肢が潔い。挿絵も完璧。
新たな呪いとしての「29とJK」、爽快な読了感を450ページ超の一気読みで堪能しました。

posted by 秋野ソラ at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2016年11月28日

『ソードアート・オンライン オルタナティブ クローバーズ・リグレット』

『パラサイトムーン』などで知られる 渡瀬草一郎 先生が「SAO」のスピンオフ作品を担当。
SAO事件中に開始した和風VRMMOを舞台に、謎解きクエストへ挑む少女2人の物語を描きます。
(イラスト/ぎん太 先生 原案・監修/川原礫 先生)

http://dengekibunko.jp/newreleases/978-4-04-892487-0/


《アスカ・エンパイア》のイベント「百八の怪異」、その内の1つを1週間以内にクリア
してほしい、とゲーム内で探偵業を営む“クレーヴェル”に依頼する初心者の“ヤナギ”。
彼に付き添った“コヨミ”と“ナユタ”、2人の少女も手を貸すことになるのだが──。

別作品のスピンオフではありますが久々に 渡瀬 先生のテキストを読ませていただきました。
「SAO」としても全く違和感がなく、和風ファンタジーとしても楽しめる作品でアッという
間に読了しました。ぎん太 先生の描く“ナユタ”がまた印象深いビジュアルでやられます。

“ヤナギ”の孫が作ったクエストに込められた想い。それを感じ取った“ナユタ”に訪れる
心境の変化、クエストが繋ぐ“クレーヴェル”との思わぬ縁。どこか人情味あふれるのは
和風ならではの世界観ゆえか。マイペースで芯が強い彼女の魅力にぜひ触れてみてください。

posted by 秋野ソラ at 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル